春の七草の覚え方は語呂合わせで覚えよう。七草がゆを食べる理由も知っておこう。





春の七草,覚え方,語呂合わせ,意味

 

お正月を過ぎた頃になると、春の七草が話題に上がります。

この時期になると、春の七草を使った七草がゆを食べる風習があるからです。

しかし最近は七草がゆを食べない人や七草がゆを食べる意味を知らない人が増えてきました。

そこで七草がゆを食べる意味や七草の意味についてまとめました。

七草がゆを食べる際には、食べる意味や七草の意味を思い出しながら食べてみましょう。

七草がゆには7種類の山菜が使われているのですが、覚え方が難しいと思っている人もいます。

そこで春の七草がゆに使われている七草のオススメの覚え方についてもまとめました。

1番覚えやすい方法は語呂合わせとなっているので試してみてください。

そして語呂合わせ以外の方法についてもまとめました。

楽しみながら覚えてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

七草がゆを食べる理由

お正月を過ぎた頃になると、テレビなどでは「七草がゆ」が話題になっています。

話題になる理由は、お正月が過ぎた1月7日に七草がゆを食べるという風習があるからです。

1月7日に七草がゆを食べるという風習は、平安時代から始まったと言われています。

七草がゆとは、春の七草と呼ばれている7種類の山菜を使って作られたお粥の事です。

しかし、この風習が始まった平安時代は山菜を使ったお粥ではありませんでした。

この風習は中国の方から伝わってきたのですが、当時はお米や小豆などが入ったお粥を食べていました。

そして、中国から伝わってきた風習と日本にあった「若菜摘み」という風習が合わさって現在の七草がゆへと変化していったとされています。

若菜摘み」は春になる前に出てきた山菜を摘み取って、無病息災を祈りながら食べる風習でした。

その為、若菜摘みと合わさった七草がゆは「1年間無病息災でいられますように」との願いが込められたものなのです。

そんな七草がゆを食べる理由は、お正月に食べたおせち料理で疲れた胃腸を労わる為とされています。

お粥は消化が良い料理なので、疲れた胃腸を休める事が出来ます。

そして七草がゆに使用されている七草は、ビタミンを補給できる貴重な栄養源なのです。

おせち料理で疲れた胃腸を休める為にも、七草がゆを食べてみましょう。

春の七草,覚え方,語呂合わせ,意味

 

七草がゆに使われている種類

七草がゆには、「春の七草」と呼ばれている山菜が使用されています。

その七草とはセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種類です。

どの山菜にも、食べる事で得られる効果が存在します。

 

  • セリ

セリには鉄分が多く含まれています。

その為、造血作用があるので貧血予防の効果が期待できます。

 

  • ナズナ

ナズナには利尿作用があります。

摂り過ぎてしまった塩分を排出する効果が期待できるので、高血圧の予防を行えます。

 

  • ゴギョウ

ゴギョウには咳や痰を抑える効果があります。

その為、風邪気味の時などには風邪の症状を緩和する効果が期待できます。

 

  • ハコベラ

ハコベラにはタンパク質やミネラルなど様々な栄養素が豊富に含まれています。

おせち料理で偏ってしまった栄養を補う事が出来るのです。

 

  • ホトケノザ

ホトケノザには、体質を改善する効果があります。

不調だと感じた時に食べる事で、体質を改善して健康的へと変わる事が出来るかもしれません。

 

  • スズナ、スズシロ

そしてスズナとスズシロには消化不良を改善する効果があります。

お正月を過ぎた頃は、おせち料理で胃腸が疲れてしまい消化不良を起こしやすくなっています。

消化不良を改善する効果が期待できるので、身体に負担を掛けずに済むようになります。

 

七草がゆに使用されている七草には、これらの効果が期待できます。

おせち料理で疲れてしまった胃腸を休めながら、様々な効果を得てみましょう。

 

使われている七草の意味

七草がゆには、7種類の山菜が使用されています。

使用されている山菜には、それぞれ意味や願いが込められています。

 

