食用サボテン(ウチワサボテン)の味や栄養を知ってますか?美味しい食べ方もご紹介

おいしく食べたい料理・食品知識





ウチワサボテン,食用,味,栄養,食べ方

 

観賞用のサボテンを見た事がある人は多いかと思います。

そんなサボテンには、実は食用も存在します。

食用のサボテンを食べた事がある人は少ないかと思います。

そのため、食用サボテンの味や栄養、食べ方について気になる人もいます。

そこで食用サボテンの味や栄養、食べ方について』まとめました。

食用サボテンに興味がある人は参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

食用サボテンとは?

日本ではサボテンと聞くと、トゲが生えた観賞用のものを想像するかと思います。

しかしメキシコでは、食用の「ウチワサボテン」というサボテンが栽培されています。

ウチワサボテンは、メキシコでは野菜の一種として扱われています。

そのため、ウチワサボテンを食べたことがある人も多いです。

そしてアメリカやヨーロッパでは、食用サボテンを使ったサプリメントが販売されています。

つまり、日本以外の国では食用の「ウチワサボテン」はポピュラーなものとなっています。

そんな外国でポピュラーなサボテンを食べてみたいと思う人もいるかと思います。

日本では愛知県で「ウチワサボテン」の栽培が行われています。

愛知県で栽培が行われている「ウチワサボテン」は、通信販売も行われています。

そのため、遠方に住んでいる人でも簡単に入手する事が可能となっています。

食べてみたいと思った場合には、通信販売で購入してみましょう。

 

食用サボテンはどんな味?

ウチワサボテンは観賞用のサボテンと比較してみると、トゲが少なく滑らかな見た目をしています。

多少生えているトゲは、販売される前に取り除かれています。

そのため調理を行う際には、大きなトゲが刺さってしまう心配は少ない状態となっています。

1番気になるのは、ウチワサボテンの味です。

ウチワサボテンは切ってみると粘り気が出てきます。

そのため、初めて見た人は戸惑ってしまう場合が多いです。

味は特徴があるようなものではありません。

そのため、他の野菜と一緒に調理をして楽しむ事が出来るものとなっています。

味はあまりないのですが、食感はシャキシャキと強い感じがあります。

味よりもシャキシャキとした食感を楽しみながら食べるものとなっています。

シャキシャキ感を活かした調理方法を行って、食べてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

食用サボテンにはどんな栄養や効能があるの?

ウチワサボテンには様々な栄養が豊富に含まれています。

そのため、栄養を摂りたくて食べている人が多いです。

まず豊富なのが食物繊維です。

ウチワサボテンに含まれている食物繊維は、水溶性食物繊維となっています。

水溶性食物繊維は、コレステロールの吸収を抑制する効果が期待できます。

そして、ウチワサボテンは食物繊維だけでなくビタミンやカリウム、カルシウムも豊富に含まれています。

これらの成分によって血糖値を下げる効果や生活習慣病を予防する効果が期待できるとされています。

さらに、アスコルビン酸という成分が含まれている事も判明しました。

アスコルビン酸は、日焼けによって出来てしまうシミの予防に役立つ成分と言われています。

そのためコレステロールの吸収を抑制したい場合やシミの予防を行いたい場合などに、ウチワサボテンを食べている人が多いです。

栄養や効能に魅力を感じた場合には、ウチワサボテンを食べてみましょう。

 

食用サボテンの食べ方

ウチワサボテンには、多少トゲが生えています。

これらのトゲは販売されるまえに、取り除かれている場合が多いです。

しかし全て取り除かれているわけではありません。

そのため、調理を行う際には残っているトゲや細かいトゲが刺さらないように注意する必要があります。

調理を行う場合には、まず表面をそぎ落とすようにしましょう。

ウチワサボテンは生のまま食べたり、炒めたり、煮て食べることが出来ます。

シャキシャキ感を楽しみたい場合には、表面をそぎ落とした後に細く切ってサラダにするのがオススメです。

他の野菜と混ぜてサラダにする事で、ウチワサボテンのシャキシャキ感がアクセントとなります。

お好きなドレッシングなどをかけて食べてみましょう。

そして次にオススメなのが、ウチワサボテンのステーキです。

表面をそぎ落として処理した後に、熱したフライパンで焼いていきます。

美味しそうな焦げ目がついたあとは、ステーキソースや塩コショウで味付けをします。

これで完成です。

味に特徴があるわけではないので、味付け次第で色々な楽しみ方ができます。

お好みの味付けをして、ウチワサボテンを楽しんでみましょう。

出典:旅ぐるたび

 

食用サボテンについてのまとめ

サボテンと聞くとトゲの生えた観賞用のものを想像すると思います。

しかし、実はサボテンの種類の中には食用として栽培されているものも存在します。

その食用として栽培されているサボテンは、メキシコでは野菜の一種として扱われています。

そしてアメリカなどではサプリメントに使用されています。

つまり海外では食用のサボテンは比較的ポピュラーなものとして扱われています。

そんな食用のサボテンは、日本では愛知県で栽培されていて「ウチワサボテン」という名前で販売されています。

通信販売でも販売されている為、誰でも入手することが出来るものとなっています。

そんなウチワサボテンは粘り気があるのですが、味には特徴がないため比較的食べやすいものとなっています。

そしてウチワサボテンは栄養や効能が豊富と言われています。

主な栄養は、食物繊維やビタミン、カリウムなどです。

そしてウチワサボテンの効能は、血糖値を下げたり、生活習慣病の予防などです。

これらの栄養や効能を得る為に、ウチワサボテンを積極的に食べている人も多いです。

ウチワサボテンは観賞用と比べるとトゲは少なめとなっています。

そして販売される際には、大きなトゲは取り除かれています。

しかし表面に細かなトゲが残っているため、調理を行う際には表面を包丁でそぎ落とします。

ウチワサボテンは生のまま食べたり、炒めたり、煮たりして食べます。

味に特徴がないため、味付けの方法で色々な楽しみ方をする事が出来るものとなっています。

お好みの調理方法や味付けを行って、ウチワサボテンを楽しんでみましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。