いちごが花粉症に効果的ってほんと?アレルギーを予防する理由とは?

いつもニコニコ健康知識





いちご,花粉症,効果的,アレルギー,予防

 

いちごが花粉症に効くという話を聞いたことがありますか?

日本人の多くを悩ませる花粉症。

花粉症のせいで、辛く寒い冬が去っても春を歓迎できない方もおられますよね。

そんな花粉の時期に旬を迎えるのがいちごです。

いちごの効能が花粉症に有効であるならば、まさにベストタイミングと言えます。

毎日の食事に取り入れない理由はありません。

いちごは本当に花粉症に効果があるのか?

いちごの持つ効能を調べました。

【スポンサーリンク】

 

いちごに含まれる重要な成分

花粉症はアレルギーの一種です。

アレルギーとは体の持つ免疫が過剰に反応してしまうことで引き起こされます。

花粉症の場合はスギやヒノキなどの花粉に対してですね。

いちごにはGAPDH(グリセルアルデヒド3-リン酸デヒドロゲナーゼ)という酵素 が含まれています。

この酵素が花粉症に対して非常に重要な役割を果たしていることが近年明らかになったのです。

GAPDHはいちご以外にも様々な食品に含まれていますが、圧倒的に量が多いのがいちごなのです。

 

いちごの持つ効能とは?花粉症に効果がある理由を解説

アレルギーはIgE抗体という免疫物質が体内で過剰に作られてしまうことで起こります。

いちごの成分のひとつであるGAPDHは、このIgE抗体の産生量を抑えてくれる効果を持つと言うのです。

これまで過剰だった抗体の量が少なくなればアレルギー症状の緩和につながることは間違いありません。

これはつまり、花粉症に限らず一般的なアレルギーの軽減効果も期待できるということですね。

また、いちごにはビタミンC も豊富に含まれています。

このビタミンC も花粉症の緩和に大きな力を持っているのです。

アレルギーが起こると体内ではヒスタミンという物質がつくられます。

ヒスタミンはかゆみなどを起こす作用を持っているため、アレルギー症状の一つに激しいかゆみがあるのですね。

ビタミンC はこのヒスタミンの産生を抑えてくれる働きを持っているのです。

つまり、いちごのもつ効能は次の2点から花粉症に対して有効であると言えます。

 

  • GAPDHでアレルギーを起こしにくくしてくれる。

  • ビタミンC でアレルギー症状を緩和してくれる。
【スポンサーリンク】

いちごの効能を引き出す方法

このように花粉症に対して優れた効能を持ついちご。

その力を最大限に発揮するための摂取方法をご紹介いたします。

それは「生のいちごをミキサーにかけてジュースにする」方法です。

なんと、GAPDHはいちごを果汁状にするとより多く吸収されるらしいのです。

そしてもう一つの成分であるビタミンC

ビタミンCは加熱すると破壊されしまったり、切り口から失われたりしてしまう特徴を持っています。

そのため、さっと洗ってヘタを取ったいちごをそのままミキサーにかけるのが一番効率的と言えるのではないでしょうか?

美味しいだけでなく花粉症に対しても力を発揮してくれるいちご。

子供からお年寄りまで幅広い世代に好まれ、スーパーなどで気軽に購入できる点もメリットです。

積極的に摂取してつらい花粉の時期を乗り越えたいですね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。