ウクレレ初心者のための練習曲におすすめな楽譜とは?

意外と知らない生活知識





ウクレレ,初心者,練習,方法

 

ハワイ生まれの伝統楽器で有名なウクレレ。

小さくて軽いので弦が押えやすく初心者でもとても弾きやすい楽器です。

音色もやさしく、場所を問わず好きなときに好きな場所で気軽に演奏できるのも魅力がありますよね。

ウクレレはコードを覚えれば、どんどん色々な曲が弾けるようになりますよ。

コードは200以上ありますが、初心者でも4つのコードを覚えれば、すぐに曲を弾けるようになります。

まずは、楽しくウクレレに慣れるように練習法をご紹介いたします。

練習法といっても、ウクレレを好きであることが一番なので肩の力を抜いて慣れ親しんでみましょう♪

 

【スポンサーリンク】

♪どんなウクレレを選べば良い??♪

一口にウクレレといっても4種類あります。

楽器屋さんで実際に持ってみたり触ったりして購入するのが一番ですが、初心者の方には小さいタイプのソプラノという種類の形がオススメです。

相場はだいたい¥10,000〜です。

あまり安いものを購入すると、傷がつきやすかったり弦が切れやすかったりなどメンテナンス費用がかかり安物買いの銭失いになりかねないので、じっくり検討をしましょう。

♪持ち方や構え方は??♪

基本的な持ち方・構え方は、右手の肘の内側をウクレレの胴に当ててしっかり支えて、ネックの裏側を左手の親指でしっかり支えます。

この姿勢で、人差し指を自然に上下して弾くように慣れて見てください。

 

♪コードを覚えよう!!♪

コードとは和音のことです。

ウクレレは弦が4つしかないので、ある程度マスターすれば色々な曲が弾けるようになります。

難しくないですよ♪

まずは、音階ドレミファソまで慣れてみましょう。

この画像のように弦を押さえる位置が載っているものがたくさんインターネット上にあります。

まずは、楽しく弾いてみましょう!

 

【スポンサーリンク】

♪コード進行を覚えよう!!♪

ある程度慣れてきたらコード進行を覚えましょう。

「C」「F」「G7」の3つのコード(つまり3和音)から始めましょう。

「C」は「ドゾドミ」「F」は「ファラドファ」「G7」は「ソソシファ」です。

音の低い方から順に押さえていきます。

まずはこの3つのコード進行を覚えまましょう。

♪オススメの練習曲は??♪

3つのコードを覚えたら、手探りながらも知っている童謡を演奏してみましょう。

もちろん以下の画像B画像Cのように弦を押さえる位置が載っているものを参考にしても◎!

  

画像B                 画像C

 

楽しく演奏が出来たら自信にもなりますし、モチベーションが上がりますね!

オススメの練習曲は「ちょうちょ」「メリーさんの羊」「かえるのうた」「きらきら星」です。

童謡ばかりだ!と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本を覚えることで次のステップアップに繋がりますよ。

 

■まずは楽しく!!慣れ親しむこと!!■

楽器を演奏することが好きな私から1つアドバイスするならば、ウクレレに限らず、最初から上手に楽器を弾ける方は中々いません。

好きであり、楽しむことが一番の上達する方法なのです。

楽しみながら練習をする、これが一番の近道ですよ♪

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。