カンパチやブリのような出世魚の味や栄養効果の違いとは?





カンパチ,ブリ,出世魚,違い,味,栄養

 

魚は焼いても煮ても美味しいので、好きな人は多いかと思います。

そんな美味しい魚には出世魚と呼ばれているものがあります。

カンパチやブリは出世魚の代表とも言えます。

カンパチやブリといった出世魚の呼び名の違いは、大きさだという事は知っているかと思います。

もちろん味も若干変わってきます。

しかし出世魚は大きさ以外にどんな違いがあるのか詳しく知らない人も多いです。

特に栄養に関しての違いが気になっている人も多いかと思います。

そこで出世魚の違いについてまとめました。

出世魚の栄養や味の違いについてもまとめたので、参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

出世魚とは?

出世魚とは、稚魚から成魚になる間に呼び名が変わる魚の事を言います。

成長と共に呼び名が変わる為、出世をするという意味から「出世魚」と呼ばれるようになりました。

そんな出世魚は縁起が良いとされているので、人気がある魚となっています。

出世魚は成長によって呼び名が変わってくるのですが、実は地域によっても呼び方が異なります。

例えばブリは出世魚の代表と言われています。

そんなブリの関西での呼び方は、ツバス、ハマチ、メジロ、ブリの順番で変わっていきます。

そして関東での呼び方は、ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリの順番です。

比べてみると、随分と呼び名に違いがあるのだと実感できるかと思います。

しかし、北陸など他の地域ではさらに呼び名が変わってきます。

地域によって呼び名が変わってくるので、出世魚は複雑な魚だと感じている人も多いです。

 

カンパチやブリの違いは?

出世魚の代表としてブリを上げましたが、ブリはカンパチと良く似た魚です。

その為、カンパチとブリの区別がつかない人も多いかと思います。

そんなカンパチとブリの見分け方を知ってみましょう。

まずは見た目についてです。

カンパチは少しだけ平たくなっているのが特徴となっています。

そして目と目の間に八の字のような模様があります。

その為カンパチという呼び名がつきました。

ブリは先端が丸く、細長いのが特徴です。

そして体の横には頭からしっぽの方に向かって黄色のラインがあります。

その黄色のラインより上が青、下が銀色となっている点がブリだと見分けるポイントかと思います。

次に切った後の見た目についてです。

まずカンパチは、淡いピンク色をしています。

ブリは血合いで赤い色をしています。

カンパチとブリの切り身を並べると色の違いがよく分かるかと思います。

 

ブリの呼び名の違い

ブリは出世魚の為、成長によって呼び名が変わっていきます。

しかし、どこで呼び方が変わってくるのか分からない人も多いかと思います。

そんなブリの呼び方が変わる基準は、大きさです。

魚の大きさによって成長を区別しています。

まず20cmまでのものを関東ではワカシ、関西ではツバスと呼んでいます。

そして40cmまでのものを関東ではイナダ、関西ではハマチと呼んでいます。

60cmまでのものを関東ではワラサ、関西ではメジロと呼んでいます。

そして80cmを超えるものをブリと呼んでいます。

このように、出世魚の呼び方は魚の大きさで変わっていくものとなっています。

 

【スポンサーリンク】

味や栄養の違いは?

出世魚は、成長によって呼び名が変わっていきます。

その呼び名は大きさによって変わっていくのですが、成長によって味や栄養が変わるのでは?と気になる人も多いかと思います。

まずは味について知ってみましょう。

出世魚は、成長すると共に身に脂が乗ってきます。

つまり小さめの場合には脂が少なくサッパリとした味となっています。

そして大きめの場合には、脂が乗っていてこってりとしているので食べ応えのある味となっています。

カンパチとブリは見た目が似ているので、味も似ていると思われがちです。

しかし実は産卵の時期が異なる為、旬の時期も異なります。

カンパチは夏から初冬が旬となっているので、6〜11月頃が食べ頃となっています。

そしてブリは冬が旬となっているので、11〜2月が食べ頃となっています。

旬の魚は脂が乗っていて美味しいものです。

食べる際には、どちらが旬の魚なのか考えてみると良いかと思います。

しかし中にはこってりと脂の乗った魚が苦手だという人もいます、

そのような人の場合には、旬になる前の小さい時に食べるのがおすすめです。

脂が少なめでサッパリとしているので、美味しく食べられるかと思います。

そして栄養に関しては、大きくなるにつれて脂が乗っているので栄養が豊富となっています。

大きくなる時期が旬となっている為、栄養が高い状態で食べたい場合には旬の時に食べるのが良いかと思います。

旬の時期には、栄養が高くなるだけでなく旨味も豊富に含まれています。

美味しくて栄養が高い旬の時期に食べる事をおすすめします。

カンパチ,ブリ,出世魚,違い,味,栄養

 

カンパチ・ブリの栄養効果の違いのまとめ

カンパチやブリは、成長と共に呼び名が変わっていく魚です。

このように成長と共に呼び名が変わる魚を「出世魚」と呼びます。

出世魚は縁起が良いとされているので、人気があります。

そんな出世魚の呼び方は大きさによって変わっていくのですが、地域によっても名前が異なります。

その為、出世魚は複雑な魚だと思っている人も多いです。

しかし出世魚は、成長すると共に身に脂が乗っていきます。

その為、旬の時期には脂が乗って美味しいものとなっています。

さらに旬の時期には、旨味や栄養も豊富に含まれているので美味しく食べる事ができます。

魚を食べる時には、ぜひ旬の魚を選ぶ事をおすすめします。

しかし、中には旬の魚の脂っぽい感じが苦手な人もいるかと思います。

そのような場合には、旬になる前に食べる事をおすすめします。

旬になる前は、まだ魚の体も小さいの脂が少なくサッパリとしています。

サッパリとしていても美味しいので、ぜひ食べてみてください。

そして出世魚の中でもカンパチとブリは見た目が似ている為、区別がつかない人も多いです。

そんな区別がつけにくいカンパチとブリは、身体の形や色で判断します。

さらに切り身にした場合には、色合いが異なるので比べると分かりやすいかと思います。

カンパチとブリの最大の違いは、旬の時期が異なるという事です。

カンパチは6〜11月頃、ブリは11〜2月頃が旬となっています。

旬の魚の方が脂が乗っていて栄養や旨味も豊富なので、食べる際にはどちらが旬なのか考えてみましょう。

魚はどんな風に調理をしても美味しく食べる事ができます。

縁起が良い出世魚を、ぜひ旬の時期に食べてみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。