まずセリには「競り勝つ」という意味が込められた縁起の良いものです。

新しい年も色々な事に負けずに過ごせるように頑張ってみましょう。

 

そしてナズナには「撫でて汚れを取り除く」という意味が込められています。

こちらも縁起の良いものとされています。

 

ゴギョウは「仏の体」を表す山菜とされていて、縁起の良いものとされています。

 

そしてハコベラは「繁盛がはびこる」という意味が込められています。

新しい年も繁盛していけますようにと願いながら食べてみましょう。

 

ホトケノザは「仏の安座」という意味があります。

名前の通り縁起の良いものとなっています。

 

スズナは、冬になる多くの人が食べているカブの事です。

神様を呼ぶための鈴」という意味があります。

その為、縁起の良いものとされています。

 

そしてスズシロは、大根の事です。

大根は白くて綺麗な野菜です。

その為、スズシロには「汚れのない純白さ」を表したものとされています。

 

七草がゆに使用されている山菜には、これらの意味や願いが込められています。

縁起の良いものばかりなので、七草がゆを食べてゲン担ぎをしてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

七草の覚え方

七草がゆには、7種類の山菜が使用されています。

覚えたいと思っても、上手くいかなくて悩んでしまう人もいます。

春の七草を覚える際には、いくつかの方法があります。

まず1つ目の覚え方は語呂合わせです。

語呂合わせで覚える際には、7種類の山菜の頭文字を取って「せなはごっほとすず2つがすき」と覚える人が多いです。

この語呂合わせの詳細を説明すると「せ(セリ)な(ナズナ)は(ハコベラ)ごっ(ゴギョウ)ほと(ホトケノザ)すず2つ(スズナ、スズシロ)がすき」となります。

文章の意味を深く考えてしまうと、覚えにくくなってしまう傾向があります。

文章の意味は深く考えずに覚えてみましょう。

 

そして2つ目の方法は、テンポ良く唱えるようにして覚える事です。

この方法で覚える際には、自分が唱えやすいテンポで行う事をオススメします。

しかし、ゆっくり唱えると覚えにくいという人が多いです。

ラップのように勢いで覚えてしまうのも良いかと思います。

 

そして3つ目の歌にして覚えてしまう事です。

春の七草を覚える為の歌が作られているので、その歌で覚えてしまうのも良いかと思います。

別の歌で覚えたい場合にオススメなのが、CMなどで使われている耳に残りやすい歌に合わせて覚える事です。

CMの度に口ずさみながら覚える事が出来るので簡単に覚えられるかと思います。

中にはオリジナルの歌を作って覚える人もいます。

口ずさみやすい歌やリズムを作りながら、自作の歌を作って楽しんでみましょう。

七草に限らず何かを覚えたい場合には、楽しみながら行う事で覚えやすくなります。

勉強の暗記にも使える事なので試してみてください。

 

春の七草についてのまとめ

お正月を過ぎた頃に食べる「七草がゆ」は平安時代に中国から伝わってきた風習です。

しかし当時はお米や小豆などを使用したお粥が食べられていました。

中国から伝わった風習と当時に日本にあった「若菜摘み」という無病息災を祈る風習が合わさって、現在の七草がゆになりました。

七草がゆを食べる理由は、おせち料理で疲れた胃腸を労わる為とされています。

消化の良い七草がゆを食べて、身体を休めるようにしましょう。

そして七草がゆに使用されている山菜は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種類です。

語呂合わせやテンポよく唱える事で覚えられると思います。

楽しく覚えられる方法で覚えてみてください。

そして、これらの山菜には様々な効果があります。

身体に良い効果ばかりなので食べてみましょう。

さらに、どの山菜にも意味や願いが込められています。

縁起の良い意味が込められた山菜が多いので、七草がゆを食べてゲン担ぎを行ってみましょう。

最近はこれらの山菜がセットで販売されているスーパーが増えてきました。

自宅で簡単に作る事が出来るので、是非1月7日には山菜がゆを作って食べてみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。