トイレ掃除は重曹を使ったやり方で尿石、水垢を徹底除去!

意外と知らない生活知識





トイレ掃除,重曹,やり方,尿石,水垢

 

お天気がよい日が続くと、主婦の皆さまの「お掃除スイッチ」がONになるのではないでしょうか。

寒い時期には見て見ぬふりをしていたコッチの汚れやアッチの汚れ。

それらをキレイにするために腕まくりをしている方は多いはず!

特にトイレは毎日の生活の中でも利用する頻度が高いので、ここをキレイにしたいと思っている方も多いはず!

そこで、今日は掃除の中でも『トイレ掃除のやり方について』お話いたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

トイレ掃除に役立つ重曹の使い方とは

トイレ掃除の中での悩みのたねといえば、便器についた尿石水垢などではないでしょうか。

洗剤を使いゴシゴシとブラッシングしてもなかなか落ちないのがこの2つの汚れ…。

しかも、洗剤もいろいろな種類が売られているので、なにを使ったらよいか悩みますよね。

まずは、便器について尿石と水垢をキレイにする方法をお教えしたいと思います。

使うものは「重曹」です。

この重曹はお掃除をする上で台所回りなど、あらゆるところで威力を発してくれる便利アイテムなのですが、トイレ掃除にも使えるんですね~。

そして、この重曹は環境にも人にも優しいという点も魅力のひとつ。

トイレ用洗剤のなかには、強力なものがあり、人体に刺激が強いもがあり、手荒れの原因にもなってしまうことがあるので、ゴム手袋をつけてトイレ掃除をしている方もいるのではないでしょうか。

しかし、重曹は先にも申し上げた通り、環境にも人にも優しいので、ゴム手袋の出番はありません。

では、どのようにこの重曹を使うのかというと、クエン酸と一緒に使うんです!

この重曹+クエン酸でエコ洗剤を作り、尿石や水垢を掃除します。

 

重曹とクエン酸の使い方とは

先にも述べたように重曹とクエン酸を使った掃除の仕方をご紹介します。

  1. 便器の内側に適量の重曹をふりかけます。
  2. 便器の水が溜まっている部分にクエン酸を流し込みます。
  3. クエン酸の混ざった水をトイレブラシで重曹になじませます。
  4. すると、勢いよく泡が発生します。モクモク♪ボコボコ♪
    ※泡が流れおちてしまいやすい時にはトイレットペーパーで湿布をすると、長時間泡がとどまってくれるので効果的ですよ。
  5. しばらく放置したら、あとは水を流してキレイ・スッキリ!!
    重曹ペーストを作り、汚れがつよい部分にはしっかりとこの重曹ペーストを塗ると頑固な汚れも落ちやすいですよ。

【重曹ペーストの作り方】

  1.  重曹に適量の酢を混ぜてペースト状にします。
  2. トイレブラシや、隙間などの部分には使えなくなった歯ブラシ(パイナップルのようになった歯ブラシでOK)で塗ります。

 

【スポンサーリンク】

急な来客への対応方法とは

つぎに、知っておくと使えるマル秘テクをお教えしますね。

みなさんはこんな経験はありませんか?

それは、「急な来客でトイレ掃除が間に合わなかったとき」です。

日頃からきれいに掃除が出来ていればいいのですが毎日キレイにするのは難しいですよね。

しかも、「さっき使ったばっかりなのに…」と匂いが気になった経験がある方もおられるのでは。

そんな時に使える応急処置をお教えしましょう!

昔から、トイレの匂い消しとして、トイレの中でマッチを擦ることが有名ですが、これが本当に効果的なんです!!

しかし、昨今なかなかマッチを使う機会がなく、家にマッチがあることがまれですよね。

でも、いざというときのためにマッチを用意しておくことをおススメします。

 

その他の対応方法も

では、マッチがない時にできる消臭方法をお教えしますね。

それは、便器にお湯を流すことです。

しかし、便器は陶器でできているので、煮えたぎったお湯を流し込むことはやめてくださいね。

適度なお湯加減なものを入れてください。

また、一般的な消臭スプレーをまき散らすことで匂いをごまかすことはできますが、あれらの香りって「THEトイレの芳香剤!」って感じがしませんか。

そんな時には、酢を薄めたスプレーをシュッシュとすることで消臭効果がありますよ。

トイレはただ用を足しに行くだけのスペースではありません。

皆さんの中にはトイレで新聞を読んだり、本を読んだり、ボーッと考え事をしたりと、リラックスする場としてトイレとお付き合いしている方もおられると思います。

そんな毎日の生活にかかせないトイレをキレイにすることは、とても大切なことですよね。

是非、今日ご紹介したトイレ掃除のやり方で、トイレをキレイにしてみてはいかがでしょうか☆

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。