くしゃみが止まらない原因と対処法とは?【風邪、鼻炎、アレルギーと症状いろいろ】





くしゃみ,止まらない,原因,対処法,風邪,鼻炎,アレルギー

くしゃみは突然出るものです。

その為、我慢をするのが難しいものとなっています。

そんなくしゃみが止まらない事で困ってしまった経験をした事がある人もいると思います。

くしゃみという症状は1つなのですが、原因はいくつか存在します。

そんな様々な原因の中でも、くしゃみが止まらなくなってしまう原因は主に風邪やアレルギー性鼻炎だとされています。

そこでくしゃみが止まらない原因を知る方法についてまとめました。

まずはくしゃみが止まらなくなってしまう原因を知って、改善策を考えてみましょう。

そして、風邪やアレルギー性鼻炎など原因が分かった場合には、それに合った対処法を行う必要があります。

それぞれの原因に合った対処法についてもまとめたので参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

くしゃみが止まらない!原因を知るには?

くしゃみは、突然出ます。

くしゃみをした後にはスッキリする場合が多いのですが、止まらなくなってしまう場合もあります。

しかし、くしゃみが止まらなくなってしまった場合には、何度も続けて出るので苦しいと感じる人も多いです。

そして外出先などでくしゃみが止まらなくなってしまった場合には、恥ずかしいと感じるかと思います。

そんなくしゃみという症状は1つなのですが、原因はいくつか存在します。

その為、その原因に合った対処法を行わなければくしゃみを改善する事は難しいです。

くしゃみが止まらなくなってしまう原因を知る為には、どんな時にくしゃみが出て止まらなくなってしまうのか知る必要があります。

まずはくしゃみが出た時や止まらなくなってしまった時の状況を思い出してみましょう。

特にアレルギーが原因だった場合には、状況を思い出す事で何のアレルギーか分かる可能性があります。

そして、次に考える事はくしゃみ以外の症状です。

くしゃみ以外に鼻水が出ている場合には、鼻水の色を確認してみましょう。

透明なさらさらとしたものの場合には、アレルギー性鼻炎の可能性が高いです。

そして、もし黄色や黄緑色をしていたり、粘液性の鼻水だった場合には風邪の可能性が高いです。

原因を知る為に、振り返って考えてみましょう。

 

