プール熱の症状とは?子供も大人も感染すると咳や頭痛に見舞われるので要注意!





プール熱,症状,大人,飛沫感染,咳,頭痛

 

プール熱は夏場になると流行しやすい風邪の1つです。

保育園や幼稚園、小学校のプールで感染する子供が多い事からプール熱と呼ばれています。

主な症状は喉の痛みや目の痛み、発熱などがあります。

非常に感染力が強く、看病をしていた大人も感染する可能性があります。

そして大人が感染した場合には咳や頭痛の症状も起きます。

プール熱の原因や潜伏期間、症状についてまとめました。

感染した子供を看病していて咳や頭痛などの症状が現れた場合には、プール熱の感染を疑ってみましょう。

 

【スポンサーリンク】

プール熱の原因は?

プール熱の正式名称は「咽頭結膜熱」です。

夏場になると流行しやすい風邪の一種です。

そして、この咽頭結膜熱は保育園や幼稚園、小学校でプールに入る事で感染しやすい為、プール熱と呼ばれるようになりました。

このプール熱の原因は「アデノウイルス」というウイルスです。

アデノウイルスの潜伏期間は5〜7日となっています。

潜伏期間は症状が出ないので、感染している事に気が付かない場合が多いです。

プール熱はプールを行った後に、タオルを共用する事で感染の可能性が高くなります。

しかし、タオルの共用以外にも飛沫感染接触感染で移ります。

その為プールを行った時に感染している子がいた場合には、飛沫感染や接触感染などによって感染していきます。

プールの水がアデノウイルスによって汚染されていた場合には、結膜から感染する可能性もあります。

つまり、感染している人がいたら移ってしまう可能性が高いのです。

 

プール熱の症状は?

プール熱の感染経路は飛沫感染や接触感染となっています。

つまり、誰でも移りやすいウイルスとなっています。

このプール熱に感染した場合には、いくつかの症状が現れます。

その症状とは、喉の痛みや目の痛み、発熱があります。

発熱から始まる場合が多く、39〜40度の高熱が4〜5日ほど続きます。

そして喉は真っ赤に腫れて、強い痛みがあります。

目に痛みがある場合には、目が充血したり目ヤニが出てくる場合があります。

そして、目の症状は最初は片目だけ発症する場合もあります。

片目だけに発症した場合には、数日後に両目に症状が現れる事が多いです。

プール熱は非常に感染力が強いです。

その為プール熱に感染した可能性がある場合には、他の子に感染させてしまう可能性があります。

ウイルスを広めない為にも早めに小児科を受診するようにしましょう。

プール熱,症状,大人,感染,咳,頭痛

 

プール熱は登園禁止?

プール熱は感染力が強く、飛沫感染や接触感染によって簡単に移ってしまいます。

その為、保育園や幼稚園、小学校の中で流行しやすい感染症の一種です。

集団感染を起こしやすいという事から、感染した場合には保育園や幼稚園、小学校への登園禁止となっています。

感染が疑われる場合には早めに受診して、他の子への感染を予防しましょう。

そして登園や登校が可能となるには、喉の痛みが取れて、熱も下がったらとなっています。

自宅で普通の食事が取れたり、起き上がって過ごせるようになるまでは安静に過ごさせてあげるようの心掛けましょう。

そして喉の痛みや熱が下がったら登園や登校が可能となっていますが、アデノウイルスは感染力が非常に強いです。

2日程は自宅で様子を見てから登園、登校させる事をおすすめします。

 

【スポンサーリンク】

プール熱の治療法や予防法

プール熱の症状の喉の痛みや発熱は1週間から10日程続きます。

そしてプール熱に対して効果のある薬はないので、症状が自然と落ち着くまでは安静に過ごしすしかありません。

しかし熱が高い場合には解熱剤、目の痛みや充血がひどい場合には点眼薬を処方してもらう事が可能です。

自然に治るまでの間、少しでも症状を緩和できるようにかかりつけの病院で診察をしてもらいましょう。

プール熱は喉の痛みや発熱を伴うので、とても苦しいです。

苦しい思いをしない為にも普段から予防を行っていきましょう。

まずプール熱の感染が高くなる理由はタオルの共用なので、シャワーを浴びた後は自分のタオルで身体や髪を拭くようにしましょう。

そしてプール以外のタオルの共用も避けるように心掛けましょう。

次に行える予防法は手洗いうがいです。

手洗いうがいはプール熱以外の風邪や感染症も予防する事が可能です。

普段から手洗いうがいは、しっかりと行うように意識していきましょう。

その他にも、目は擦らないように心掛ける事もしましょう。

プール熱は飛沫感染や接触感染をします。

目の結膜から感染する事もあるので、目を擦らないように気を付ける必要があります。

これらの事は普段から意識して行える事なので、予防をする為にも意識するように心掛けましょう。

プール熱,症状,大人,感染,咳,頭痛

 

看病していた場合には感染する可能性があります!

プール熱は非常に感染力が強いです。

その為、子供がプール熱に感染した場合には看病していた家族も感染する可能性があります。

大人が感染した場合にも喉の痛みや発熱が伴います。

さらに咳や頭痛といった症状が現れる可能性もあります。

これらの症状は苦痛を感じるものなので、看病している場合には感染予防を行いましょう。

もし感染の可能性がある場合には、病院を受診して子供がプール熱に感染している事も説明する必要があります。

しっかりと説明をして、診察を受けるようにしましょう。

 

プール熱のまとめ

プール熱の正式名称は咽頭結膜熱です。

保育園や幼稚園、小学校でプールに入った事で感染しやすくなる事からプール熱と呼ばれるようになりました。

プール熱に感染した場合には、喉の痛みや発熱を伴います。

そして、この症状は1週間から10日程続く場合が多いです。

主な感染経路は飛沫感染接触感染となっています。

5〜7日程の潜伏期間中に感染が拡大する事が多く、集団感染を起こしやすいです。

集団感染を起こさない為にも、喉の痛みや発熱などの症状が現れた場合にはすぐに病院を受診するようにしましょう。

しかしプール熱に対して効果のある薬はありません。

高熱が続く場合には解熱剤、目の痛みや充血がひどい場合には点眼薬を処方してもらうなどして自然に治るまで待ちましょう。

そしてプール熱に感染した場合には、登園や登校が禁止となっています。

症状が落ち着くまでは自宅で安静に過ごさせてあげるようにしましょう。

しかし、自宅で看病していた場合にも感染をする可能性があります。

大人が感染した場合には、喉の痛みや発熱に加え咳や頭痛などの症状が現れる場合もあります。

苦痛を伴う症状なので、タオルの共用は避けたり、こまめに手洗いうがいするなど普段から予防を行っていくようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。