割れないシャボン玉は砂糖を入れるとできるらしい。作り方とその理由とは?





シャボン玉,割れない,砂糖,作り方,理由

 

シャボン玉はキラキラとしながら飛んでいくので子供から人気があります。

しかし、優しく吹いても割れてしまって上手に作れない場合もあります。

特に子供の場合には優しく吹くのが難しい為、上手に出来なくて楽しめない場合もあります。

そんなシャボン玉は砂糖を入れると、割れないシャボン玉になると言われています。

割れないシャボン玉を作れたら、優しく吹くのが苦手な子供も楽しめるようになります。

そこで割れないシャボン玉の作り方や割れない理由についてまとめました。

作り方を覚えて、割れないシャボン玉を作ってみてください。

そして大きなお子さんと遊ぶ場合には、割れない理由も教えてあげましょう。

割れないシャボン玉を作って、子供と楽しい時間を過ごしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

シャボン玉は子供に人気です!

シャボン玉はキラキラしています。

そして、ふわふわと飛んでいく姿がとても可愛らしいです。

そんな可愛らしい姿は子供には宝石のように見えます。

その為、シャボン玉は昔から子供に人気のあるものとなっています。

子供が一生懸命シャボン玉を飛ばしている姿は可愛いので、見ている大人も楽しめます。

しかし、シャボン玉は割れやすいものなので儚いものとなっています。

大人だと優しく吹けるので上手に作る事ができます。

しかし小さな子供には優しく吹くのが難しいので、上手に作れなくて楽しめない場合もあります。

そんな割れやすくて儚いシャボン玉は、あるものを混ぜるだけで割れないシャボン玉へと変身させる事ができます。

割れないシャボン玉の方が子供も楽しめるので、是非作ってみてください。

そして割れないシャボン玉を遠くまで飛ばして、子供と一緒に楽しんでみてください。

 

割れないシャボン玉の作り方

割れないシャボン玉は自宅にある物を混ぜるだけで簡単に作る事ができます。

その自宅にある物とは砂糖です。

簡単に作れるので、作ってみてください。

 

用意するもの

  • ぬるま湯100ml
  • 洗濯のり50ml
  • 台所用洗剤10ml
  • 砂糖小さじ1

 

洗濯のりは「PVA」や「ポリビニールアルコール」と成分表に書かれているものが良いので、成分表を確認してみてください。

作り方はまずぬるま湯と砂糖を混ぜ合わせて溶かします。

しっかりと溶かさないと割れやすくなるので、しっかりと混ぜ合わせて溶かしましょう。

砂糖が溶けたら、洗濯のりと台所洗剤を混ぜます。

静かに混ぜ合わせないと泡立ってしまうので、注意しましょう。

そしてしっかりと混ざっていないと割れにくいので、しっかりと混ぜるようにしましょう。

これで完成です。

 

砂糖と混ぜているので、ベタっとしたシャボン玉液となっています。

手についてしまうとベタベタするので遊んだ後はしっかりと手洗いをしましょう。

 

【スポンサーリンク】

どうして割れなくなるの?

普通のシャボン玉が割れてしまう理由は3つあります。

 

まず1つ目の理由は、飛んでいる時に水分が蒸発してしまう事です。

シャボン玉液に含まれている水分が蒸発してしまう事で、シャボン玉の膜が薄くなっていきます。

膜が薄くなると耐久性がなくなるので割れてしまうのです。

 

そして2つ目の理由は、空気中の細かいゴミがシャボン玉の膜に当たってしまう事です。

シャボン玉の膜にゴミが当たってしまうと、膜が破れて割れてしまうのです。

空気中にある細かいゴミは肉眼では見えない為、突然割れたように見えます。

 

3つ目の理由は、重力です。

シャボン玉の中には空気があるので空中を浮きます。

しかし、重力があるのでシャボン玉の膜は下の方へ集まります。

その結果、上の方の膜が薄くなっていくので割れてしまうのです。

 

そんな割れやすいシャボン玉は、砂糖を入れる事で水分が蒸発しにくくなります。

その為、割れにくくなるのです。

さらに、砂糖を入れる事でシャボン玉液の粘度は高くなります。

その結果、大きなシャボン玉を作りやすくなるのです。

 

シャボン玉の楽しみ方

シャボン玉は、ストローのように細い棒を優しく吹いて楽しむ事が多いです。

ストローのようなものでシャボン玉を作った場合には、小さなシャボン玉をたくさん作って飛ばす事ができます。

しかし、ストロー以外のものでもシャボン玉を作って楽しむ事ができます。

色々な大きさの輪を用意して、様々な大きさのシャボン玉を作ってみてください。

大きなシャボン玉が飛んでいくのを見て、子供は喜ぶと思います。

そして大きなシャボン玉を作る時におすすめなのが、針金ハンガーです。

針金ハンガーを広げて、シャボン玉液をつけます。

そして優しく空中で振ってみましょう。

大きなシャボン玉が出来ると思います。

大きなシャボン玉を作って子供を喜ばせてみてください。

しかし針金ハンガーを使用して遊ぶ際には、怪我をしないように注意をしましょう。

その他にもフラフープを使用する事で中に入れるようなシャボン玉を作る事ができます。

色々な道具を工夫してシャボン玉を楽しんでみてください。

シャボン玉,割れない,砂糖,作り方,理由

 

割れないシャボン玉のまとめ

シャボン玉はキラキラと飛んでいる姿が可愛いので子供から人気があります。

しかし、割れやすいので作るのが難しいと感じる子供もいます。

そんな割れやすくて儚いシャボン玉は、ぬるま湯や洗濯のり、台所洗剤、砂糖を混ぜ合わせて簡単に作る事ができます。

作る際の注意点は、砂糖はしっかりと溶かす事と洗濯のりと台所洗剤を混ぜ合わせる時は泡立たないようにする事です。

子供と一緒に楽しみながら作ってみてください。

普通のシャボン玉は水分が蒸発してしまう事や空中にあるゴミが当たってしまう事などが原因で割れてしまいます。

しかし砂糖を混ぜたシャボン玉液は、水分が蒸発しにくくなるので割れにくくなります。

そして砂糖を混ぜたシャボン玉液は割れにくくなるだけでなく、粘度が高くなるので大きいシャボン玉を作る事ができます。

その為、普通のシャボン玉だと上手に作れなかった子供でも、上手に作れるようになります。

普通のシャボン玉よりも簡単に大きなシャボン玉を作れるので、色々な道具を使用して様々な大きさのシャボン玉を作ってみてください。

そして綺麗なシャボン玉を子供とたくさん飛ばして楽しい時間を過ごしてみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。