柚子の効果・効能は風邪に効く。レンジで簡単、柚子ジャム作りがおすすめです。

おいしく食べたい料理・食品知識





柚子,効果,効能,風邪,簡単,ジャム

 

寒い季節になってくるとスーパーなどでは柚子が出回るようになります。

そして冬至には風邪を引かないようにする為に、柚子を入れたお風呂に入ります。

この事から、柚子は風邪を予防する効果があると分かります。

しかし、どのような栄養があるのか、その栄養にはどのような効果があるのかなど詳しい事を知っている人は少ないと思います。

そこで柚子の効果や効能についてまとめました。

柚子は風邪予防以外にも得られる効果があるので、知っておくと良いと思います。

さらに柚子の栄養や効果を効率よく得る為に簡単に作れるジャムについてもまとめました。

ジャムにすると気軽に柚子を摂取する事ができるので、簡単に風邪を予防する事ができます。

風邪の予防をしたいと考えている人は参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

疲れを癒すクエン酸が豊富!

柚子には栄養が詰まっていると言われています。

その為、冬至に風邪の予防として柚子を入れたお風呂に入る文化があります。

驚く事に柚子に詰まっている栄養は実だけではなく、皮や種にも含まれています。

その為どこの部分にも栄養が詰まっているので、柚子は栄養の塊となっています。

まず柚子の実にはクエン酸が豊富に含まれています。

柚子に含まれているクエン酸の量は、レモンの2倍です。

クエン酸は、疲労の原因と言われている乳酸を分解する効果があります。

その為、疲れた身体を癒してくれます。

最近、疲れが取れないと悩んでいる人は柚子の実からクエン酸を摂取してみましょう。

疲れが改善されるかもしれません。

さらにクエン酸は疲れを癒すだけでなく、筋肉痛や肩こりにも効果があると言われています。

疲れや筋肉痛、肩こりを癒したいという人はレモンよりも柚子がおすすめです。

 

柚子に含まれるビタミンCで得られる効果

皮にはビタミンCが豊富に含まれています。

柚子に含まれるビタミンCの量はレモンの3倍です。

ビタミンCは免疫力を上げてくれる効果があります。

その為ビタミンCを摂る事で、風邪予防をする事ができます。

さらにビタミンCには免疫力上げるだけでなく、抗酸化作用があります。

身体は酸性に傾いてしまう事で、不調を感じます。

抗酸化作用は、不調の原因となる酸性を改善してくれる効果があります。

そして不調は身体だけでなく、肌に表れる場合もあります。

抗酸化作用は肌に表れた不調も改善してくれるので、美肌効果もあります。

ちなみに柚子をお風呂に入れる事で、皮からビタミンCが溶けだしてきます。

ビタミンCが溶けだしてくる事で、肌に直接ビタミンCの栄養を与える事ができます。

柚子を使って、身体の中と外からビタミンCの効果を得てみましょう。

 

【スポンサーリンク】

簡単に作れる!柚子のジャム

風邪予防や美肌効果のある柚子を使用したジャムの作り方はとても簡単です。

是非、作ってみてください。

 

用意する材料は柚子、砂糖、耐熱容器、ラップのみです。

まず柚子を洗ってから半分に切って、種を取り除きます。

種を取り除いた柚子を細かく切ります。

切った柚子を耐熱容器に入れ、上から砂糖をかけます。

あとはラップをかけて電子レンジで加熱します。

そして様子を見ながら混ぜましょう。

加熱と混ぜる動作を2回ほど行えば完成です。

 

お鍋で作るジャムも同様の効果を得る事ができるので、お好みの作り方でジャムを作ってみてください。

完成したジャムは煮沸消毒した瓶で保管しましょう。

そして冷蔵庫に入れて保管をし、早めに食べきるようにしましょう。

ジャムは皮や実、果汁、種の全てを使用して作ります。

その為、柚子の栄養を全て摂取する事が可能です。

ジャムはパンに塗って食べたり、ヨーグルトに添える事で美味しく食べる事ができます。

毎日、無理なく食べる事ができるので継続して効果を得る事ができます。

美味しく食べて、風邪予防や美肌効果を感じてみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。