ひなまつりに「白酒」を飲む由来とは?甘酒とは何が違うの?

意外と知らない生活知識





ひなまつり,白酒,由来,甘酒,違い

 

こどもの節句のひとつである、ひな祭り。

子どものころはこの時期になると、お雛様を飾ったり、ひなあられを食べたりと、女の子の節句を楽しんだのを思い出します。

自分が親になってからは、娘たちのお雛様を毎年飾りつけ、ひなあられやひし餅なども準備して、毎年お祝いしています。

そんなひな祭りで準備するもののひとつに「白酒」があります。

ひな祭りの歌の中にも ♪少し白酒召されたか 赤いお顔の右大臣♪ とありますよね。

この白酒っていったいどんなお酒なのでしょうか?

そこで、『ひな祭りになぜ白酒を飲むのか、その由来について』を今日はお話していきたいと思います。

また、白酒は甘酒とは何が違うのかも調べてみました!

 

【スポンサーリンク】

ひな祭り?桃の節句?

3月3日は、ひな祭りですが、桃の節句とも呼ばれます。

節句とは、季節の節目となる日として、日本では、昔から年中行事が行われていました。

もともとは、中国からきた習慣で、季節の変わり目の節句に、旬の食べ物を食べて、邪気を払うのが目的です。

正しくは、上巳の節句(じょうしのせっく)と言われる3月の節句ですが、3月が桃の咲く時期で、桃には邪気を払う力がある事から、3月3日が、桃の節句と呼ばれるようになりました。

では、なぜ桃の節句が、ひな祭りの日になったのでしょうか?

もともと、中国には上巳節句に、川で身を清めて、災いや、邪気を払う習慣がありました。

これが、日本に伝わった時に、自分の災いを、人形に変わりになってもらい、

川に流すようになりました。この頃に、身代わりに流していた人形は、草や、わらや、紙などで作られた、素朴な作りの人形だったようです。

この素朴な人形に、病気や災いを、身代わりになってもらい、健康と幸せを願って、川や海に流してました。

また、この頃の貴族の女の子の間では、紙の人形で着せ替えや、ままごとをする『ひいな遊び』が、流行ってました。

人形を流して健康と災いを払う習慣と、女の子の人形であそぶ『ひいな祭り』が、合わさって、ひな祭りになったのです。

 

ひな人形を飾るのは?

ひな祭りの時に、もともとは、人形に災いや願いを込めて、川に流してました。

しかし、江戸時代の頃から人形を川に流すと、川や海が汚れという理由で流すのをやめて、飾るようになったと言われています。

娘の災いを引き受けて、幸せにしてくれるひな人形は、次第に、華やかな人形になり、徐々に豪華になっていきました。

当時は、豪華なひな人形を持っている事が、自慢になり、憧れの象徴にまでなったそうです。

そして、桃の節句には、ひな人形を飾って、女の子の成長・良縁・幸福を願い祝う日として、今のかたちになりました。

もともとは、性別や年齢は関係なく、全ての人の災いを払い、健康を願う日だったのが、長い年月をかけて、女の子の日になったといわけなんですね☆

 

【スポンサーリンク】

なぜ白酒?

ひな祭りの始めは先ほどもお話したように、上巳の節句といって、男女関係なく邪気を払う季節の節目の行事でした。

そして、その時に身の穢れを洗い流すという意味合いがあり、白酒が飲まれるようになりました。

白酒には伝説があるんです!

昔、大蛇をお腹に宿してしまった女性が、3月3日に白酒を飲んだとたん、胎内の大蛇を流産させることができたという言い伝えから、胎内に悪い子が宿らないようにと、厄除け、そして厄払いの意味を込めて白酒を飲むことになったといいます。

 

白酒を飲む理由は?

ひな祭りに白酒をのむようになった説のひとつに、中国のお酒である桃香酒説があります。

もともと白酒は中国の桃香酒のことを指していたといいます。桃香酒はその名の通り「桃の香りのするお酒」で、桃は邪気を払う効果と、百歳(ももとせ)まで生きるという長寿の意味もあり、邪気を払い、不老長寿を願う上巳の節句に飲まれていたといいます。

この桃香酒が白酒へと変わっていったということのようです。

 

白酒と甘酒の違いは?

