サンタの正体が子供にばれた!手紙で願うクリスマスプレゼントはいくつまで?





サンタクロース,存在,ばれる,子供,手紙,クリスマス,プレゼント,いくつ

 

秋が深まり、風が冬の匂いになってくる頃。

あちこちのイベントでクリスマスのイルミネーション点灯が行われますよね。

そして、いろいろな場所でクリスマスツリーを目にしたり、クリスマスケーキの宣伝も始まります。

クリスマスと言えば、やはり『サンタさん』、そして『プレゼント』ですよね!

大人になってからよりも、子どもの時のクリスマスの特別感は格別です(^^)

私も子どもの頃、クリスマスシーズンになると、新聞広告に入ってくるおもちゃ屋さんの広告を穴が開くくらい兄弟と見ていました。笑

そして、「これが欲しい!」「でも、やっぱりコッチかな!」と、サンタさんに頼むプレゼントを探したものでした。

プレゼントが決まったら、次はサンタさんにそれを伝えなければいけません(^^)

サンタさんにお手紙を書いて、「○○が欲しいです!」と。

すると、クリスマス当日に、枕元にちゃ~んと欲しかったプレゼントが届いているんですよね☆

サンタさんは煙突から入ってくるというのですが、私の実家には煙突はないので、いつも窓のカギを開けて眠りについていました(^^)

クリスマスの思い出を振り返っただけでも、とてもホッコリとした気持ちになります♪

そして、私も親になり、いよいよサンタさんになる日がやってきました!

我が家の子ども達も、もちろんサンタさんの存在を信じています。

そして、私が子どもの頃にやっていたように、我が家の子どもたちも新聞広告に入るおもちゃ屋さんの広告を見て、欲しいものに○を付けて吟味しています。笑

そして、ふっと思うのです。

この子たちもいつかサンタさんの存在を信じなくなる日がくるのか・・・」と。

私自身、いつまでサンタさんの存在を信じていたのか覚えていないのですが、小学校中学年までは信じていたように思います。

私がサンタさんの正体を知ってしまったのは、周りのお友達からのタネ明かしだったと思います(^^;)

サンタさんの正体を知ってからもしばらくはプレゼントをもらっていました。

なぜなら、下に兄弟がいるので、その子たちがサンタの魔法から覚めるまでの間、私にもプレゼントがあったのです☆

しかし、学年が上がっていくと、プレゼントの内容は「物」から「お金」に変わっていったのでした。笑

そこで疑問に感じたのですが、『クリスマスのプレゼントはいくつまであげるもの?』ということです。

家庭によってバラバラだとは思いますが、今日はこれについてお話していきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

いつまでサンタさんを信じてる?

これについては、テレビや雑誌などでもインタビューやアンケート調査でよく話題になっていますが、結果は・・・

サンタクロースがいないと知った年齢の平均は8歳  なんです。

以外に早いな!と思った人が多いのではないでしょうか。

8歳と言うと小学2年生、もしくは3年生に当たりますが、2年生でサンタさんの正体を知ってしまうのは早い気が・・・。

また、サンタさんの正体をどうやって知ったのかを調査すると、

 

  • サンタの代理人作戦失敗!
    クリスマスの日に、親がサンタからといってボードゲームセットをくれたけど、そんなアホな!と思った(6歳の時)
  • 現実の教え方が雑
    サンタクロースに「○○が欲しい!」と手紙を書いていたら母親に「サンタはいないから。買ってやるから手紙お母さんに渡しなさい!」と言われたこと(5歳の時)
  • 友達・親戚・兄弟から
    姉が教えてくれた。ショックでその日はなかなか寝られなかった(12歳の時)

 

などなどでした。

なんだか、切ないですね~(>_<)涙

 

【スポンサーリンク】

サンタさんからのプレゼントはいつまで?

では、サンタさんからのプレゼントはいつまで、何歳までなのでしょうか?

これについてもテレビや雑誌などで調査されていて、その結果は・・・

サンタさんからのプレゼントは小学校卒業まで!としている家庭が多いようです。

その理由が、中学生になるとクリスマスプレセントを物でもらうのではなく、お金でもらい、自分で好きなものを買うケースが多いからとのことです。

(※まさに、私もこのパターンでした。)

 

サンタクロースおまけの疑問

日本では小学生まででしたが、では外国の場合はどうなのでしょうか(^^)

外国は日本以上にクリスマスをとても大切にしていますよね。

そこには、宗教も大きく関係していますが、外国の人々がクリスマスをお祝いする様子はいつ見ても「素敵だな~」と思います☆

では、アメリカの場合ですが、10代前半から10代半ばにかけサンタを卒業する家庭が多いようです。

それ以降になると、家族で贈り物をしあう風に変わっていきます。

つまり、それ以前がサンタからと一般に捉えているというわけなんですね♪

 

いかがでしたか。

サンタさんからのプレゼントに心弾ませていた幼い頃。。。

当時は分かりませんでしたが、あの時のお父さんサンタ&お母さんサンタの優しさと愛情に感謝感謝です☆

私も我が子たちがサンタの魔法から目を覚ますまでは、しっかりとサンタさんをしたいと思います♪(^^)

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。