日本酒初心者の飲み方やマナーとは?





日本酒,飲み方,初心者,マナー,大人,恥

 

バーベキューと相性が最高な冷たいビールもおいしいのですが、大人として日本酒も美味しくいただきたいですよね。

12月は忘年会、1月は新年会とお酒を飲む機会が増えるので日本酒のマナーを学んでおきましょう。

「マナー」と聞くと堅苦しいイメージがありますが、仲間とおいしい日本酒を嗜むためにはマナーや飲み方を覚えておいたほうが落ち着いて味わえますよ。

今回は忘年会や新年会を控えた皆さんに日本酒のおいしい飲み方とマナーをご説明いたします。

 

【スポンサーリンク】

お酌をする時のマナー

乾杯前または乾杯後にいずれも相手の器にお酒が入っていなかったらお酌をしますね。

特に、大切な席では一挙手一投足チェックされていると心構えをしておいたほうが良いでしょう。

大切な席を控えていたら家で練習あるのみです!

 

  • お酌をするタイミングは?

相手のお酒が無くなる直前か無くなった後です。

優先順位は招待側からお客様へ、目下の部下から上司へというのが基本となります。

テーブルを囲んでいる人数が複数人で対等の立場である場合は、最初に対面に座っている方へ、次に右側の方へ、続いて左側の方へお酌します。

ここでのマナー違反は、勝手に注ぐことです。

必ず一声掛けましょう。

 

  • お酌をするときの動作は?

お酒が入っているサーバーを徳利(とっくり)といいます。

この徳利を右手で持ち左手は底の方を支えます。

この時、徳利のデザインによって注ぎ口がついているものもありますが、この注ぎ口からお酒を注ぐのではなく注ぎ口を上にしてお酌をするのがマナーです。

そして徳利が盃(さかずき)に触れないよう八分目くらいまで注ぎます。

因みに、盃とは日本酒を飲むための謂わば、コップです。

 

お酌を受ける時のマナー

盃を右手に取って左手で支えます。

必ず両手で支えて持つようにしましょう。

もし、お酒に弱くて飲めない・車などで来ていて飲めない場合は丁重にお断りしましょう。

飲めない事はないけれど、お酒に弱く自分のペースを守りたい場合はゆっくりゆっくり時間をかけて飲むよう心がけましょう。

相手方に合わせることも大切ですが、ペースを乱して酔い潰れたら大切な席です・・・。

【スポンサーリンク】

日本酒が注がれる盃別の飲み方・マナー

お酌の方法とマナーをご説明していきましたが、日本酒には注がれる盃によって飲み方にもマナーがあります。

これを読んだらおいしい日本酒が待っていますよ!(笑)

 

お猪口(おちょこ)の場合

お猪口に注いでいただいたら、そのままテーブルに戻さず一口つけてからテーブルに置きましょう。

一口もつけずにテーブルに置くのは失礼になってしまいます。

その後は無理をせず自分のペースに任せて大丈夫ですよ。

日本酒はアルコール度数が強いので、あまり強くない方はゆっくりゆっくりチビチビと時間をかけてくださいね。

 

  • 升(ます)の場合

木の升(ます)の中にグラスを置いて溢れるまでなみなみと注いでくれる「もっきり」という飲み方があります。

どう飲んだら良いか迷う方も多いですが、升に注がれた日本酒から飲んでも日本酒が注がれたグラスから飲んでも大丈夫です、順番に決まりはありません。

初めて「もっきり」を出された方やあまり飲みなれていない方は、グラスの日本酒を飲んでから升の中のお酒をグラスに移して飲む、という方法がオススメです。

グラスの底には日本酒で濡れているので、おしぼりなどで拭うようにしてくださいね。

 

おいしい日本酒を飲むために…

お酒は場を和ませたり楽しい雰囲気にしてくれたりと、素敵な飲み物です(笑)。

私もお酒は大好きなのですが、おいしい日本酒を楽しく飲むためにはやはり最低限のマナーは心得ていたほうが良いでしょう。

因みに、ビールのマナーはこちら

 

ビールの注ぎ方はマナーが重要〜正しい注ぎ方でおいしさアップ〜

 

をご参照くださいね。

二日酔いに気をつけつつ楽しい忘年会・新年会を送りましょう!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。