白酒とは

白酒はアルコール度数が10%を超える立派なお酒で、味の特徴としては甘みが強い事が挙げられます。

作り方は、蒸したもち米に、みりん(焼酎や米麹を代わりに加える場合もあります)を加えて、数週間後に臼で引き下ろして作られます。因みに白酒は酒税法ではリキュールに該当する為、個人で勝手に作る事は禁止されています。

 

甘酒とは

水分を多めにして焚いた米やお粥に、米麹を加えて発酵させて作るのですが、白酒と違い一晩の発酵で完成します。その為に、『一夜酒』とも呼ばれています。

こちらは酒税法でお酒ではないと分類されているので作っても構いませんが、アルコール度数は1%前後含まれています。ですので、ソフトドリンク扱いになるんです。

上記の作りの違いを見て分かるように、白酒と甘酒は全く別の飲み物なんです。

 

しかし、ひな祭りの場などでは、大人は白酒を飲み、子供は甘酒を少し飲むようにされている事や、似ている見た目で同じ物であると勘違いする人が多くなってしまったため、白酒と甘酒が同じものと誤解をしている人が多いようです。

また、元々は白酒がひな祭りの定番であったのですが、アルコール度数の関係で甘酒を子供に与えるようになったと言われています。

長寿と厄払いのためにひなまつりに白酒を飲むようになりましたが、白酒はアルコールが入っているため、子供でも飲めるようにと、アルコールの入っていない色の白い甘酒を子供のために用意したということなんですね(^^)

他にも、白酒や甘酒は酒粕や麹から作られていることもあり、ビタミン・ミネラルが豊富なうえ、新陳代謝も上がるため健康や美容にもよいといわれているので、女性の祭りである ひな祭り に白酒や甘酒はぴったりの飲み物です。

しかし、似て非なるものであるので、お子様が間違えてアルコールの入っている白酒を誤飲しないように気を付けてくださいね!

 

ひな祭りに食べる食事?

ここまで、白酒についてお話しましたが、では、ひな祭りに食べる食事はいったいどのようなものがいいのでしょうか。

ひな祭りに食べる食べ物は?と、聞かれたら、きっと多くの方から「ちらし寿司」という答えが返ってくるかと思います。

TVのCMでもしていますし、スーパーのひな祭りコーナーではちらし寿司が売ってあります。

それでは、ちらし寿司以外の食べ物をみなさんはご存知ですか?

ひな祭りは、毎年3月3日に女の子の健やかな成長を祈る行事です。

食べ物も、古くから伝わるお祝い料理があります。

食材には春の旬のものが使われそれぞれの料理や色には、縁起のいい意味が込められています。

ちらし寿司

具材にこれらを入れることで縁起のよい食べ物となります。

① 海老・・・腰が曲がるまで長生きしますように
② れんこん・・・将来の見通しがいい
③ 豆・・・健康で、まめに働き、まめに生きる

なんだか、お節料理と似ていますよね。

 

はまぐりのお吸い物

昔から二枚貝は「お姫様」を意味していました。
中でも「はまぐり」は二枚対になっている貝殻でなければ、ピッタリと合いません。
このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と連れ添うようにという願いが込められています。

 

ひし餅

緑と白とピンクの餅を3段に重ねてひし形に切ったものがひし餅です。お雛様にもお飾りにひし餅が供えられていますよね(^^)
ひし餅が、ひし形になったのは江戸時代初期のことで3色になったのは明治時代に入ってからになります。それ以前は、緑と白の2色だったようです。

ひし餅に使われている3つの色にはそれぞれに意味があります。

緑・・・長寿や健康、草萌える大地
白・・・清浄、純白の雪
ピンク・・・魔除け、桃の花

また、緑色の餅にはよもぎ、白色にはひしの実が入りピンクの餅の色づけにはくちなしが利用されます。よもぎには増血作用、ひしの実には血圧を下げる効果がありくちなしには解毒作用があると言われています。

『ひし餅には、愛する娘の健康を願う親心』がたっぷりと詰まっているんですね(^^)

 

ひなあられ

ひなあられは主に4色のあられです。
白・・・大地のエネルギー
赤(桃色)・・・生命のエネルギー
緑・・・木々のエネルギーつまり、ひなあられを食べることで自然のエネルギーを体内に取り込み健やかに成長できますようにという願いが込められています。

また、ひなあられの白・黄色・桃色・緑の4つの色は、四季を表していると言われています。

いかがでしたか?

ひな祭りの由来や言い伝えを知ると、とっても有り難い親心のお祝いだということが分かりましたね☆

いつの時代も、親が子を想う気持ちは変わらないんですね♪

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。