黄砂の時期はいつまで続く?中国からやってくるPM2.5の被害への対応は?

意外と知らない生活知識





黄砂,時期,いつまで,PM2.5,被害,対応

 

毎日、私が欠かさずチェックしているものがあります。

それは・・・ PM2.5 の値です。

小さな子どもを育てていることもあるでしょうが、毎朝のお天気と併せてPM2.5の値も必ずチャックします。

さて、PM2.5も含め、大気汚染のひとつである黄砂について今日はお話していこうと思います。

車のボディもガラスも黄砂をかぶっていた経験はみなさんも一度はあると思います。

黄砂の強い日にはお洗濯も外干しでなく部屋干しに変えるなど、黄砂の被害を防ぐ対策をしますよね。

その他にも、黄砂から身を守るすべとして、マスクを着けることもあります。

この黄砂ですが、中国から飛んでくるやっかいな黄色い砂だということは多くの人がご存知でしょう。

ニュースでは、中国に大気汚染の深刻化もよく取り上げられていますね・・・。

しかし、黄砂がなぜ日本に飛んでくる?飛んでくる時期はいつ?いつまでが黄砂の時期?黄砂の被害を防ぐ対策はどんなものがあるの? ・・・などなど、黄砂についての疑問もあります。

そんな謎多いやっかいな『黄砂』について、早速お話していきましょう!

 

【スポンサーリンク】

そもそも、黄砂ってなに?

黄砂は中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠や黄土高原など、乾燥・半乾燥地域で、風によって数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌・鉱物粒子が偏西風に乗って日本に飛来し、大気中に浮遊あるいは降下する現象です。

風によって大気中に舞い上げられた黄砂は、発生源地域周辺の農業生産や生活環境にしばしば重大な被害を与えるばかりでなく、大気中に浮遊し、黄砂粒子を核とした雲の発生・降水過程を通して地球全体の気候に影響を及ぼしています。

また、海洋へも降下して、海洋表層のプランクトンへのミネラル分の供給を通して海洋の生態系にも大きな影響を与えていると考えられていますが、その量についてはまだ明確にはなっていません。

黄砂現象は従来、自然現象であると理解されてきましたが、近年ではその頻度と被害が甚大化しており、急速に広がりつつある過放牧や農地転換による土地の劣化等との関連性も指摘されています。

そのため、黄砂は単なる自然現象から、森林減少、土地の劣化、砂漠化といった人為的影響による側面も持った環境問題として深刻な問題であるのです。

 

黄砂による日本への影響

春先に、景色が黄色っぽくぼんやり見えることがあります。「黄砂(こうさ)」と呼ばれる大気現象です。

先ほどもお話したように、黄砂は中国北西部-黄河流域のゴビ砂漠や黄土高原、タクラマカン砂漠などの地域から運ばれます。これらの砂漠の広さは日本の約4倍。この一帯にある直径5~50ミクロンのちりのような砂が、黄砂の正体とされています。

この細かい砂は、冬の間にカラカラに乾きます。乾いた砂は、春になると、中国北西部に多く発生する低気圧の上昇気流によって数千メートルの空高くまで巻き上げられます。偏西風という西から東への強い風によって、黄砂は風に乗って東シナ海を超えて、約4000キロの距離を渡って日本へ飛来します。

この黄色い砂は乾燥していると、風によって巻上がり、視界を遮ります。

黄砂の影響は発生源からの距離によって被害の内容や程度が異なります。

日本では建物や車、洗濯物などに黄砂が付着し、汚れることや、視界が悪くなることにより航空機が欠航すること、黄砂の影響でアレルギー反応が過敏になることがある(黄砂自体にアレルギー反応が起こるわけではないようです。)など、いろいろな影響があります。

中国では更に深刻な被害をもたらしています。中国で黄砂は『砂塵暴(さじんぼう)』と呼ばれ、台風並みの砂あらしとなって街を襲います。

(テレビなどで見かける中国の空はいつもグレーがかったどんよりした空ですよね…。見ているだけで咳き込んでしまいそうになります…。(*ε*)ゴホゴホ )

