鏡についた鱗汚れの落とし方とは?クエン酸、重曹、歯磨き粉など何が効果的なの?





鏡,鱗,汚れ,クエン酸,重曹,歯磨き粉,効果的

 

お風呂場に鏡がある場合には白い汚れがついてしまいやすいです。

この白い汚れは鱗汚れと呼ばれています。

鱗汚れは頑固なので落とすのに苦労をします。

そこで鏡についた鱗汚れを落とす方法についてまとめました。

鏡の鱗汚れを落とすには、クエン酸や重曹、歯磨き粉など自宅にあるもので簡単に落とす事ができます。

汚れの程度によって効果的ものが変わってくるので、適したものを使用して汚れを落としてみてください。

効果的な方法を実践して綺麗な鏡へと戻してみましょう。

【スポンサーリンク】

 

鏡の白い汚れ!原因は?

お風呂場に鏡がある人なら一度は汚れで悩んだ事があるかと思います。

お風呂掃除をしっかりとしていても鏡の汚れは付きやすいものです。

この鏡に付いてしまう白い汚れは、鱗汚れと呼ばれています。

鱗汚れは水垢の一種なのですが、落ちにくいので困ってしまいやすいです。

そんな鱗汚れの原因は水にあります。

水には様々な成分が含まれています。

鱗汚れの原因となる成分は、水に含まれている金属成分にあります。

水にはカルシウムやマグネシウムという金属成分が含まれています。

このカルシウムやマグネシウムは目に見えない物なのですが、水が蒸発する事で白く成分だけが残ってしまう特性があります。

この白く残ったものこそが鱗汚れです。

 

頑固な鱗汚れ!どうしたら良いの?

鱗汚れは掃除をしていても出来てしまうものです。

そして鱗汚れは落ちにくいので困ってしまいやすいです。

そんな頑固な鱗汚れは、自宅にあるもので掃除をする事で簡単に汚れを落とす事ができます。

特に効果のあるものはクエン酸、重曹、歯磨き粉です。

これらは鱗汚れを落とす効果があるのですが、汚れの程度によって適したものが変わってきます。

汚れの程度を確認してから、どれで鱗汚れを落とすのか考えてみましょう。

そして、これらを使用して鱗汚れを落とすには適した方法で掃除を行う必要があります。

適した方法を行わないと、鱗汚れを落とせない場合もあるので注意しましょう。

効果的な物や掃除方法を行って、綺麗な鏡へと戻してみてください。

 

【スポンサーリンク】

鱗汚れを落とそう!

まずお酢を使って鱗汚れを落とす方法をご紹介します。

鱗汚れはアルカリ性です。

そしてクエン酸は酸性なので、汚れを落とす効果があります。

鱗汚れができたばかりの場合には、雑巾やガーゼにクエン酸をしみこませて鏡を拭いてみましょう。

簡単に汚れを落とす事ができます。

もしこの方法で落ちない汚れがあった場合には、キッチンペーパーなどにクエン酸をしみこませて気になる汚れがある部分に貼り付けます。

貼り付けたまま置いておく事で少しずつ汚れを溶かしてくれるので、綺麗に落とす事ができます。

簡単な方法なので誰にでも出来ると思います。

 

次に重曹を使った方法をご紹介します。

重曹は掃除をする時に使える便利なものです。

肌にも優しいので手荒れなどが気になる方にもオススメのものです。

重曹を使って鱗汚れを落とす場合には、重曹を水で薄めて使用します。

そして、薄めた重曹を雑巾やガーゼなどにしみこませて鏡を拭きます。

しかし重曹は弱アルカリ性です。

そのため同じアルカリ性の鱗汚れは溶かせないので、なかなか綺麗になりません。

鱗汚れができたばかりの場合や少ししか出来ていない場合には良いかと思います。

 

そして最後に歯磨き粉を使用した方法をご紹介します。

歯磨き粉には研磨剤が含まれています。

この研磨剤が頑固な鱗汚れを落とす効果があります。

しかし研磨剤が入っているので強く擦るのは厳禁です。

指に少しだけつけて、優しく擦るようにしましょう。

そして鏡の種類によっては、歯磨き粉の研磨剤で傷がついてしまう可能性があります。

目立たない場所で試してから行うようにしましょう。

 

鱗汚れを作らないように予防しよう!

鱗汚れはできてしまうと掃除が大変です。

その為、鱗汚れができないように予防を行う事をオススメします。

鱗汚れは、水が蒸発する事でカルシウムやマグネシウムなどの成分が残ってしまう事でできてしまいます。

その為、水が蒸発する前に綺麗に鏡を拭いておく事で鱗汚れを予防する事ができます。

お風呂を掃除した後や入浴後など、鏡に水がついてしまった時にはその都度拭くように心掛けましょう。

家族がいる場合には、家族の人にも協力をしてもらって入浴後には鏡を拭いてもらう事をオススメします。

入浴後などに鏡を拭くための専用のタオルなどを洗面所に置いておく事で拭き忘れをしなくなると思います。

拭き忘れをしないようにする為に、工夫をしながら行ってみてください。

しかし予防を行っていても鱗汚れができてしまう場合もあります。

もし鱗汚れが出来てしまった場合には、早めに掃除を行う事をオススメします。

出来てすぐの鱗汚れは比較的、簡単に落とす事ができます。

その為、気が付いた時には掃除をして取り除く事で綺麗な鏡を維持できるようになります。

予防やこまめな掃除を行って、綺麗な鏡を維持するように心掛けましょう。

鏡,鱗,汚れ,クエン酸,重曹,歯磨き粉,効果的

 

鏡についた鱗汚れの落とし方のまとめ

鏡に出来やすい鱗汚れは、水に含まれているカルシウムやマグネシウムが原因となっています。

このカルシウムやマグネシウムは、水が蒸発する事で成分だけが白く残ります。

この白く残ったものこそが鱗汚れの原因です。

鱗汚れは、なかなか落ちないので困っている人が多いです。

しかし鱗汚れに適した方法で掃除を行う事で簡単に落とす事ができます。

そして頑固な鱗汚れは、クエン酸や重曹、歯磨き粉で掃除をするだけで簡単に落とせます。

誰でも簡単にできるので試してみてください。

しかし、鱗汚れはアルカリ性なので重曹だとなかなか落ちない場合があります。

頑固な鱗汚れを落としたい場合には、酸性のクエン酸で掃除をしてみましょう。

そして研磨剤が含まれている歯磨き粉は鱗汚れを落とす事ができるのですが、鏡の種類によっては表面に傷をつけてしまう場合もあります。

歯磨き粉で鱗汚れを落とす場合には、目立たないところで試して鏡に傷ができない事を確認してから行うようにしましょう。

そして頑固な鱗汚れは予防を行う事でできにくくすることが可能です。

入浴後やお風呂掃除をした後など、鏡が水で濡れてしまった時には拭くようにしましょう。

水を拭き取っておくことで、カルシウムやマグネシウムの成分が残ってしまう事を防ぐことが出来ます。

その結果、鱗汚れが出来にくくなります。

家族の人がいる場合には、家族の人にも協力してもらって予防を行っていきましょう。

しかし予防を行っていても鱗汚れができてしまう場合もあります。

もし鱗汚れが出来てしまった場合には、早めに掃除する事で簡単に落とす事ができます。

鱗汚れに気が付いた時には、早めに掃除をするように心掛けましょう。

正しい掃除の方法や予防を行って、綺麗な鏡を維持してみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。