レインコートの洗濯や防水・撥水のお手入れとは?〜長持ちさせるには手洗いがおすすめです〜





レインコート,洗濯方法,お手入れ,撥水,手洗い,長持ち

 

雨が降ってしまった日は移動の際にレインコートが活躍します。

特に子どもの場合やバイクや自転車に乗る人の場合には、雨の日にはレインコートが必需品となっていると思います。

そんなレインコートは使用していると汚れてしまう場合があります。

汚れてしまった後や使用した後には洗ったり乾かしたりしていると思いますが、レインコートの正しい洗濯方法が分からない人も多いです。

レインコートは正しいお手入れや洗濯方法を行わないと臭くなってしまったり、撥水効果が薄れてしまう可能性があります。

そこでレインコートを長持ちさせる洗濯方法についてまとめました。

上手に洗濯を行ってレインコートを長持ちさせてみましょう。

そして正しいお手入れを行って撥水効果を維持してみましょう。

 

【スポンサーリンク】

レインコートは雨の日に大活躍!

雨の日には傘を差して外出する人が多いのですが、子どもの場合やバイク、自転車に乗る人の場合はレインコートを使用しているかと思います。

特に風や雨が強い日などには、傘だけでは防げない場合があります。

そんな時にレインコートを着ていると、洋服が濡れずに済むので便利です。

便利だからこそレインコートを使用している人が増えてきたのですが、お手入れについては知らない人が多いです。

レインコートは濡れてしまう物なので、使用した後には乾燥させているかと思います。

しかし濡れただけでなく汚れてしまった場合には、洗濯も行わなければいけません。

便利なレインコートだからこそ正しい洗濯方法やお手入れを行って長持ちさせるようにしましょう。

 

レインコートを洗濯したことありますか?

子どもがレインコートを使用している場合には、水たまりの水や泥が跳ねてしまい汚れてしまう場合があります。

バイクや自転車に乗る際にレインコートを使用している人も、泥が跳ねやすいので汚れやすいと思います。

レインコートが汚れてしまった場合には綺麗に洗濯をしたいと思うのですが、どのように洗濯したら良いか分からない人も多いかと思います。

その為、汚れを拭いて落とすだけにしてしまう人もいます。

しかし汚れは落ちたけど、臭いが気になってしまう場合もあります。

あとは拭いただけなので気持ち的にサッパリしたいと思う場合があるかと思います。

そんな時にはレインコートを洗濯して綺麗にする必要があります。

しかしレインコートは洗濯方法を誤ると、ボロボロになってしまう可能性があります。

レインコートを洗う際には正しい方法で洗濯を行うようにしましょう。

 

レインコートを長持ちさせる洗濯方法!

レインコートを洗濯する際は、手洗いをする事をお勧めします。

その理由は2つあります。

1つは洗濯機で洗う事で、刺激が強すぎてレインコートが痛んでしまう可能性があるからです。

レインコートが痛んでしまった場合には、使用できなくなってしまうので買い替えが必要となります。

お気に入りのレインコートを長持ちさせる為にも手洗いをするようにしましょう。

そして2つ目の理由が、洗濯機の故障の原因になってしまう可能性があるからです。

レインコートは水を通さない素材でできています。

その為、洗濯機の排水をする際に塞いでしまい水を出せなくなってしまう可能性があります。

このような現象が起きてしまうと洗濯機から異音がするようになってしまったり、部品が壊れてしまう事があります。

洗濯機を故障させない為にも手洗いをするようにしましょう。

レインコート,洗濯方法,お手入れ,撥水,長持ち

 

レインコートを手洗いする時のポイント

レインコートを手洗いする際には、まずぬるま湯おしゃれ着洗剤を用意します。

そして、ぬるま湯に洗剤を適量溶かします。

そこにレインコートを入れて優しく押し洗いします。

この時に優しく行わないとレインコートを痛めてしまう可能性があるので注意しましょう。

十分に洗えた後には、しっかりとすすぎを行ってください。

そのあとは、乾いたタオルで水分をふき取ってハンガーにかけて陰干しをします。

生乾きにならないようにしっかりと乾かしましょう。

レインコートは誰でも簡単に洗濯する事ができるのでチャレンジしてみましょう。

しかし、繰り返し洗濯を行う事で撥水効果が落ちてしまいます。

洗濯を行った後には、撥水効果を高める為にも正しいお手入れを行いましょう。

 

【スポンサーリンク】

防水・撥水効果のお手入れも行いましょう!

洗濯を繰り返し行う事で防水・撥水効果が薄れてしまう場合があります。

防水・撥水効果が薄れてしまうと、レインコートが水を弾かなくなってしまうので冷たい思いをするようになってしまう可能性があります。

そうならない為にも、しっかりとお手入れを行って撥水効果を高めましょう。

レインコートの防水・水効果を高めるには防水スプレーをかける必要があります。

防水スプレーを使用する際は危険なので、外で行うようにしましょう。

レインコートに防水スプレーをかける際には、レインコートが乾いた状態で行います。

そして、レインコートに防水スプレーを均等にかけていきます。

この時レインコートの表面が湿るぐらいまでかけるようにしましょう。

全体にかけ終わったら、レインコートを乾かします。

しっかりと乾燥させるようにしましょう。

レインコートの撥水効果は洗濯以外でも効果が薄れてしまう場合があります。

定期的に防水スプレーをかけて、撥水効果を維持するように心掛けましょう。

 

レインコートの洗濯方法や防水・撥水方法のまとめ

レインコートは雨に濡れにくくなるので、子どもやバイク、自転車に乗る人にとっては必需品となっています。

しかし、雨の水だけでなく泥水などが跳ねてしまった場合には汚れてしまったり、臭いが気になってしまう場合があります。

汚れや臭いが気になった場合には、洗濯を行う必要があります。

レインコートの洗濯は簡単なので誰でも行う事ができます。

汚れや臭いが気になる場合には、一度洗濯を行ってみましょう。

そして洗濯を行う際は、レインコートと洗濯機を守る為にも手洗いで行うようにしましょう。

手洗いを行う際には、レインコートを傷めないようにおしゃれ着洗いの洗剤を使用して優しく押し洗いします。

すすぎを行った後には、乾いたタオルで水分をふき取ってから陰干しをしましょう。

生乾きになってしまうと臭いが残ってしまうので注意しましょう。

レインコートを綺麗に洗えた後には、しっかりとお手入れを行う必要があります。

レインコートは撥水加工が施されているのですが、洗濯や雨に濡れる事で効果が薄れてしまいます。

その薄れてしまった撥水効果を取り戻すためには、防水スプレーをかける必要があります。

定期的に防水スプレーをかけて、撥水効果を維持する事が可能です。

レインコートは便利なものなので、正しい選択方法やお手入れを行って長持ちさせるようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。