運転前の眠気対策は眠気の原因を考えて対応しよう





運転,眠気,対策,原因,対応

 

年に一度のお正月休みやお盆休みは、故郷でゆっくり楽しく過ごしたいと思う方も多いですよね。

飛行機や新幹線で帰省する方は、席さえ予約してしまえば、のんびり過ごすこともできますが、高速道路を長時間かけて車で帰省する方はそうも言ってられません。

運転を頑張ったお父さんは長時間の運転で「ぐったり」してしまいますよね。

長時間の運転の中で、眠気に襲われるということはとても危険です。

「目的地に早く着きたい」という気持ちから何度も眠気と闘いながら先を急ぐ方も多いと思います。

でも、車に乗せているのは家族の命。ちょっとした油断で大事故になんていうことも。

車を運転する前にしっかり眠気対策をして、安全運転を心掛けたいですね。

そこで、長時間運転する方のための眠気対策に効果的な方法について調べてみました。

【スポンサーリンク】

 

運転中に眠気に襲われる原因は?

まず、運転中に眠気を誘う原因としてどのようなことが挙げられるのか調べてみました。

① 単純に睡眠不足

普段から就寝時間が遅い人も長時間の運転の前日はしっかりと睡眠の時間を確保しましょう。

また、睡眠の質も大切です。深い眠りのレム睡眠の時間をしっかり確保できる状態で質の良い睡眠をとることが必要です。

 

② ストレス

運転中は意外とストレスを感じているものだそうです。

高速道路ではスピードを出す分、風景が早く流れていきます。

そうすると、人間は遠い先の一点を凝視するようになり、疲労感を感じてしまいやすくなるようです。

直線道路が続き、スピードが上がれば上がるほど疲れやすくなるということですね。

 

③ 食後すぐの運転

運転前に満腹感を覚えるほど食事をしてしまうと、食物の消化を促すために胃腸の活動が活発になります。

その時に、消化器系に血液が集まってしまい、脳へ血液が回りづらくなり酸素不足になります。

このことで、脳の活動が鈍化することで眠気に強く襲われることになります。

 

【スポンサーリンク】

眠気を防ぐ対策いろいろ

運転中の眠気は急にやってくるものです。

そんな時、眠気覚ましに効果的な対応を取ることが最優先。

では、どんな対応策があるのでしょうか。

① 仮眠をとる

少しでも眠気に襲われ危険を感じたら、近くのPAなどで15分以内の仮眠をとることで眠気対策になります。

そして、大切なのは仮眠の後、少し体を動かして脳と体をしっかり目覚めさせてから運転を再開することだそうです。

仮眠をしてすぐに運転を始めると、再び強い眠気に襲われるので、脳も体も運転に適した環境を作ってあげることが大切ですね。

 

② 脳に刺激を与える

これは、窓を開けて風を感じたり、音楽を聴いたり、歌を歌ったり、固いものを食べたりすることで脳を刺激することです。

ボーっと一点を見つめて運転していると、知らず知らずにストレスを感じ眠気に襲われます。

眠気に襲われる前に脳を活性化させておくと良いということですね。

 

③ 眠気対策用のガムや飲料を摂取

眠気対策用の飲食物はカフェインが入っていますよね。

カフェインは眠気を防止する効果があります。

眠気を誘発する物質にアデノシンというものがあります。

そのアデノシンの活動を妨げる効果があるのがカフェインなのです。

そのことで、脳が覚醒し、眠気防止に役立つということなのです。

 

④ 眠たくなる時間を知って対応をする

人間には眠たくなる時間があります。

2~4時の間と14~16時の間です。

この時間は対策をとっていても眠気に襲われることがあります。

この時間帯に運転するときは眠気に襲われたと感じた時はすぐに休憩することが大切です。

その他、眠気を防ぐツボを押す、耳を思いっきり引っ張るなど身体に直接刺激を入れるなんて方法もあるようです。

 

運転前に眠気を防ぐまとめ

長時間の運転の疲れは自分が思っている以上に体へ負担をかけています。

特に脳が感じる負担はかなりのものであるようです。

そんな状況で強引に運転をしてもいいことは何もありませんよね。

そのためには、運転をする前にしっかり体調を整えておく必要がありますね。

楽しい思い出が、悲しい思い出にならないよう気をつけて運転してください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。