菜種油が危険ってホント?オメガ系の油の効果とは?

おいしく食べたい料理・食品知識





菜種油,危険,オメガ,効果

 

スーパーには色々な種類の料理油が販売されています。

その為、油を購入する際には迷ってしまう人が多いです。

そんな数多く販売されている油の中には、菜種油と表示されているものがあります。

菜種油には必須脂肪酸のオメガ系が豊富に含まれています。

オメガ系の油は身体に良いと聞いた事があるという人が多いので、購入する人が多いです。

しかし、菜種油は危険と言われています。

そこで『菜種油が危険と言われている理由やオメガ系の油の効果について』まとめました。

危険と言われている理由やオメガ系の油の効果を理解した上で、料理油を選ぶようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

菜種油とは?

スーパーには様々な料理油が販売されています。

その中の1つに「菜種油」があります。

菜種油は植物の菜種から抽出した油のことで、身体に良いと言われている事も多いです。

そして、比較的安い値段で販売されているので購入している人が多いです。

そんな菜種油はオメガ系の油と言われています。

このオメガ系とはどんなものなのかについて知っておきましょう。

 

菜種油には必須脂肪酸のオメガ系が豊富!

人間は生きていく上で必要な脂肪があります。

その脂肪は「必須脂肪酸」と呼ばれるものです。

この必須脂肪酸には、色々な種類が存在します。

そして、有名なのが「オメガ3」や「オメガ6」です。

その必須脂肪酸のオメガ系は、菜種油に豊富に含まれています。

その為、必須脂肪酸を摂取したいという考えから菜種油を購入する人が多いのです。

 

オメガ系の効果は?

必須脂肪酸のオメガ系が菜種油に豊富に含まれているのですが、どんな効果があるのか知らない人も多いです。

どんな効果があるのか理解した上で摂取するようにしましょう。

 

オメガ3について

まず必須脂肪酸のオメガ系の中で1番有名なのが「オメガ3」です。

オメガ3は別名「リノレン酸」と言います。

このオメガ3は、中性脂肪を下げる効果が期待できます。

その為、健康に気を使っている人にはオススメの成分となっています。

さらに、このオメガ3からDHAやEPAといった成分が作られることが分かっています。

DHAは脳を活性化する効果が、そしてEPAは血液を良い状態に保つ効果が期待できます。

つまり脳や血液に良い影響を与えてくれます。

 

オメガ6について

そして次に有名なのが「オメガ6」です。

オメガ6は別名「リノール酸」と言います。

このオメガ6にはコレステロールや血圧を低下させる効果があります。

その為コレステロールや血圧が高いと指摘されている人が積極的に摂取してきました。

しかし、このオメガ6は摂りすぎてしまう事で免疫力を抑制してしまいます。

その結果、アレルギーを引き起こしてしまう危険性があります。

摂りすぎには注意しましょう。

 

オメガ9について

そして、もう1つ有名なのが「オメガ9」です。

オメガ9は別名「オレイン酸」と言います。

このオメガ9には、悪玉コレステロールを減少させる効果があります。

その為、悪玉コレステロールが増えすぎてしまう事で引き起こす動脈硬化や糖尿病を予防する事ができると言われています。

これらの病気を予防したいと考えている人は、オメガ9を積極的に摂取している場合が多いです。

つまりオメガ系は、健康になる良い成分だと言えます。

 

【スポンサーリンク】

菜種油は危険?

オメガ系は身体に良い影響を与えてくれる成分なのですが、そのオメガ系を豊富に含んだ菜種油は危険なものと言われています。

菜種油が危険と言われるのには理由があります。

まず菜種油を抽出する為の菜種に原因があります。

実は国内で生産されている菜種が少ない為、菜種油に使用されている菜種はカナダ産のものが多いです。

そして、カナダ産の菜種は遺伝子組み換えが行われたものとなっています。

実は遺伝子組み換えは歴史が浅いものです。

そのため遺伝子組み換えが行われたものを長期的に摂取する事で、将来的にどんな影響があるのか分かっていません。

その事から、菜種油を使用するのは危険と言われています。

さらに菜種油を抽出する工程にも問題があると言われています。

その理由は菜種油を余すことなく抽出するために、石油系の溶剤が使用されているからです。

この石油系の溶剤は有害な成分なのですが、揮発性のものなので抽出した菜種油には害がないとされています。

しかし、有害な成分を使用して抽出された油だと知ると、抵抗を感じる人が多いのです。

つまり、これらの理由で菜種油は危険と言われています。

しかし、国内産の菜種を使用して抽出した菜種油には、これらの危険性はありません。

その為オメガ系を豊富に含む菜種油を使用したい場合には、国内産のものを使用する事をオススメします。

購入する際には、ラベルの表示を確認するように心掛けましょう。

菜種油,危険,オメガ,効果

 

菜種系油についてのまとめ

植物の菜種から抽出した油を「菜種油」と言います。

そんな菜種油はスーパーで販売されている料理油の一種です。

比較的安い値段で販売されているので、気軽に購入する事ができるものとなっています。

菜種油には生きていく上で必ず必要な「必須脂肪酸」のオメガ系が豊富に含まれています。

そのオメガ系は身体や健康に良い影響を与える効果がある成分となっています。

その為、オメガ系を摂取したいという考えから菜種油を使用している人も多いです。

しかし、菜種油は危険なものと言われています。

その理由は、使用されている菜種がカナダ産の遺伝子組み換えされたものという事が関係しています。

遺伝子組み換えされたものを長期的に摂取した場合、どんな影響を身体に与えるのか分かっていないため危険と言われています。

さらに菜種油を抽出する際には、有害な石油系の溶剤を使用しています。

この石油系の溶剤は揮発性のものなので抽出した菜種油には害がないとされています。

しかし、有害なものを使用して抽出した油なので、危険と言われる要因の1つとなっています。

もちろん国産の菜種を使用して抽出した菜種油には、これらの危険性がないです。

購入する際には、国産のものを購入するように心掛けましょう。

そして安全な菜種油を使用して、オメガ系の効果を得るようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。