野菜室の温度を知って上手に使いましょう〜冷蔵庫は収納の量で温度が変わります〜





 

秋野菜が美味しい季節ですね!

少しずつ涼しくなってきて、秋が旬である野菜がスーパーに並び始めました。

ところで、皆さんは野菜室の上手な使い方をしていますか?

野菜は冷蔵庫で正しく保存しなければ却って傷みが進みます。

上手な使い方は野菜室の温度や野菜の保管法にあります。

野菜室の平均温度、上手な保管方法を知って美味しさや鮮度を保つ冷蔵庫の使い方をご伝授いたします。

 

【スポンサーリンク】

冷蔵庫の野菜室の平均温度は?

野菜を上手に保管するにはまず、冷蔵庫の温度を知っておかなければなりません。

冷蔵室と野菜室は温度が違います。

冷蔵室はメーカーによって若干の差はありますが平均3〜5℃、野菜室は5〜7℃と野菜室のほうが少し高めです。

その理由は、野菜(特に暑い地域で収穫される野菜)の中には冷やし過ぎると低音障害がおこり鮮度が落ちやすくなるためです。

ですから、なるべく冷蔵室で保管するよりも野菜室に保管したほうが鮮度を保てますよ。

 

野菜の上手な保存方法

ただ野菜室にポイポイ保存するのは上手な使い方とはいえません。

野菜の鮮度を保つために野菜室の上手な使い方や保存方法を夏野菜を中心にご紹介します。

 

  • トマト

熟しているものはジップロックの袋に入れて野菜室に保存します。

まだ青いものは赤くなるまで常温で保存すると自然に熟します。

カビが生えやすいので注意が必要です。

 

  • キュウリ

水や熱、急激な温度変化に弱い野菜です。

ラップやジップロックの袋に入れて野菜室に立てかけて保存しましょう。

 

  • なす

風に弱く、水分が蒸発しやすい野菜です。

水分が蒸発すると早くしなびてしまうので一個ずつラップで梱包して野菜室に保存しましょう。

【スポンサーリンク】
  • レタス

鮮度が落ちやすい野菜なので早めに食べましょう。

水分があると傷みやすいのでラップに包んで上から新聞紙で包むと良いですよ。

また、レタスの場合は野菜室ではなく冷蔵室で保存します。

一度で使い切れない場合は、使用する都度葉を一枚剥がしながら食べるとレタスの栄養を体内に摂取できます。

 

  • ピーマン

水気が大敵で、一個でも傷み始めると周りにも伝染るため、一個ずつラップで梱包しましょう。

包丁を入れたら使いきったほうが懸命です。

 

  • かぼちゃ

1個丸ごとの場合は冷蔵庫で保存するよりも風通しの良い所で保管した方が冷蔵庫の場所を取りません。(この状態で1ヶ月は保存できます。)

カットした場合は種とワタをきちんと取り除いてラップをして野菜室で保存しましょう。

カットした場合は10日以内で食べ切るようにしましょう。

 

全野菜共通!保存方法を参考にするには

スーパーの生鮮食料品コーナーの置き方を参考にして保存すると良いでしょう。

丸ごとの野菜か、カットした野菜かで保存方法に違いはありますが、立てかけて販売しているものは家の冷蔵庫でも立てかけて保存したり、常温で販売しているものは家でも常温で保存しても大丈夫といえます(但し、早めに食べるに超したことはありません。)

冷蔵で販売している野菜は、お店によって温度が表示されているので参考にするために注目してみると良いですね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。