スロージョギングでダイエット効果を上げるやり方とは?速度や時間を意識してゆっくり走ろう

いつもニコニコ健康知識





スロージョギング,ダイエット,効果,やり方,時間,走る

 

ダイエットを行う際には食事内容を変える事や運動、ストレッチをする人が多いです。

しかしダイエットに対する気合が入り過ぎてしまい、過度の食事制限や運動を行ってしまう人がいます。

これらの方法でダイエットを行った場合には、身体に大きな負担を掛けてしまいます。

しかしダイエットは、身体に負担を掛けずに行う方法もあります。

そんな身体に負担を掛けないダイエット方法でおすすめなのが、スロージョギングです

スロージョギングは、身体に負担を掛けずにダイエット効果を上げるやり方があります。

その方法は走る速度や時間が重要となってきています。

そこで、ダイエット効果を上げるスロージョギングのやり方についてまとめました。

スロージョギングでダイエットを行いたい場合には、走る速度や時間に注意して行ってみましょう。

身体に負担を掛けずにダイエットを行いたいと思っている人は参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

スロージョギングとは?

スロージョギングと聞くと、ゆっくりジョギングをするのを想像するかと思います。

しかし、ダイエット効果のあるスロージョギングはゆっくり走るものではありません。

スロージョギングは、普段の歩幅の半分ぐらいの歩幅でリズミカルに行うジョギングの事です。

そして軽く跳ねるように行うのが特徴となっています。

スロージョギングは、ジョギングよりも膝や腰に負担を掛けずに行う事ができます。

負担が少ない事からダイエットを行う人から人気があるのです。

しかし、そんなスロージョギングも正しいやり方を行わなければ、ダイエット効果は下がってしまいます。

スロージョギングでダイエットを行いたい場合は正しい方法で行って、ダイエット効果を上げるように努力しましょう。

 

ダイエット効果を上げるには速度や時間が重要です!

スロージョギングは、正しい方法で行う事でダイエット効果を上げる事ができます。

その正しいやり方とは、速度や時間を意識して走る事です。

まず速度についてです。

ジョギングを行う際には、呼吸が乱れるぐらいのスピードで行います。

その為、苦痛を感じやすくなるので長続きしなかったり、ジョギングをしたくないと感じる人が多いです。

しかし、スロージョギングは呼吸が乱れるぐらいのスピードでは行いません。

少し呼吸が乱れてるかな?と感じるぐらいのペースで行います。

そして次に走る時間についてです。

ダイエット効果を上げるには、20分以上継続して運動を行う必要があります。

しかしスロージョギングとはいえ、運動を行っているので慣れていない人には大変なものです。

その為、最初から20分以上走らなくてはいけないなどの決まりを作ってしまうとスロージョギングが苦痛を感じるものとなってしまいます。

苦痛を感じるようになってしまうと継続して行えなくなってしまいます。

慣れるまでは走る時間の決まりを作らずに、出来るだけ走るようにする事を続けていきましょう。

ダイエットを成功させるには、継続させる事が重要なポイントです。

長く続けていくように心掛けましょう。

 

【スポンサーリンク】

ダイエット効果を上げるやり方

スロージョギングでダイエットを行いたい場合には、気を付ける点がいくつかあります。

この気を付ける点を意識しながらスロージョギングを行う事で、ダイエット効果を上げる事ができます。

まず気を付ける点の1つ目は「姿勢」です。

姿勢が悪い状態で行うと、消費出来るカロリーは減ってしまいます。

消費カロリーが減ってしまうとダイエット効果が下がってしまうので注意が必要です。

背筋を伸ばすように意識しながらスロージョギングを行いましょう。

そして、次に気を付ける点は「腕の振り方」です。

腕を軽く曲げながら、しっかりと振って走る事で消費カロリーを増やす事ができます。

さらに腕をしっかりと振って走る事で、リズミカルに走る事ができるので走りやすくなります。

腕の振り方も意識するように心掛けましょう。

スロージョギングは継続して行っていく事で体力がついてきます。

体力がついてくる事で走れる距離や時間を増やす事ができます。

最初の頃はキツイと感じるかもしれませんが、数回に分けて行うなど工夫をしながら継続して行うようにしましょう。

スロージョギング,ダイエット,効果,やり方,時間,走る

 

スロージョギングでダイエットを行うメリット

スロージョギングはダイエットを行いたいと思っている人から人気があります。

そんなスロージョギングが人気な理由はメリットがいくつかあるからです。

そのメリットを知って、スロージョギングでダイエットを行ってみましょう。

 

まず大きなメリットは、ウォーキングよりも消費カロリーが多いという点です。

ウォーキングは身体に対する負担が少ない分、ダイエットとしての効果が現れるのも遅めとなっています。

その為、大きなダイエット効果を期待している人はウォーキングよりもスロージョギングを行う傾向にあります。

正しい方法でスロージョギングを行ってカロリー消費をしてみましょう。

 

そして次のメリットは、身体に負担が少ないという点です。

ジョギングよりも速度が遅いので、息苦しくなりにくいです。

さらにスロージョギングを継続する事で、足や腰に筋肉が付くようになります。

足や腰に筋肉が付く事で、膝や腰に痛みがあった人は痛みが改善する可能性もあるのです。

つまりスロージョギングは痛みを改善したいと思っている人からも人気があるのです。

痛みの改善が目的でスロージョギングを行う場合には、無理をしないように注意しましょう。

 

スロージョギングの効果のまとめ

最近ダイエットを行う為にスロージョギングを行う人が増えてきています。

スロージョギングは、普段歩いている歩幅の半分の歩幅で行います。

そして軽く跳ねるようにしながらリズミカルに行います。

リズミカルに行えるので、楽しみながら行う事ができます。

そんなスロージョギングは、ジョギングよりも遅いスピードで行います。

スピードの目安は、軽く呼吸が乱れるぐらいペースで行います。

その為、身体に対する負担が少ない状態で運動をする事が出来ます。

 

ダイエット効果を上げるには、姿勢や腕の振り方、走る時間に気を付ける必要があります。

まず姿勢が悪いと消費カロリーが減ってしまうので、姿勢を良くして行うようにしましょう。

そして腕は軽く曲げてしっかりと振りましょう。

腕を振る事で上半身へのダイエット効果も期待できます。

 

そして走る時間は0分以上を目安に行いましょう。

しかし、始めたばかりの人には20分以上行うのはキツイです。

慣れるまでは、数回に分けて行うなど工夫をしましょう。

スロージョギングは継続して行う事で身体が慣れてきます。

継続して行うように心掛けましょう。

そしてスロージョギングはダイエット以外にも膝や腰の痛みを改善する効果も期待できます。

膝や腰の痛みの改善の為にスロージョギングを行う場合には、無理をしないように心掛けましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。