環境の中での黄砂の影響はまだはっきりとはまだわかっていませんが、空中を飛ぶ黄砂に酸性雨の原因になる車の排ガスや、火山ガスなど汚染物質が付着し運ぶ可能性や、一方で炭酸カルシウムを含み、酸性を和らげるアルカリ性であり、環境破壊の一因となる酸性雨を中和する効果も示唆されています。

また、海洋にも降下してミネラルを供給することで生態系にも影響を与えていると考えられています。

 

【スポンサーリンク】

日本における黄砂の時期はいつ?いつまで続く?

中国からモンゴルまで、大きく広がる砂漠からやってくる黄砂。

飛ぶ時期は、3月~4月頃がピークで、終わるのは、だいたい5月頃。

早いところでは、1月下旬頃から飛ぶこともあるそうです。

黄砂の被害&対策

健康への被害

  • 花粉症やアレルギーを悪化させるリスクがある
  • ぜんそく・肺の病気を引き起こすリスクがある
  • 脳梗塞を起こすリスクがある

 

春の時期、ただでさえ辛い花粉症。

この花粉症の症状をさらに重くする犯人として「黄砂」の存在が取り上げられることも多くなってきています。

花粉と黄砂を一緒に吸い込むと、花粉の飛散量が少なくても、症状が重くなったり、今まで花粉症じゃなかった人が突然発症することがあるのです。

また、血管に入った黄砂による炎症反応で、内壁の塊がはがれて脳の血管が詰まり、脳梗塞を起こすリスクがあると言われている他、黄砂そのものがアレルギーの原因ではないが、黄砂に含まれている微生物などが原因でアレルギーが悪化するリスクもあると言われているのです。

 

健康への対策

  • 普通のマスクではなく、超微粒子の侵入を防げるマスクを着用する!
  • メガネを装着する!
  • 黄砂の多い日は外に洗濯物を出さない!
  • 黄砂の多い時期はできるだけ外出を控える!

黄砂対策をしっかりして、体を守ってあげましょう。

黄砂,時期,いつまで,被害,対応

 

その他注意することとは?

その他にも、黄砂の多い日には洗濯物は外干しをしないほうがいいでしょう。

最悪の場合は洗い直しをしたほうがいいこともあるそうなので、黄砂の値を確認し、高いようであれば部屋干しに!

また、黄砂の飛散は、多い時は目視でも確認できるレベルになります。

具体的には、空気が薄黄色になったり、車のフロントガラス、家の窓ガラスが曇ったりといったことでわかります。

万が一、洗濯物の洗い直しをしなくてはいけなくなった際には、特に 「すすぎ」 をしっかり行いましょう。

衣類の目に入ってしまった細かな粒子を流すためです。

現代人にアレルギー体質の人が増えた原因は、大気汚染によるアレルギー物質の吸引が増えたためだと言われています。

特に小さなお子さんがいる家庭では、これからの時期は注意が必要です。

とはいえ、毎日の洗濯物をずっと部屋干しにするというのは意外とストレスにもなります。

そこで、天気予報の黄砂・花粉情報などを参考にし、お天気を上手に見極めて、対処できるといいですね(^^)

 

黄砂についてのまとめ

このやっかいな黄砂。

黄砂の調査や研究はまだ始まったばかりで、環境省も日本国内の観測所で飛来ルートの分析などに乗り出しています。

直接的な被害状況などは比較的明らかになってきていますが、地球温暖化や酸性雨との関係など地球環境における黄砂のかかわりについては未解明の部分が多く残されています。

また、黄砂は国境をこえた環境問題であることから日本だけでなくアジアの4カ国に加え国際機関による黄砂対策プロジェクトもすすめられています。

こうした取り組みに期待し、環境汚染にSTOPをかけたいですね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。