ワールドゲームズって何?次世代のオリンピック種目はここで注目!





ワールドゲームズ,何,オリンピック,種目

 

2020年東京オリンピックで新しい種目が5つ採用されました。

野球、空手、サーフィン、スポーツクライミング、スケートボードです。

スポーツクライミングやスケートボードもスポーツなの!?と驚かれた方も多かったのでは?

このような種目はスポーツ単体で世界大会を行っていますがそれほど知名度が高いわけではありません。

しかし、マイナー競技においても知名度を上げようと協力して世界大会を行っているのです。

みなさんはワールドゲームズと言う名前をご存知ですか?

オリンピックで採用されていない種目が一堂に会して行われる世界大会のことで、第2のオリンピックとも言われています。

次世代のオリンピック種目として虎視眈々と裾野を広げている競技もあるようです。

今回はワールドゲームズにいてまとめてみました。

 

【スポンサーリンク】

ワールドゲームズってなに?

ワールドゲームズはオリンピックで採用されていない種目のアスリートが集い、世界一を決める国際スポーツ競技大会です。

4年に1度、オリンピックの翌年に開催されています。

第1回は1981年にアメリカのサンタクララという町で15種目の競技が行われました。

オリンピックと異なるのは、国ごとに代表選手を選ぶのではなく、種目ごとに最高峰の選手を選出します。

よって、国別対抗という意識はオリンピックより薄れます。

大会期間中は公式協議と公開競技が行われ、様々なスポーツを観客は楽しむことができます。

過去9回行われており、2017年は第10回を数えます。

期間は7月20日~30日でポーランドのヴロツワフ市で行われ、今回は31の種目で行われることになっています。

 

公式競技として

・エアースポーツ  ・アーチェリー(フィールド)  ・ビリヤード  ・ブールスポーツ

・ボウリング  ・カヌー(カヌーポロ)  ・ダンススポーツ  ・フィストボール

・フロアーボール  ・フライングディスク

・体操(アクロ体操、エアロビック、新体操、トランポリン、タンブリング)

・ハンドボール(ビーチハンドボール)  ・柔術  ・空手道  ・コーフボール

・ラクロス  ・ライフセービング  ・ムエタイ  ・オリエンテーリング

・パワーリフティング

・ローラースポーツ(アーティスティック、インラインホッケー、スピード)

・スポーツクライミング  ・スカッシュ  ・相撲  ・綱引

・水中スポーツ(フィンスイミング)  ・水上スキー  ・ウエイクボード

 

公開競技として

・アメリカンフットボール  ・インドアローイング

・キックボクシング  ・スピードウエイ

 

上記の種目が行われます。綱引きやビリヤードなどもワールドスポーツとして実施されていることには驚きました。

また、名前だけだとよくわからない種目があるのも面白いですね。

【スポンサーリンク】

 

ワールドゲームズに登録できるスポーツの条件とは

  •  国際スポーツ団体総連合(Sports Accord)と国際ワールドゲームズ協会(IWGA)加盟の競技の中で、オリンピック競技に採用されていない競技種目
  • 世界の4大陸・40カ国以上に協会が存在する競技種目
  • 世界選手権などが3回以上開催されている競技種目

 

上記の条件をクリアした上で競技種目が決められていきます。

2020年の東京オリンピックで採用された各種目は、ワールドゲームズから昇格した種目がほとんどです。

2020年以降もワールドゲームズから新しいスポーツが採用される可能性が高いと言えますね。

過去のワールドゲームズから昇格したスポーツ種目を調べたところ、バドミントン、トランポリン、テコンドー、トライアスロン、7人制ラグビーなどがあり、今では、当たり前にオリンピック種目として定着しつつある種目やリオオリンピックから採用された種目もありますね。

東京オリンピック以降の代表選手をねらう近道はワールドゲームズの種目の中から見つけることかもしれませんよ。

スポーツの祭典のひとつとしてだけではなく、ワールドゲームズの発展のため、競技大会とは別にコンサートや展示会などを開くことを義務としていて、世界共通の文化的なイベントに成長させていこうとも目的の一つとなっています。

ワールドゲームズについてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

すでにオリンピックで採用されているスポーツの他にもたくさんのスポーツがあることがわかったと思います。

実際に、レスリングがオリンピック種目から外れそうなニュースもありましたし、既存のオリンピック種目もうかうかしてられませんね。

今後、スポーツの魅力を世界中に広げようと貪欲に取り組んでいくことで、50年後のオリンピック種目とワールドゲームズの種目が入れ替わっていたなんてこともあるかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。