風邪が原因だった場合

風邪を引いた時には、くしゃみが出やすくなります。

そして、くしゃみが出ると同時に鼻水も出やすくなります。

風邪が原因でくしゃみや鼻水が出てしまうという反応は、身体の防御反応の一種です。

くしゃみは身体に入ってしまったウイルスを追い出す為に行われる反応です。

その為、くしゃみを我慢してしまう事でウイルスを身体の外に出す事が出来ないので風邪を悪化させてしまう可能性があります。

風邪が原因でくしゃみが出そうなときは我慢せずに出すようにしましょう。

しかし思い切りくしゃみを出してしまう事で、周囲の人へウイルスをばら撒いてしまう事になります。

口をハンカチやティッシュで押さえながらくしゃみをするように心掛けましょう。

そして、くしゃみと同時に出る鼻水は、くしゃみだけでは出し切れなかったウイルスを洗い流す作用があります。

くしゃみの後に鼻水が出た場合には、鼻をかんでしっかりとウイルスを出すようにしましょう。

そして、くしゃみが止まらなくなってしまった原因が風邪にある場合には、風邪を治す事でくしゃみを改善する事が可能となっています。

風邪を治す為には栄養を摂って、ゆっくりと身体を休める必要があります。

忙しい場合には難しいかもしれませんが、まずは身体を休めるように心掛けましょう。

そして身体を冷やさないように注意しながら過ごすようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

アレルギー性鼻炎が原因だった場合

くしゃみが止まらなくなってしまった原因が鼻炎だった場合には、その鼻炎を起こしている原因が必ず存在します。

鼻炎の原因には花粉やハウスダストなど様々なアレルギーが隠れている可能性があります。

何が原因なのかを知る為に、どんな時にくしゃみが止まらなくなっているのか、その時に何があったのかなどを考えてみましょう。

もし原因の見当がついた場合には、病院を受診して説明する事でそのアレルギーに対して効果のある薬を処方してもらえると思います。

あまりにもくしゃみがひどい場合には、受診をしてみましょう。

そして、もし原因が全く分からない場合には病院でアレルギー検査をしてもらう事で何が原因か知る事が出来ます。

心配な場合には病院を受診して、何が原因なのか調べてもらうようにしましょう。

 

風邪やアレルギー性鼻炎の予防を行おう!

くしゃみが止まらなくなってしまう原因の多くは、風邪やアレルギー性の鼻炎です。

どちらが原因の場合も、身体が防御反応を起こしてくしゃみが出ます。

つまり、くしゃみは必要なものなのです。

しかし、くしゃみが多く出過ぎてしまう場合には苦痛に感じてしまうのでどうにか改善したいと思うものです。

くしゃみが出てしまう原因が風邪にある場合には、風邪を治す事でくしゃみも改善する事が出来ます。

そして、風邪を引かないように普段から予防を行う必要もあります。

マスクを着用して外出を行ったり、睡眠不足や栄養不足にならないように気をつけながら生活を送るようにしましょう。

そして身体を冷やしてしまう事で風邪を引きやすくなってしまいます。

普段から身体を冷やさないように心掛けましょう。

そして、くしゃみの原因が花粉やハウスダストにある場合には、その原因を少しでも減らす必要があります。

花粉が原因の場合には、花粉が飛散し始める時期にはマスクを着用して外出を行って身体に花粉を取り込まないようにしましょう。

そして自宅に入る前には服や髪を軽く手で払って、花粉を落とすように心掛けましょう。

自宅で過ごす場合には、空気清浄機などを利用して花粉を少しでも減らす事をオススメします。

そして、ハウスダストが原因でくしゃみが止まらなくなってしまう場合には、室内の空気を清潔に保つ必要があります。

こまめに換気をするように心掛けましょう。

ハウスダストが原因でくしゃみが出てしまう人の多くは、冬に症状が悪化する傾向にあります。

これは冬になると寒くなる為、室内の空気を換気しない事が関係しています。

寒い事で換気をするのが嫌だと感じてしまうかもしれませんが、くしゃみなどの症状を落ち着かせる為に換気をするようにしましょう。

くしゃみ,止まらない,原因,対処法,風邪,鼻炎,アレルギー

 

くしゃみが止まらない原因と対処法のまとめ

くしゃみは我慢しようと思っても止められないものです。

しかし、くしゃみが止まらなくなってしまう事で恥ずかしい思いをした事がある人もいるかと思います。

くしゃみは主に、身体の中にウイルスなどが入ってしまった場合に追い出す役割を持っています。

そして、くしゃみだけでは完全にウイルスを追い出す事が出来ない為、鼻水で洗い流そうとするのです。

つまり、くしゃみと鼻水は身体を守る為に大切なものなのです。

そんなくしゃみの原因には、風邪やアレルギー性鼻炎があります。

もし風邪が原因だった場合には、風邪を治す事でくしゃみも改善する事が可能となっています。

まずは風邪を治す為に栄養を摂って、ゆっくりと休養する事を心掛けましょう。

そして、くしゃみの原因がアレルギー性鼻炎だった場合には、アレルギーを起こしている原因を減らす事で改善する事が可能です。

アレルギー性鼻炎を起こしてしまう人の多くは、花粉やハウスダストによってアレルギーを起こしています。

花粉が原因だった場合には、マスクを着用して外出するなど身体に花粉を取り込まない努力をしましょう。

そしてハウスダストが原因だった場合には、部屋の換気をこまめに行う事で症状の改善が可能となっています。

原因に合った対処法を行って、くしゃみの改善をしてみましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。