水光注射をやり過ぎたときのデメリットや副作用とは?

いつもニコニコ健康知識





水光注射,デメリット,やりすぎ,副作用

 

女性の多くは、いつまでも美しい外見を維持したいと考えています。

そのため美容に気を使いながら生活を送っています。

そんな美容に気を使っている女性の中で「水光注射」というものが注目を集めています。

しかし水光注射をやりすぎてしまった場合には、デメリットや副作用を感じることがあります。

そこで『水光注射をやりすぎてしまったときに感じるデメリットや副作用について』まとめました。

水光注射を行ってみたいと考えている人は、デメリットや副作用についても理解しておくようにしましょう

 

【スポンサーリンク】

水光注射とは?

水光注射は肌にツヤやハリ、潤いを与えるための注射のことです。

美肌を維持するための治療法の1つとして注目を集めています。

そんな水光注射は、韓国で特に人気があるものとなっています。

水光注射は、専用の注射を使用して肌にヒアルロン酸を入れます。

ヒアルロン酸は肌のツヤやハリを維持するために必要な成分なので、水光注射を受けることで肌の違いを実感することができます。

そのため肌のたるみや小じわ、肌のキメの粗さを感じる人にはオススメの方法となっています。

肌のたるみや小じわなどが気になって悩んでいる人は、水光注射を行うか検討してみましょう。

 

水光注射をしたい場合にはどうしたら良いの?

水光注射は専用の注射を使用した治療方法なので、美容クリニックを受診する必要があります。

もちろん実施していない美容クリニックもあるため、まずは水光注射を実施している美容クリニックを探してみましょう。

そして美容クリニックによってはヒアルロン酸だけでなく、プラセンタやビタミン、トラネキサム酸を配合することが可能となっています。

これらの成分は得られる効果が異なるため、どんな効果があるのか知った上で配合してもらうようにしましょう。

そして水光注射を受けたいと考えている人の多くが気になるのは、痛みやダウンタイムについてです。

これも美容クリニックによるのですが、多くの美容クリニックは痛みを軽減するために麻酔クリームを使用します。

麻酔クリームを使用した場合には、痛みをあまり感じなくて済むようになります。

痛みを感じたくないと考えている場合には、麻酔クリームを使用してもらえるのか確認するようにしましょう。

そしてダウンタイムについてですが、水光注射は比較的ダウンタイムが少ない治療方法とされています。

そのためメイクをしても良いとされています。

しかし可能であれば、メイクをしなくても大丈夫な時期に受けるようにしましょう。

そして水光注射は、注射を使用してヒアルロン酸などを肌の中に入れるので、人によっては肌にハレや赤み、内出血などが残る場合があります。

これらのことを理解した上で、水光注射を受けるようにしましょう。

 

水光注射をやり過ぎたときのデメリット

水光注射は、肌のツヤやハリを維持するために必要なヒアルロン酸を注射で入れます。

ヒアルロン酸は体内にもある成分なので比較的、安心して受けられる治療方法となっています。

しかし、水光注射を受けた人の中にはやりすぎが原因で不調を感じる人もいます。

やりすぎが原因で感じる不調にはどのようなものがあるのか知ってみましょう。

まず多くの人が感じる不調の1つに肌の赤みがあります。

この赤みは、水光注射を受けた後にしばらくしてから感じる人が多いです。

人によっては注射針を刺した場所が真っ赤に腫れ上がってしまったり、ケロイド状になってしまうことがあります。

肌が弱い人やケロイドになりやすい体質の人は、これらの不調を感じやすいので注意しましょう。

そして、赤みの他の不調にただれやニキビがあります。

ただれやニキビなどの不調も、体質によって起きる人と起きない人がいます。

そのため水光注射を受けてみないと、これらの不調が起きるかはハッキリと分かりません。

水光注射を受けたあとに不調を感じてしまう可能性もあるため、水光注射を受けるか考えている際にはしっかりと悩んでから受けるようにしましょう。

そして多くの人が感じているデメリットの1つに、値段と効果があります。

実は水光注射は、施術料が高いものとなっています。

そのため施術を受けるか悩む人が多いです。

さらに水光注射は、効果が薄れていくものとなっています。

つまり効果が薄れてしまったと感じた場合には、また施術を受ける必要があります。

効果が薄れてしまう度に施術を受ける必要があることから、維持費がかかるものと言えます。

そして人によっては、高い施術料を支払って水光注射を受けても効果をあまり実感できない場合もあります。

これらのことをしっかりと考えた上で、水光注射を受けるようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

副作用ってあるの?

水光注射を受ける際に心配になることの1つに副作用があります。

どんな方法も副作用が絶対にないとは言えません。

人によっては施術を受けた後に副作用を感じてしまい、不調を感じることがあります。

水光注射を受けた場合に起きる可能性がある副作用についても知っておきましょう。

まず起きやすい副作用に、注射針による赤みがあります。

この赤みは、注射をしてヒアルロン酸を入れているので仕方のないものです。

しかし人によっては赤みが増してしまったり、赤みが長期間続く場合があります。

水光注射は顔に行う場合が多いので、赤みが目立ってしまうことで外出できなくて困ってしまう人も多いです。

メイクをすることで隠せる人もいるのですが、隠せないほどの赤みが起きてしまう人もいるので注意しましょう。

そして2つ目に起きやすい副作用に、内出血があります。

この内出血も、注射を刺しているので起きやすいものとなっています。

内出血ができたときに早く消えやすい体質の人もいれば、なかなか消えないという人もいます。

なかなか消えない体質の場合には、消えるまで顔に内出血が残ってしまうので周囲の人に心配されてしまう可能性があります。

内出血が目立ってしまう場合には、恋人や夫からの暴力を疑われてしまうこともあるため注意しましょう。

そして3つ目に起きやすい副作用に、腫れがあります。

腫れも人によるのですが顔全体が腫れてしまったり、注射を刺した場所だけ腫れてしまったりなど様々です。

顔の腫れは、施術を受けてから1週間ほどで落ち着く場合がほとんどです。

1週間ほどは腫れや赤みなどに悩まされてしまう可能性があるため、知っておきましょう。

そして中には、水光注射を受けた場所だけデコボコになってしまう人もいます。

しかし水光注射をして入れたヒアルロン酸が肌の中に吸収されて馴染むことで、肌のデコボコは目立たなくなります。

デコボコが目立つ間は鏡を見たり触ったりしたときに気になると思いますが、馴染むまで気長に待つようにしましょう。

 

水光注射のデメリットや副作用についてのまとめ

水光注射は、韓国で人気の美容治療の1つです。

注射を使用して肌の中にヒアルロン酸を入れることで、肌のツヤやハリの回復・維持をすることができます。

そのため水光注射を受けてみたいと考えている人も多いです。

しかし水光注射には、デメリットや副作用が存在します。

そのデメリットや副作用の中には、肌の不調があります。

肌の不調を感じた場合には悩んでしまう人が多いので、どのような不調を感じやすいのか知っておくようにしましょう。

そして水光注射のデメリットの1つに、施術料が高いことがあります。

水光注射は永久的に効果を感じられるものではないので、定期的に施術を受ける必要があります。

そのため維持費がかかるものとなっています。

水光注射を受ける際には、デメリットや副作用をしっかりと理解しておくようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。