食パンはフライパンを使った焼き方でふわふわに仕上げましょう





食パン,フライパン,ふわふわ,焼き方

 

食パンって意外と保存方法が難しいと思いませんか?

カビが生える割には隙有らば乾燥してパサパサ…。

カビが生えたり消費期限が著しく過ぎてしまった食パンは食べないほうが良いですが、パサパサになっただけで品質に問題のない食パンはフライパンを使った焼き方でふわふわになりますよ。

もちろん、乾燥してしまった食パンじゃなくても買ったばかりの食パンをフライパンで焼いてもより一層ふわふわになります!

今回はフライパンを使った焼き方で食パンをふわふわに仕上げる方法をご紹介します!

【スポンサーリンク】

フライパンで食パンを焼くとどうなる?

フライパンで食パンを焼くと均一に熱が行き渡り、外はサクッと中はふわふわに焼き上がります。

トースターも勿論使い勝手が良いのですが、朝の忙しい時間ですとフライパンの方が若干、時短出来るかと思います。

また、食パンの上にトッピングをして色んなアレンジが出来るのも嬉しいですね。

 

食フライパンを使った食パンの焼き方は?手順とコツ

それでは、基本的な焼き方をご説明いたします。

  1. フライパンが高温になるまで強火で熱します。
  2.  高温になったら火を弱めお好みでバターやマーガリン、オリーブオイルなどを焦がさないように溶かし、食パンをフライパンで焼きます。
  3. 食パンの中央の部分をフライ返しなどで軽く抑え、時折焼き加減を見ながら食パンの両面を焼いて出来上がりです。

 

外はサクサク、中はふわふわに仕上げるにはパンの水分を飛ばさないことが大切です。

そのためには、フライパンを事前に熱して短時間で焼くのがコツですよ。

また、冷凍にした食パンも同じ要領で焼くとふわふわに仕上がるので試して見てくださいね!

【スポンサーリンク】

食パンをフライパンで焼くアレンジメニュー

忙しい朝におすすめの外はサクサク中はふわふわになる食パンのレシピをご紹介します!

 

○チーズとベーコンのふわふわ食パン○

  1. フライパンに薄く油を敷き、ベーコンととろけるスライスチーズまたはピザ用のチーズを食パンの面積分焼きます。
    ※とろけすぎると次の工程が大変なので軽く熱を通す程度にします。
  2.  食パンをフライパンで両面焼き、その後、食パンの上に先ほどのベーコンとチーズを食パンの上側に乗せて出来上がりです!

お好みで塩コショウやケチャップなどつけても美味しいですよ!

 

○子供に人気!バターシュガー!○

  1. フライパンを強火で温め、食パンの片面を焼く
  2. 片面が焼けてきたらパンを一度取り出す
  3. フライパンにバターを入れ溶かしパンの焼けていないもう片面を下にして焼く
  4. 焼けてきたらバターの面を上にしてお皿に移し、砂糖をふりかけて出来上がりです!

 

アレンジが効くので食べ飽きません!

食パンをフライパンで焼くとふわふわに仕上がります。

そのまま食べても美味しいですし、好きなものを挟んで外はサクサク中はふわふわなハンバーガーも作れますよ!

是非、作って見てくださいね!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。