もう限界!子育てでイライラが止まらない!ストレスを溜めない上手な叱り方はあるの?

スクスク子育て知識





子育て,イライラ,止まらない,限界,ストレス,叱り方

 

まずは、子育て奮闘中のお母さま方、毎日お疲れさまです。m(_ _)m

今日はそんな育児に一生懸命頑張っておられるお母さま方に子育て中のイライラとストレスについてお話したいと思います。

「もう限界…。疲れた…。」となる前にこの記事に出会っていただけることを願って書かせていただきます。

そもそも、子育て中にイライラやストレスを感じることは決して悪いことではありません。

イライラやストレスを感じておられるお母さまや、「こどもを叱ってばかりいる私は母親失格だわ…。」と感じておられるお母さま。

あなた方はお子さんの成長にしっかりと向き合っている証拠であり、お子さんと本気で関わっておられるということです。

つまり、頑張って子育てをしているということですので、どうか自信を持ってくださいね!

そこで、今回は子育てでイライラしないためについてかいてみました。

 

【スポンサーリンク】

イライラしてしまう原因とは?

では、どのような場面でイライラやストレスを感じるのかをみていきましょう。

 

  • 言うことを聞いてくれない
  • 何度同じことを注意してもまた繰り返す
  • こちら(母)の状況はおかまいなしにワガママを言ってくる
  • 他の子はできているのにうちの子はできない …etc

 

多くの方は上記のような場面でイライラやストレスを感じておられるのではないでしょうか。

 

子どもに必要な言葉かけとは?

こども(幼少期)に一番大切なことは自己肯定感(自己評価)を感じさせてあげることです。

この自己肯定感は「自分は大切な人間なんだ!」「私には価値があるんだ!」「自分は必要な人間なんだ!」という気持ちをいいます。

この自己肯定感が低いと幸せを感じにくくなり、人生において苦しい場面に多々出会うことになります。

イライラして、つい怒ってばかりいるお母さま。ストレスが溜まってときに暴言に近いような言葉でこどもを責めてしまうお母さま。

時には感情が高ぶって限界まできてしまいこどもを叩いてしまうことがあるお母さま。

それらはお子さんへの愛情の深さの裏返し。

叱った後にあなた方が猛省していることを同じ母であるわたしは知っています。

でも、自分のこどもが将来たくさんの幸せを感じ、豊かな人生を歩んでいってくれたら、それは親にとってこんなに嬉しいことはないですよね!

では、我々のこどもがそうなれるように、いくつかのポイントをおさせて接してみましょう。

 

【スポンサーリンク】

叱り方について

みなさまはどのようにお子さんを叱っておられますか。「○○したらダメでしょ!」「あなたは本当にダメな子ね!」などなど、頭ごなしに叱ってしまうことはありませんか?

しかし、この叱り方ではこどもには響きにくいのです。

では、どのように叱ったらこどもの心に響くのでしょうか。

それは、共感しながら叱る ことがポイントになります。

こどもがなぜ悪いことをしてしまったのかをこどもの気持ちまで目線を落として考え共感してあげることで、こどもは「お母さんはわたしのことをちゃんとわかってくれている!」「わたしは認められている!」と感じます。

つまり、自分が大切にしてもらっているという自己肯定感から前向きに生きていこうという気持ちがどんどん芽生え、何事に対しても意欲的に取り組むことができます。

その上で相手を大切にする思いやりの気持ちや善悪を判別する力やなどを養っていきます。

しかし、叱るという場面はこどものマイナスの感情を受け止めるということになるので、親にとってはグッと自分の気持ちを抑え込んで、こどもの気持ちに寄り添わなければなしません。

すぐにでも怒って注意したい気持ちを抑え、冷静さをキープすることが必要になるので少し大変ですが、こどもにとってはマイナスの感情を受け止めてもらえたことは自己肯定感をひしひしと感じる機会になります。

そうは言っても命に関わる危険な行動などに対してはガツンッと叱らなければなりません。

つまり、状況はさまざまですので、叱り方のバリエーションをお母さまが持って使いこなすことがポイントになってきます。

自己肯定感をしっかり感じ、親との信頼関係の基盤をつくる幼少期にこそ、今の叱り方について振り返ってみていただけたらと思います。

 

こどもの幸せは親の幸せ!

こう感じることができれば、きっとみなさまも明日からお子さんへの子育てに対して、またひとつ新たな気持ちで楽しめると思います。

子育てとは終わりなき長い道のりです。そして、子育ては同時に親育てでもあります。

こどもと共に親も一緒に成長していきましょう!

 

最後に…

今日は子育てに奮闘中のお母さまへの記事内容でしたが、わたしは声を大にして言っておきたいことがあります!!

子育ては母親だけの仕事ではありません。

そこのお父さん!!あなたもしっかりと子育てに参加してくださいね!!

子育てに奮闘中の母のストレスはこどもに対してだけではありませんよ。

それをお忘れなきようにお願い致します。

そして、日々頑張っている母への感謝も決してお忘れなきように。。。☆彡

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。