ホッカイロが温かくなる仕組みを知っていますか?ホッカイロは貼る場所で効果も変わります。





ホッカイロ,温度,上がる原理,効果

 

寒くなると、コンビニやドラッグストアなどでホッカイロが売り出されますよね。

それを見ると、「冬が来た!」と感じる人も多いのではないでしょうか(^^)

女性の中には冷え防止で1年中ホッカイロを使っているという人もいますよね。

そんな手軽に体を温めてくれるホッカイロ。

とっても便利ですし、お値段もリーズナブルなので、毎日使い捨てすることができるのもカイロの魅力のひとつだと思います。

今のカイロは靴用のカイロなんてものも発売されていたりと、その可能性と便利さはふと昔前より格段にアップしています。

しかし、ホッカイロってどうやって温かくなるのかって考えたことはありますか?

ホッカイロってなんで温かくなるんだ?その仕組みとは…なんなんだ?!

袋から出してポケットに入れておけば、しばらくするとポカポカになるホッカイロ。

温かくなる仕組みを考えずまま今日までホッカイロを使っていた私。

そこで、ホッカイロが温まる仕組みについて調べてみました!

それを今日はみなさんにお話しようと思います(^^)

【スポンサーリンク】

ホッカイロが温まる仕組みは化学反応?!

鉄を濡れたまま放置しておくとサビが出るのは日常よく目にすることですが、これは鉄の酸化、つまり鉄が空気中の酸素と反応して酸化鉄(水酸化第二鉄)になる化学反応なのです。

化学反応が起こるときに出る熱を有効利用したものが使い捨てホッカイロなのです!

日常の生活の中でも、鉄がさびる時には熱を出しているのですが、普通はゆっくりと反応が進むので熱として感じることはありません。

つまり、ホッカイロの布のような肌触りの内袋の中には、鉄の粉がたくさん入っているのです。

外袋は空気を通さないけれど、内袋には針で開けるよりも小さな穴がいっぱい開いていて、外袋を破ってカイロを出すと空気が急に内袋の中に入って、空気と化学反応して鉄が酸化し熱を発生させることでカイロが温まるというわけなんですね。

また、ホッカイロは活性炭という炭や塩水を含んだ木の粉を鉄に混ぜて、さびるスピードを速くすることで、カイロが温まるスピードを速くするという工夫をしてあるそうです。

 

ホッカイロを効果的に貼って体を温めよう!

ホッカイロの使い方はひとそれぞれです。

背中や腰に直接貼る、あるいはポケットに入れてポカポカする人などなど。

しかし、せっかく貼るのですから、効果的にカラダが温める箇所にカイロを貼って体全体を温めたいですよね。

「体が冷えている」と脳が感じると、内蔵を温めるために脳は内臓に血液を送る指令を出します。

要は、内蔵が温まった時点ではじめて、手足も温まるといえますが、逆に内蔵に血液が送られることで、ますます手足が冷えるという逆効果が生じることだってあるのです。

冷たいものは下に、温かいものは上に上ろうとするからです。

これと同じく、しっかり温まった内蔵から血液が送られ、その血液が体全体に循環することで、指先や足先が温かくなるのです。

【スポンサーリンク】

 

ホッカイロを貼るのにおススメな箇所とは

首を曲げた時に出っ張る部分から指2本下の左右4cmくらいの位置

動脈が温まり、自律神経を整える効果も期待でき、寒さで固くなった筋肉をほぐすことで、肩こり、首こりを解消するとも言われています。

また、ひき始めの風邪にも効果的とのことなので、風邪気味の方は是非ここに!

 

おへそから、指3本分下の位置

体内を駆け巡る “気” が集まっていて、ここを温めることで、全身のエネルギー代謝がよくなり、体を温める効果があると言われています。

実際にカイロを貼ってしばらくすると、お腹から全身にジワジワと温かい血液が伝わっていくのが感じられますよ(^^)

 

おしりの割れ目の少し上で、触ると骨がすこし突き出ている位置

腰の血行を促して、全身の冷えを解消してくれます。

※カイロは肌に直接貼ると低温やけどの原因になる場合があります。使い方をよく確認してから使ってくださいね。

 

 

いかがでしたか?

便利なホッカイロを使って、寒い冬を乗り切りましょう♪♪

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。