首をポキポキ鳴らす癖がある人必見!関節への危険性を意識しよう。





首,ポキポキ,鳴らす,関節,癖,危険

 

首や肩に疲れが溜まってくると首の関節をポキポキと鳴らす人がいます。

首の関節をポキポキと鳴らすとスッキリした感覚があります。

そのスッキリとした感覚は癖になりやすいです。

さらに首の関節を鳴らす事で疲労を改善したような感覚があります。

しかし、首の関節を鳴らす事は危険だと言われています。

そこで首の関節を鳴らす危険性についてまとめました。

ポキポキと鳴らす癖がついてしまっている人は危険性を理解したうえで、鳴らさないように努力していきましょう。

 

【スポンサーリンク】

首の関節が鳴る原因は?

首や肩に疲労が溜まった時には、首の関節を鳴らす人が多いです。

首の関節は鳴らす事でポキポキと軽快な音がします。

この音は爽快感があるのですが、なぜ鳴るのかは分からない人が多いです。

この関節の音は、関節の仕組みが深く関わっています。

人間の関節は、骨と骨が合わさって1つの関節が作られています。

骨同士が当たってしまうと、上手く関節の役割を果たせなくなってしまいます。

さらに骨は固いので、骨同士が直接当たってしまうと痛みを伴います。

関節が傷みを感じる事なく役割を果たせるようにする為に、軟骨や関節液というものも存在します。

軟骨は骨同士が当たらないように守る役割をしています。

そして関節液は、関節の動きをスムーズにする役割があります。

その関節液は、疲労や老化、運動不足などによって気泡ができます。

首をポキポキと鳴らした時になる音は、この気泡が破裂する音だと言われています。

 

首の関節を鳴らすのは危険?

疲労や老化などによって関節液の中にできてしまった気泡は、破裂する事で軽快な音がします。

心地の良い音なので、首や肩に疲労が溜まった時に鳴らして爽快感を味わいたいと思っている人が多いです。

しかし、首の関節を鳴らす事は危険なのです。

実は首の関節を鳴らす癖が続くと、関節液に気泡が溜まりやすくなります。

そして気泡が溜まりやすくなる事で、鳴らす頻度が増えていきます。

ポキポキと頻繁に鳴らす事で、首の骨が変形してしまう可能性があります。

首の骨が変形してしまうと、痛みを感じるようになったり、首や肩の血流が悪くなってしまうのです。

その結果、肩こりが悪化したり、将来的に脳卒中になってしまう可能性が高くなります。

関節を鳴らす事に爽快感はあるのですが、将来的に病気になってしまうので鳴らしてしまう癖を治す事をオススメします。

首,ポキポキ,鳴らす,関節,癖,危険

 

首の関節を鳴らしたくなる理由

首や肩に疲労が溜まると不快感を感じます。

その不快感は気になってしまうので、取り除きたくなります。

首の関節をポキポキと鳴らす事で、この不快感を緩和する事ができます。

しかし、ポキポキと鳴らしても首や肩の疲労を改善する効果はありません。

ポキポキという音に爽快感を感じている為、疲労が改善したように感じるだけなのです。

つまり首の関節を鳴らさないようにするには、首や肩の疲労を改善する必要があります。

首や肩に疲労を溜めないように、原因を考えてみましょう。

そして疲労が溜まる原因が分かった時には、その原因を改善するように努力してみましょう。

その他にも首や肩に疲労が溜まった時には首の関節を鳴らさずに改善できる方法を考えてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

鳴らさずにスッキリさせる方法

首の関節を鳴らしてしまうのは癖になっている人が多いです。

癖になっていると無意識のうちに行ってしまっている為、鳴らさないようにするのが難しいです。

首の関節を鳴らす癖を改善するには、意識をして鳴らさないように気を付けなければいけません。

しかし鳴らさないように我慢をすると、疲労感や不快感も我慢する感覚になる為苦痛を感じやすくなります。

鳴らさないように我慢をする際は、関節を鳴らす以外の方法で疲労感や不快感を改善するように心がけましょう。

オススメの方法は首のストレッチです。

首や肩を回すだけで充分ストレッチの効果があります。

首や肩に疲労が溜まらないようにする為に、こまめにストレッチを行うようにしましょう。

特にパソコンやスマートフォンの使用時間が長い人は、首や肩に疲労が溜まりやすい傾向があります。

疲労が溜まりやすいと自覚がある人は、パソコンやスマートフォンの使用時間を減らすように心掛けましょう。

ストレッチの他にも肩や首を温める事で疲労を改善する事が可能です。

入浴をする際には、よく温まるように心掛けましょう。

長時間の入浴が難しい場合には、カイロや湯たんぽなどで温める事で同様の効果を得る事ができます。

疲労を感じた際は温めて改善してみましょう。

 

首の関節を鳴らすのは危険のまとめ

首の関節を鳴らす事は、ポキポキと軽快な音がするので爽快感があります。

この爽快感は癖になりやすい為、頻繁に鳴らしてしまう人が多いです。

そして首の関節を鳴らしたくなる理由は、首や肩に溜まった疲労から起きる不快感を改善したいからです。

首や肩に疲労が溜まった時に無意識に鳴らしている人が多いので、癖を治すのは難しいかと思います。

しかし首の関節を鳴らし続けると、首の骨が変形してしまう可能性があります。

さらに首の骨が変形してしまう事で、痛みを感じるようになったり、首や肩への血流が悪くなってしまい肩こりを悪化させてしまう場合もあります。

肩こりだけでなく、将来的に脳卒中になってしまう可能性も高くなるので注意が必要です。

首の関節を鳴らす癖を治すには、鳴らさないように意識する必要があります。

首や肩に疲労が溜まって、鳴らしたくなってしまった場合には首のストレッチを行うようにしてみましょう。

首のストレッチを行う事で、首や肩の疲労を改善する事が可能です。

さらにストレッチだけでなく、首や肩に疲労を感じた時には温める事で改善する事も可能です。

入浴の際に温めてみたり、カイロや湯たんぽで温めるなどしてみましょう。

その他にも、首や肩に疲労を溜めないように心掛ける必要があります。

パソコンやスマートフォンを使う人は、疲労を感じやすくなります。

パソコンやスマートフォンの使用時間を減らすなど予防も行っていきましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。