水泳はダイエット効果抜群!4つの泳法を習得して全身ダイエットを!





水泳,ダイエット,効果,泳法

 

「よしっ!明日からダイエットするぞぉ!」と決意を固めたのに、自分に言い訳をしながらダイエット開始日をずらしてきた私。笑

そんな私が常に情報のアンテナを立てているのは「ダイエット情報」です。

いつか自分のピッタリのダイエット法と出会えるのではないか と運命の出会いを探している旅の途中なんです。笑

しかし、やはり効果のあるダイエットで結果を出そうとすると、そこには必ず努力と我慢が必要ですよね。

そして、ダイエットをするにあたって、痩せたい部分も人それぞれ。

腕を細くしたいという人もあれば、脚を細くしたい人、ウエスト回りを細くしたい人などなど。

雑誌などでも痩せたい部分別に効果のあるダイエット特集なども組まれたりしていますよね。

そんな人それぞれのダイエット願望を一気にまとめて叶えることができる全身ダイエット方法があったらどうでしょう。

「そんなうまい話はないない!」とお思いのアナタ!!

そんな夢のような全身ダイエットの方法が実はあるんです☆(^^)v

その全身ダイエットに効果的な方法とは・・・水泳なんです!!

水泳がダイエットに効果があるのはずいぶん前から言われてきましたが、あらためてダイエットに水泳がいかに効果的であるかが今見直されているんです。

また、泳法によっても消費カロリーが異なり、その日の体調などやダイエットの進捗状況に合わせて泳法を変えることもできます。

加えて、水泳は手足の全身を使って泳ぐことと、有酸素運動でもありますので、全身ダイエットに効果抜群ということになるんですね☆(^^)v

では、今回は『全身ダイエットに効果的な水泳ダイエットについて』お話していきます☆

【スポンサーリンク】

ダイエットに水泳は効果抜群!

 

 消費カロリーが高い! 

泳ぎ方によっても若干違いがありますが、水泳は地上で運動をする時と比べて消費するカロリーが段違いに高いです。

例えば、ウォーキングと水泳を同じ時間だけ行った場合を比較してみると…消費するカロリー量は水泳の方が4倍以上〜も消費する計算になります。

しっかりクロールで泳げば消費カロリーはかなり高いです。

ゆっくりのんびり平泳ぎで泳いだとしてもウォーキングで使うカロリー量を上回ります。

 

 ケガのリスクが少ない! 

地上で行う運動は、無理して行うと関節を痛めたり 身体への負担がかかりすぎてしまってケガの原因となります。

しかし、その点では水泳は水の浮力によって身体に無理がかからないように自然にコントロールされているため、こういったケガのリスクが格段に低くする事が可能になります。

ですので、普段、運動をしてない人こそ水泳での運動を行う事から始めるといいですよ。

 

 脂肪を燃焼しやすい体質になる! 

ダイエットと運動の話題になる時に、必ず出てくるキーワードがインナーマッスル。

いわゆる体幹の事で、表面的な筋肉だけを鍛える事にあまり意味はなく、身体の芯の筋肉を鍛える事で脂肪を燃焼しやすく、また身体の軸も整うのでより健康的になります。

インナーマッスルは鍛えるのにコツが必要で、地上で行うには専門のインストラクターや本等で勉強する必要がありますが…水泳であればそういった心配もご無用!

水の抵抗をかき分けて泳ぐ行為は、表面的な筋肉の動きだけでは不可能で(水中ウォーキングも同様)、自然にインナーマッスルを使う事で、さほど知識がなくても鍛える事が可能なんです。

 

 ストレスを感じにくい! 

ランニングやウォーキングは日々行う事でのストレスを感じやすい運動方法。(※完全に習慣になっていて、走ることが大好きで快感、やみつきになっている人は別です。)

水泳はそういったストレスを感じにくい運動方法でもあります。

水のゆらめき、水の音、適度な浮力感などストレスを感じさせにくい環境の中で運動を行う事が可能なんです。

つまり、リラックスしながら運動を続けられる事は、結果として挫折する事なく続けやすい方法とも言えますよね。

 

 「血液の巡り」が良くなる! 

水の水圧によって、血管の流れ(=血の巡り)が良くなるそうです。

体内の巡りが良くなる事で、冷え性改善や「むくみ」由来による脚太りも解消されていきます。

では次に、どの泳法がどの部分に効果があるのかを詳しくご紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

泳ぎ方別 消費カロリーの違い

 

クロール

25メートルプールをだいたい30秒ぐらいのペースで泳ぐとだいたい1分で約46メートル泳ぐことになります。

このペースだと無理のないゆったりしているので有酸素運動に適しているといえます。

またこのペースで1時間泳いだ場合の消費カロリーは約520kcl~780kcl(※体重などによって消費カロリーは異なります。以下も同じく。)となります。

これは、ごはん約3膳、てりやきバーガー1.5個分、イチゴショートケーキ1.4個分程になります。

 

平泳ぎ

平泳ぎの場合、運動量は普通のクロールの約65%程度になるようでやや消費カロリーが少なくなります。

しかし平泳ぎの場合、運動強度を上げ競技並みに泳いだ場合は、この消費カロリーを2倍したカロリーになるようです。

クロール同様、25メートルプールをだいたい30秒ぐらいのペースで泳いだ場合の消費カロリーは約200kcl~350kclです。

 

背泳ぎ

背泳ぎの場合、運動量は普通のクロールの約60%程度になるようで、平泳ぎと同様にやや消費カロリー少なくなります。

1時間泳いだ消費カロリーは約200kcl~300kclです。

また、背泳ぎの場合も運動強度を上げ競技並みに泳いだ場合は、この消費カロリーを2倍したカロリーになるようです。

そして、背泳ぎにはもうひとつ嬉しい秘密があるのです☆(^^)☆

それは、4つの泳法の中で一番女性らしい体型になることができるのが背泳ぎであるといわれているのです♪♪

ダイエットをお考えの女性のみなさん、背泳ぎは必須マスター泳法です!!

 

バタフライ

バタフライを泳げる人は、その時点でかなり泳力のある人になると思います。

さらに1時間泳ぎ続けることができるのはアスリート並みの体力がある人ということになりますよね。

バタフライの運動量は、普通のクロールの約170%程度になるようで2倍弱の運動量になります。

つまり、4つの泳法の中でもっともハードな泳ぎ方ということになりますね。

1時間の消費カロリーは最大で約870kclになり、他の泳法に比べて群を抜いて高いですよね。

泳げない人でも大丈夫!水中ウォーキングも効果あり!!

先でお話した4つの泳法によるダイエットは、泳げることが大前提ですよね。

しかし、誰もが泳ぎが得意なわけではありません。中には泳ぐのが苦手な人もいます。

そんな泳ぎが苦手な人でも大丈夫!!水中ウォーキングという方法があります。

水泳は陸上でのウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動にあたります。

有酸素運動というのは、酸素が十分に取り入れられる状態で行なう運動を指します。脂肪燃焼には酸素が必要不可欠なのです。

また、水中ウォーキングでは、水の抵抗がある中を歩くわけなので、泳がなくても歩いているだけでもダイエット効果がかなり期待されます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

全身ダイエットに効果のある水泳ダイエット!

泳ぎの得意な方は4つの泳法を習得して効果的なダイエットをしてみてください。

泳ぎの苦手な方は水中ウォーキングから水泳ダイエットを初めてみてくださいね☆

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。