あさりの砂抜きは50度のお湯で時短可能!開かない時は試してみよう





あさり,砂抜き,50度,お湯,時短,開かない

 

あさりは身体に良い食材として人気があります。

しかし、あさりは貝類なので砂抜きが必要な食材です。

時間がある時にはゆっくりと砂抜きをする事ができるのですが、時間がない時や急いでいる時にはゆっくりと砂抜きをする事ができません。

そして、急いでいる時に限ってなかなか貝が開かない事が多いです。

しっかりと砂抜きをできていない事で、食べた時に砂が入っていたりします。

せっかく食べるのだからこそ美味しく食べたいものです。

そんなあさりの砂抜きは50度のお湯で時短の行う事ができます。

そこで、あさりの砂抜きを50度のお湯で簡単に行う方法についてまとめました。

急いでいる時には、時短で行えるので試してみてください。

そして開かない時にも試してみる事で貝が開く場合があります。

是非、試してみてください。

 

【スポンサーリンク】

あさりの砂抜きとは?

あさりは、砂浜で暮らしています。

その為買ってきたあさりの中には砂が入ってしまっています。

調理をする前に砂を出しておかないと、食べた時に砂のじゃりじゃりとした食感が残ってしまいます。

そのじゃりじゃりとした食感をなくすためにも、あさりの砂抜きは大事な作業なのです。

あさりを美味しく食べる為にも、砂抜きをしっかりとする事をおすすめします。

しかし一般的にあさりの砂抜きには時間がかかります。

その為、時間がない時や面倒な時には時短で行いたいと考えるかと思います。

忙しい人の為にもあさりの砂抜きの時短で簡単な方法についてまとめました。

 

砂抜きは時間がかかります。

一般的にあさりの砂抜きを行う際には、あさりを広げて入れられる程の容器、お水とお塩を用意します。

そして容器の中にお水とお塩を入れて、海水程度の塩水を作ります。

この時、あさりの貝が少し見える程度の塩水を作るようにしましょう。

そして、その塩水の中に砂抜きを行いたいあさりを入れます。

重ならないように広げるようにしましょう。

そして冷暗所で保管します。

この時、あさりが水を飛ばしてくるので周りに水が飛び散らないように工夫が必要です。

おすすめの方法は、新聞紙を被せる事です。

新聞紙をかぶせる事で暗くもなりますし、水が飛び散る心配もありません。

スーパーで買ったあさりの場合には2〜3時間ほどそっとしておきます。

潮干狩りなどで持って帰ってきたあさりの場合には一晩、おく事をおすすめします。

一晩おく場合には、ある程度時間が経ったら塩水を交換するようにしましょう。

このように、あさりの砂抜きには時間がかかります。

あさり,砂抜き,50度,お湯,時短,開かない

 

☆時短で砂抜きできます!

時間がかかるあさりの砂抜きは、時短で簡単に行う方法があります。

時間がない時などには試してみてください。

あさりの砂抜きを時短で行う場合には、50度程度にお湯を準備します。

そして、あさりをお湯の中に入れます。

最初は貝同士をこすりつけるようにして、洗いましょう。

洗い終わったら5分ほど放置します。

徐々にお湯が濁ってきたリ、砂が出てくると思います。

時間に余裕がある場合には、15分ほど放置するとより綺麗に砂抜きを行う事ができます。

さらに、この方法は簡単に砂抜きを行える以外にもメリットがあります。

そのメリットとは、あさりが開かない時にも効果的となっている事です。

開かなくて困っていたあさりでも、50度のお湯で砂抜きを行う事で開く場合があります。

その他にも、あさりを美味しく食べる事ができるというメリットがあります。

この方法で砂抜きを行うと、一般的な砂抜きを行ったあさりよりも身がぷりぷりとしています。

その為、食べた時の食感が良いです。

時短で簡単に行えますし、美味しく食べる事が出来るようになるので行ってみてください。

 

【スポンサーリンク】

時短で砂抜きを行う際の注意点

50度のお湯で短い時間で砂抜きを行う事ができるのですが、注意点がいくつかあります。

行う際には、気をつけましょう。

まず、50度のお湯に入れてあさりを洗ったり、5分ほど放置した後に水を見てみてください。

水がとても汚れている場合には、あさりの砂抜きを十分に行えていない可能性があります。

お湯を取り換えてかき混ぜて、十分に汚れを落とすようにしましょう。

その他の注意点は、使用するお湯の温度です。

使用するお湯の温度が43度以下になってしまうと、菌が繁殖してしまいます。

菌が繁殖してしまうと、食中毒などを起こしてしまう可能性もあります。

そしてお湯の温度が60度以上になってしまうとあさりが煮えてしまいます。

その結果、砂抜きを行えていないままになってしまいます。

時短で砂抜きを行う場合には、お湯の温度は50度という事を守るようにしましょう。

おすすめは給湯器の温度を50度に設定して、そのお湯を使用する事です。

こうする事で、50度のお湯で正しく砂抜きを行う事ができます。

給湯器を50度に設定した場合には、砂抜きが終わった時には給湯器の温度の戻し忘れに注意しましょう。

 

あさりの砂抜きのまとめ

一般的にあさりの砂抜きには時間がかかります。

その為、急いで作らないといけない時や忙しい時には困ってしまうと思います。

しかしそんな時間のかかるあさりの砂抜きは、50度のお湯を使用する事で時短で行う事ができます。

50度のお湯で砂抜きを行う際には、まずは貝同士をこすりつけるようにして洗います。

その後5分ほど放置しましょう。

時間に余裕がある場合には、15分ほど放置する事でより綺麗に砂抜きが行えます。

お湯で砂抜きを行う事で、開かなくて困っていたあさりを開く事ができます。

そして50度のお湯で砂抜きを行ったあさりは、一般的な方法で砂抜きを行ったあさりよりも身がぷりぷりとしています。

その為、美味しく食べる事ができます。

時短で行えるだけでなく、他にもメリットがあるのでお湯で砂抜きをする事はおすすめです。

しかし、お湯で砂抜きを行う際にはお湯の温度を守る必要があります。

43度以下のお湯で行ってしまうと菌が繁殖してしまいます。

その為、食中毒などを起こしてしまう場合があります。

そして60度以上になってしまうと、あさりが煮えてしまいます。

砂抜きを行えていない状態で煮えてしまうと、食べた時に砂のじゃりじゃりとした食感を感じてしまいます。

50度のお湯で砂抜きを行うようにしましょう。

時短で行えるあさりの砂抜きにはメリットがたくさんあるので試してみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。