塩分を摂りすぎた時の対処法とは?どのくらいで摂りすぎと判断するの?

いつもニコニコ健康知識





塩分,摂りすぎ,対処法,どのくらい

 

生きていく上で食事は必要不可欠なものです。

スポーツや仕事を頑張ったあとには、空腹を感じて食事を取る人も多いです。

食事には様々な栄養が含まれているので、バランス良く食べるように心掛ける必要があります。

しかしバランス良い食事を取るのは難しいので、栄養が偏りがちな人も多いです。

特に普段から味付けが濃いものを好んでいる人は、塩分を摂りすぎている傾向にあります。

もし塩分を摂りすぎてしまった場合には、身体に不調を感じる可能性があります。

そのため塩分を摂りすぎてしまったと感じた場合には、正しい対処法を行なって身体の中から塩分を排出する必要があります。

そこで『塩分を摂りすぎたと感じたときの対処法について』まとめました。

塩分を身体から排出したい場合には、対処法を実践するようにしましょう。

しかし普段から塩分を摂りすぎている場合には、どのくらいで摂りすぎになるのか分からないという人もいます。

どのくらいの塩分を摂取したら摂りすぎと判断されるのかについても知っておきましょう。

 

【スポンサーリンク】

塩分は身体にとって必要不可欠なもの

人の身体は様々な栄養を必要としています。

特に塩分は身体にとって必要不可欠なものと言われています。

その理由は生命体が出来上がった歴史にあります。

なんと生命体は、海から誕生したと言われています。

そして海で誕生した生命体は長い期間、海で生きてきました。

そんな生命体は生きている間に進化をしていきます。

その進化は、身体の中にある体液に塩分を含むことでした。

海の中で生活してきた生命体が、陸や淡水で生活するには塩分が必要だったからです。

つまり私たちの身体の中にある体液には、塩分が含まれているのです。

そのことから身体にとって塩分は必要不可欠と言われているのです。

そして体液に含まれている塩分量は大人が体重の0.3%、子供が0.2%程と言われています。

塩分の摂り過ぎや摂らな過ぎは身体に負担が掛かります。

食事を取る際には、塩分に気を付けるように心掛けましょう。

そして人の身体の機能を維持するには、塩分の他に必須アミノ酸やミネラルが必要となっています。

バランスの良い食事を取りながら、身体にとって必要な栄養を補給するようにしましょう。

 

摂りすぎると感じる不調

食事を作る際には、塩やお醤油など様々な調味料を使って味付けを行います。

味付けは料理の決め手となるため、塩やお醤油などの調味料は重要なものです。

そんな調味料には、塩分が多く含まれています。

そのため塩分が多い食事を取り過ぎてしまった場合には、塩分を摂り過ぎてしまった状態になります。

塩分を摂り過ぎてしまった場合には、不調を感じることがあります。

塩分を摂り過ぎてしまったときに感じる身体の不調について知っておきましょう。

まず1番起きやすい不調は、むくみです。

人の身体は塩分を摂り過ぎてしまったときには、体液の塩分濃度も濃くなります。

すると身体は塩分濃度を低くしようと反応を起こして、喉が渇いたと感じるようになります。

その結果、水分を積極的に摂るようになります。

そして身体は、体内に入ってきた水分を溜め込んで身体の中の塩分濃度を低くしようとします。

つまり水分が身体に溜まるので、むくみが起きます。

喉の渇きやむくみを頻繁に感じる場合には、塩分を摂り過ぎている可能性があります。注意しましょう。

そして長期間、塩分を摂り過ぎてしまった場合には身体に大きな負担を掛け続けることになります。

特に腎臓に大きな負担を掛けます。

そのため腎臓の病気になってしまう場合もあります。

さらに塩分を摂り過ぎてしまった場合には、高血圧になる危険性もあります。

健康な身体を維持する為にも、塩分の摂り過ぎには注意しましょう。

 

【スポンサーリンク】

摂りすぎてしまったときの対処法

塩分を摂り過ぎてしまった場合には、喉の渇きやむくみを感じることがあります。

体内の塩分濃度が高い状態が続いてしまった場合には、病気になってしまう危険性もあります。

もし塩分を摂り過ぎてしまったと感じた場合には、どのように対処したら良いのか知っておきましょう。

塩分を摂り過ぎてしまった場合には、身体の中から塩分を排出する必要があります。

そして塩分を排出したいときにオススメなのが、カリウムです。

カリウムは塩分と水分くっつけて排出する働きがあります。

そのため塩分の摂り過ぎだと感じた場合には、水分だけでなくカリウムも摂る必要があります。

カリウムを豊富に含んだものを食べるようにしましょう。

そして塩分を排出する働きがあるカリウムを豊富に含んだ食材には、アボカドやバナナ、納豆があります。

どの食材も手軽に食べられるものなので、日頃から積極的に食べることができます。

塩分を摂り過ぎてしまったと感じたときには、カリウムを豊富に含んだ食材と水分を摂るように心掛けましょう。

しかしカリウムと水分を摂っても身体に負担を掛けることに変わりはありません。

そのため、日頃から塩分を摂り過ぎないように心掛けることが必要です。

料理を作る際には薄味を心掛けましょう。

 

どのくらい摂取したら摂りすぎ?

忙しい生活を送っている人は、料理をして食事を取ることが難しいです。

そのため、忙しい人は外食やコンビニ弁当などで食事を済ませてしまう事が多いです。

しかし外食やコンビニ弁当は塩分が多いため、塩分を摂りすぎてしまいます。

そのことから個人差はあるのですが、平均して10gほどの塩分を摂っている人が多いです。

しかし1日に塩分を10gほど摂ってしまった場合には、塩分の摂りすぎで病気になってしまう可能性が高くなります。

まずは普段の食生活を振り返って考えてみましょう。

そして実は塩分は1日に5g程度を摂る方が良いとされています。

もちろん高血圧の人や腎臓などの病気の人の場合には、5gよりも少ない方が良いです。

食生活を見直したときに、塩分を摂りすぎていると感じた場合には減塩をするように心掛けましょう。

そして、出来るときには自分で料理を行って塩分控えめの食事を取る工夫を行っていきましょう。

 

塩分の取り過ぎについてのまとめ

人の身体は、色々な栄養を上手に取り込みながら身体の機能を維持しています。

その身体の機能を維持するために必要な栄養素の1つに、塩分があります。

塩分は人の身体を維持するためには絶対に必要なものとなっています。

しかし、そんな塩分は摂りすぎてしまうことで病気になってしまう可能性があります。

そして最近では、仕事などが忙しいことで外食やコンビニ弁当で食事を済ませてしまう人が増えています。

その結果、気が付かないうちに塩分を摂りすぎてしまっている人が多いです。

もし塩分を摂りすぎていると感じたときには水分やカリウムを豊富に含んだものを食べることで塩分を身体の外に排出することができます。

外食をした日やコンビニ弁当で食事を済ませてしまった日には、カリウムを豊富に含んだアボカドやバナナを食べるようにしましょう。

しかし毎日のように塩分を摂りすぎてしまっている場合には、将来的に高血圧や腎臓の病気になってしまう可能性があります。

塩分の摂りすぎで病気になってしまう前に、現在の食生活を見直して改善していく努力をしていきましょう。

そして、可能な時には自分で料理を行って食事を取るなどの工夫も行っていきましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。