ポップコーンを美味しく簡単に作る方法とは?





多くの人は食事を食べる以外に、おやつを食べる機会があります。

おやつには色々な種類があるため、その時の気分によって食べるおやつを決めている場合が多いです。

そんなおやつの1つにポップコーンがあります。

ポップコーンは小さな子供から大人にまで好かれているおやつなので、多くの人が食べたことがあるかと思います。

そしてポップコーンを自宅で食べる際には、既製品のものを購入してきて食べる人が多いです。

しかしポップコーンは自宅でも簡単に美味しく作ることができます。

そこで、今回は、『ポップコーンを美味しく簡単に作る方法について』ご紹介します。

自宅で美味しいポップコーンを作って、子供と一緒に楽しんでみましょう。

【スポンサーリンク】

ポップコーンとは?

ポップコーンは、軽い食感を楽しむことができるお菓子です。

優しい味がすることから、大人だけでなく小さな子供にも人気があるお菓子となっています。

そんなポップコーンの原材料はトウモロコシとなっています。

そのため身体にも優しいお菓子となっています。

しかしポップコーンに使用されているトウモロコシは、多くの人が茹でて食べているものとは異なる種類のトウモロコシを使用して作られています。

茹でて食べるトウモロコシの多くは皮が柔らかくて、乾燥をしたあとに熱を加えても破裂しません。

しかしポップコーンに使用されているトウモロコシは皮が固くて、乾燥させたものに熱を加えたら破裂する特徴があるものとなっています。

そして、その破裂によってポップコーン独特のふわふわとした食感が生み出されるのです。

つまりポップコーンを作るには皮が固くて、加熱した際に破裂を起こす種類の乾燥トウモロコシを使用する必要があるのです。

 

自宅で美味しく簡単に作ってみましょう

ポップコーンを食べる人の多くは、既製品を購入しています。

特に遊園地や映画館で販売されているポップコーンはふっくらとしていたり、色々な味のものが販売されていたりするので美味しく感じます。

そのため美味しい既製品を購入して食べている人が多いです。

しかし、そんな美味しいポップコーンを自宅でも気軽に楽しめるのであれば自宅でも楽しみたいものです。

もし美味しいポップコーンの作り方があるのであれば作ってみたいと考えている人も多いです。

実は美味しいポップコーンは、自宅でも簡単に作ることができます。

 

  1. ポップコーンを作る際にはポップコーン用の豆と蓋つきのフライパン、油やバターを準備します。
    まずフライパンに油やバターを入れて熱します。
    そして十分にフライパンが熱くなったらポップコーン用の豆を入れて蓋をします。
  2. この後はフライパンに蓋をして振りながらポップコーンが弾けるのを待ちましょう。
    しばらくはポップコーンが跳ねて危ないので蓋を開けないように注意しましょう。

 

これだけで簡単に美味しいポップコーンを作ることができます。

火傷に気を付けながら美味しいポップコーンを作って楽しんでみましょう。

【スポンサーリンク】

ポップコーンをアレンジしてみましょう

ポップコーンは自宅でも簡単に作ることができます。

もちろんシンプルに塩で味付けをするだけでも美味しく食べることができます。

しかし、ポップコーンはキャラメルやチョコレートで味付けをするとさらに美味しく食べることができます。

自宅で美味しいポップコーンを楽しむためにキャラメルやチョコレートで味付けをしてみましょう。

キャラメルで味付けをする際には、お砂糖やバターを混ぜて作るのが一般的です。

しかし手軽にキャラメルポップコーンを楽しみたい場合には、市販のキャラメルを使用することで簡単に作ることができます。

用意するものは、作ったポップコーンと市販のキャラメルと牛乳だけです。

 

  1. キャラメルの包装紙を外して耐熱容器に入れます。
  2. 電子レンジで1分ほど加熱します。お使いの電子レンジによって加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱しましょう。
  3. キャラメルが溶けたら少しずつ牛乳を加えながら混ぜます。この時、キャラメルソースがゆるくなりすぎないように注意しましょう。
  4. もう一度電子レンジで30秒ほど加熱します。
  5. そこに作ったポップコーンを加えて混ぜたら完成です。味が均等につくようにしっかりと混ぜ合わせるようにしましょう。

 

キャラメルソースに砕いたナッツを入れても美味しいので、アレンジしながら楽しんでみてください。

チョコレート味のポップコーンの作り方

  1. チョコレート味のポップコーンを作る際には、作ったポップコーンとチョコレート、クッキングシートを準備します。
  2. まずチョコレートを包丁で細かく切っていきます。
  3. 切ったチョコレートを湯煎にかけて溶かしていきます。
  4. チョコレートが溶けたら、ポップコーンを入れて混ぜていきます。
  5. ポップコーンにコーティングできたら、広げたクッキングシートの上にポップコーンを並べていきます。このとき、ポップコーンをバラバラに並べていかないとくっついてしまうので注意しましょう。
  6. コーティングしたチョコレートが固まるまで冷やしたら完成です。

 

チョコレート味のポップコーンは、冷やし固める前にココアパウダーを振りかけることでチョコレートの味を濃厚にすることができます。

自分好みのポップコーンを作ってみましょう。

 

ポップコーンを作る際の注意点

ポップコーンを自宅で作る時には、いくつかの注意点があります。

まず1つ目の注意点は火傷に関してです。

ポップコーン用の豆は加熱すると弾けます。

そのため、絶対に蓋をしないと危険なので蓋を忘れないようにしましょう。

たまに弾ける音に驚いて蓋を開けてしまう人もいるのですが、蓋を開けたときに弾けたポップコーンが飛んでくる可能性もあります。

途中で蓋を開けないようにしましょう。

さらにポップコーンは、加熱をやめた直後でも弾けることがあります。

加熱をやめた後もしばらくは蓋をして、様子を見るようにしましょう。

そして、もし出来上がったポップコーンにキャラメルやチョコレートで味付けをする際にはソースで火傷をしてしまう人もいます。

キャラメルやチョコレートで作ったソースは高温となっています。

混ぜるときなどに手についてしまわないように注意しましょう。

そして2つ目の注意点は、食べ過ぎについてです。

ポップコーンは癖になりやすいだけでなく、気軽に食べられるものなのでつい食べ過ぎてしまう人がいます。

しかしキャラメルやチョコレートで味付けをした場合には、カロリーが高くなってしまうので太りやすくなります。

食べ過ぎに注意しながらポップコーンを楽しむようにしましょう。

 

ポップコーンを美味しく簡単に作る方法についてのまとめ

映画館で食べるものとして定番のポップコーンは、美味しくて癖になるので人気があるおやつの1つとなっています。

そんな癖になるポップコーンを自宅で作る際には、ポップコーン専用の豆を買ってきてフライパンで加熱するだけで簡単に作ることができます。

気軽に作って楽しむことができるのでチャレンジしてみてください。

そしてポップコーンを自宅で楽しむ際には、自分好みの味付けをすることで今まで以上にポップコーンを美味しく楽しむことができます。

遊園地などで販売されているキャラメル味やチョコレート味のポップコーンも自宅で簡単に作ることができます。

自分好みの味付けをして、自宅でも気軽に美味しいポップコーンを楽しんでみましょう。

しかしポップコーンは癖になりやすいものなので、ついつい手が伸びて食べ過ぎてしまう人がいます。

特に甘い味付けをした場合にはカロリーが高くなるので太りやすくなります。

食べ過ぎには注意しながら楽しむように心掛けましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + twelve =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください