甘エビの卵の食べ方を知ってますか?捨てずに生かそう甘エビ卵の料理法とは。

おいしく食べたい料理・食品知識





甘エビ,卵,食べ方,捨てない,料理,方法

 

 

甘エビは柔らかくて甘みがあるので好きな人は多いかと思います。

その為、お寿司屋さんに行くと必ず食べる人も多いです。

そんな甘エビを丸ごと購入した場合には、卵が入っている事もあります。

甘エビの卵は、鮮やかな青い色をしています。

その為、見た目に驚いてしまい食べられないのでは?と思う人も多いかと思います。

そして食べられると分かっていても、食べ方が分からず捨ててしまっていた人もいるかと思います。

今までは捨ててしまっていた人も、これからは捨てないでください。

ビックリしてしまうような見た目の甘エビの卵は、食べ方を工夫する事で美味しく食べる事ができるからです。

料理方法が分からない人も多いと思うので、甘エビの美味しい料理方法についてまとめました。

捨てないで美味しく料理して、甘エビの卵を食べてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

甘エビの旬はいつ?

甘くて柔らかい甘エビは、お寿司の中でも人気のある種類の1つとなっています。

そんな甘エビは、国内では北海道で多く獲られています。

その量は国産の甘エビの7割と言われています。

グリーンランドやアイスランドで獲れた甘エビが冷凍された状態で輸入されているものも多いため、国産以外の甘エビもたくさん出回っています。

そんな甘エビの旬は、1〜2月となっています。

海水の温度が下がっている時期の甘エビは、甘みがより強くなり美味しくなります。

そして、甘エビの産卵は春から夏にかけて行われます。

その為、春から夏に販売されている甘エビには青い卵が入っている可能性があります。

甘エビが美味しい寒い時期だけでなく、卵が入っている春から夏もおすすめとなっています。

甘エビの卵を食べたい場合には、春から夏に購入してみましょう。

 

甘エビの栄養は豊富?

甘くて柔らかい甘エビにはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

栄養についても知っておきましょう。

まず甘エビには、ビタミンB1ビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB1は疲労回復の効果があります。

そしてビタミンB2には、細胞の新陳代謝を促進する効果があります。

疲れが溜まってしまっている人や肌を綺麗に保ちたいと思っている人が積極的に食べている事が多いです。

その他にもナイアシンや葉酸、カルシウムなど様々な栄養素が豊富に含まれています。

つまり甘エビは豊富な栄養素を持っている為、美味しく食べながら様々な栄養を摂る事ができるのです。

甘くて食べやすいですし、栄養素も豊富なので子供にもおすすめのものとなっています。

 

【スポンサーリンク】

生でも美味しい!卵の料理方法

栄養素が豊富な甘エビだからこそ、卵も美味しく食べたいものです。

甘エビの卵は鮮やかな青い色をしているので、最初は抵抗を感じるかもしれません。

そして若干、癖のある匂いがします。

もし匂いが特に気にならない場合には、甘エビと同じようにわさび醤油で食べるのもおすすめです。

しかし慣れていない場合には、卵の匂いが苦手と感じる人もいるかと思います。

苦手だと感じた場合におすすめなのが、サラダです。

好きな野菜を食べやすい大きさにカットしてサラダを作ります。

そこに甘エビと甘エビの卵、マヨネーズ、塩コショウを加えて軽く混ぜ合わせます。

これだけで完成です。

マヨネーズと甘エビが入る事で、マイルドな味に変わります。

その為、甘エビの匂いが気にならなくなります。

その他におすすめの食べ方は、わかめときゅうりの酢の物に乗せて食べる事です。

色鮮やかな卵なので見た目も華やかになります。

生で食べてみたい場合には、試してみてください。

 

生ものが苦手な人向け!火を通した卵の料理方法

匂いや生の魚卵が苦手だという場合には、甘エビの卵を生で食べるのは無理かもしれません。

その場合には、加熱調理を行う事で美味しく食べる事が可能です。

生で食べられない場合には加熱調理を行ってみましょう。

甘エビの卵を加熱調理する際におすすめなのが、煮付けです。

匂いも抑えられるので、苦手だと感じた人でも食べる事ができると思います。

その他におすすめの方法は、甘エビに卵をつけたまま唐揚げにする事です。

甘エビと一緒に食べる事で匂いなどが気にならなくなります。

そして、より美味しいと感じられるようになるのでおすすめとなっています。

甘エビの卵は見た目が青いので驚いてしまったり、匂いがするので苦手と感じるかもしれません。

しかし加熱調理を行う事で食べられるかもしれません。

是非、上手に料理を行って美味しく食べてみてください。

甘エビ,卵,食べ方,捨てない,料理,方法

 

甘エビの卵を美味しく食べる方法のまとめ

甘エビは柔らかくて甘みがある為、人気があります。

そんな甘エビの旬は1〜2月の寒い時期となっています。

そして産卵は春から夏にかけて行われるため、この時期に購入した場合には卵が入っている場合があります。

しかし甘エビの卵は鮮やかな青い色をしている為、食べられるのか不安に感じてしまう人もいると思います。

そんな色鮮やかな甘エビの卵は上手に料理を行う事で、美味しく食べる事ができます。

まず生で食べる場合です。

生で食べる場合には、甘エビのようにわさび醤油をつけて食べるのもおすすめです。

しかし癖のある匂いがする為、苦手と感じてしまう人もいます。

そのような場合には、好きな野菜と甘エビ、甘エビの卵、マヨネーズ、塩コショウを混ぜてサラダにするのがおすすめです。

甘エビやマヨネーズと一緒に食べる事で、匂いが気にならなくなると思います。

その他におすすめなのが、わかめときゅうりの酢の物に乗せて食べる事です。

青い色がアクセントになるので、見た目も華やかです。

お酢で匂いもマイルドになるので食べやすくなると思います。

しかし生で食べるのが苦手という人もいます。

その場合におすすめなのが、煮付けです。

煮付けにする事で匂いも気にならなくなりますし、味が染み込むので美味しく食べる事ができます。

そして煮付け以外でおすすめの料理方法は、甘エビに卵をつけたまま唐揚げにする事です。

甘エビと一緒に食べる事で、匂いが気にならなくなるので美味しく食べられると思います。

甘エビの卵は色鮮やかな青い色をしているので、初めて見た時には驚いてしまうと思います。

しかし、上手に調理する事で美味しく食べられるものなので捨てずに調理をしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。