正月太りを解消する運動はストレッチが効果的。おすすめストレッチをご紹介。





正月太り,解消,ストレッチ,効果

 

年末前にクリスマス、大晦日にはご馳走、元旦にはお節料理と太りやすい時期ですね^^;

しかも外は寒いからどうしても代謝が悪くなり運動するにも屋外は不向きかもしれません。

特に雪が多い地域だとランニングも危ないですし自転車の有酸素運動は以ての外です。

さて、そんな時期の正月太りを解消するには家の中でストレッチが効果的ですよ。

効果的なおすすめのストレッチをまとめてみたのでどうぞご覧ください。

参考になれば幸いです!

 

【スポンサーリンク】

正月太りの原因は?

正月太りを解消するにはまず、原因を知っておくことが大切です。

正月太りは「ご馳走を食べるから太る」という単純な言葉のアヤや言葉の遊びと思われがちですね。

もちろん食事メニューもそうなのですが、原因はそれだけではありません。

いくつか原因をあげてみます。

 

  • クリスマス料理〜お正月料理までのカロリーが高い

クリスマスは洋食料理・正月シーズンは和食がメインになりますが、振り返ってみればどちらの料理もカロリーが高いです。

クリスマスの洋食はお肉や揚げ物もメインになりますしお正月はお餅(炭水化物)、お餅に味付けする砂糖醤油・きなこ、お節料理も中々のカロリーです。

 

  • むくみやすくなる

お節料理は数の子など塩分も高めなものがあります。

めでたい上に美味しいので箸が進んでしまいますよね。

ですが「太る」という観点では塩分の摂り過ぎによるむくみを招いてしまいます。

 

  • 代謝が悪くなる

夏は黙っていても汗をかきやすいですが、冬は体温が上がりにくく代謝が悪くなり脂肪燃焼がしにくくなってしまいます。

体温を上げる食材(ショウガやニンニクなど)を意識的に摂り入れる必要があります。

 

  • 運動不足になりやすい

冬はどうしても運動不足になりがちな上、地域によってはランニングすら厳しくなります。

正月期間中は公共施設も休みのところが多く運動する機会が減ってしまいます。

 

正月太りの解消にストレッチをしよう!

正月太りを招く要因は上でご説明した通り4つありますが、これを解消するには室内でストレッチをするのがおすすめです。

 

  • その1〜リンパの流れを良くしよう〜

リンパの流れが悪くなると体に老廃物が溜まりやすくなり、疲労が溜まる・むくみやすくなる等の原因になります。

そこでおすすめなのがリンパの流れを良くするストレッチです。

 

  1.  片足を伸ばし、伸ばした膝の上に反対の足ね膝を乗せます
  2. 両手を膝の上に置いて伸ばした足の裏を真っ直ぐに立てます(背筋はなるべく伸ばしましょう)
  3. 背筋はなるべく伸ばした状態で前かがみになりながらお尻を左右に軽く揺すります
  4. この動作を足を組み替えて繰り返します

 

実際に試したところ、背筋を伸ばして前かがみになるときに少し、しんどさを感じましたが簡単でした(^^)

 

  • その2〜ラジオ体操をする〜

ラジオ体操といえば夏休みですが、冬にも効果的ですよ。

軽い運動の上にシッカリと行えばストレッチにもなります。

ラジオ体操の効果は様々ありますが中でも正月太りに関するものは、冷えの改善・むくみの解消・便秘解消です。

 

【スポンサーリンク】

正月太りの予防方法について

お正月中は連休も続き生活習慣も乱れがちになります。

この期間に美味しいものをいただくのは風習的に悪いことではありません。

ですが、大晦日以外は夜更かしせずいつも通りの時間に寝起きするのが一番の予防方法です。

 

正月太りのストレッチは実に短期間!

現実的に考えると仕事納め〜仕事初めまで、そう日数は長くありません。

そのため、仕事初めまでにストレッチを行うのは短期間になってしまいます。

正月太りを解消するストレッチは出来るだけ毎日行うことが大切です。

また予防として、大晦日以外は出来るだけいつも通りの生活習慣を送りましょう。

予防とストレッチをすることで正月太りを解消することが出来ますよ。

冬はむくみが大敵なので、リンパストレッチとラジオ体操がおすすめです!

試してみてくださいね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。