歯周病と歯肉炎を予防する方法とは?原因を知って正しく歯みがきをすることが大切です





歯周病,歯肉炎,予防,原因,歯みがき

 

日本人って歯みがきの意識が欧米人よりも低いって知ってました?

歯の痛みを感じるころには手遅れになんてこと。

歯医者さんがコンビニの数より多いのに、意外と成り立っているのは日本人の歯に対する普段の意識の低さが原因かもしれませんね。

そんな私も、虫歯の原因になる歯周病についての知識はほとんどありません。

今回は、『歯周病と歯肉炎の原因や予防について』調べてみました。

 

【スポンサーリンク】

万病の元、歯周病とは?

歯周病の原因として名前が挙がるのが「プラーク」です。

プラークとは歯の表面にくっつく細菌およびその産物の塊のことです。

このプラークが古くなると石灰化して歯石になります。プラークは薬品だけでは除去されにくく、しっかりと歯みがきをしないと除去することができません。

しっかり歯みがきをしているつもりでも、歯周ポケットに入り込んだプラークはなかなか掻き出すことができず、歯肉の炎症を誘発し、様々な病気の要因となるのです。

少しでも歯みがき中に出血した時には歯周病を疑った方がいいでしょう。

歯周病が関係する病気として挙げられるのは、呼吸器系疾患心疾患糖尿病などがあります。

とくに糖尿病との関連は強いようで、歯周病が病気を悪化させる原因のひとつなのではないかと言われています。

 

歯肉炎とは?歯周病と違うの?

歯肉炎とは、歯周病の初期段階のことを言います。

初期段階では、歯と歯茎の境目が赤く腫れたり血が出始めます。

正常な状態の時よりも歯茎が盛り上がり、歯肉ポケットができやすくなってしまう状態のことを歯肉炎と表します。

この状態の時は、しっかり歯磨きをしてプラークを除去できれば、健康な状態へ戻すことができます。

 

【スポンサーリンク】

プラークを取り除く正しい歯みがきとは

予防としては、やはり、毎日の歯みがきが欠かせません。

でも、この歯みがきの仕方、意外と正しくわかっている人は少ないかもしれませんよ。

どのように歯みがきをしたら良いのか確認していきましょう。

 

①歯ブラシは水で濡らさないこと

歯磨き粉は水を含むと泡だらけになります。

泡がたくさんできると、すぐにうがいをしたくなります。

よって、歯みがきに対する時間が短くなり、除去したいプラークを取り除きにくくなるのです。

 

②力いっぱいゴシゴシ磨かないこと

ゴシゴシ力いっぱい磨くと歯ブラシの先の広がりやすくなります。

そうすると、歯に対して正しくブラシの部分が当たらなくなり、十分にプラークを取り除けなくなるのです。

歯ブラシの理想的な交換時期は1か月だそうです。

かなり短期間なような気がしますが、ブラシが広がったらすぐに替えた方がいいですね。

 

③フッ素配合の歯磨き粉を使うこと
フッ素配合の歯磨き粉は、プラークの除去だけでなく歯の再石灰化により酸で溶けた歯を修復してくれる役目があります。

 

④食後すぐに歯みがきをしない。歯みがき後30分以内に飲食をしないこと

食後すぐは食べ物からさんが出ている状態にあります。

酸が出ている状態で歯みがきをするとこの酸を歯磨き粉代わりに歯みがきをしていることになり、歯のエナメル質を削りながら歯みがきをしていることとなります。

また、歯みがき後、30分以内に飲食をしてしまうとせっかく歯磨き粉でついたフッ素がなじむ前に流れてしまい効果が半減してしまいます。

 

どうですか?正しい歯みがきを意識してできていましたか?

歯周病予防は歯みがきを正しく行うことが大切であることがわかってもらえたと思います。

 

歯周病と歯肉炎の予防や原因についてのまとめ

普段、歯みがきをしていても、プラークを完全に除去できているとは限りません。

しかし、やらないに越したことはありませんよね。

もし、プラークをそのまま放っておくと口内の病気だけでなく様々な内臓疾患を引き起こす原因になるということがわかりました。

仕事などで忙しく、毎日の食後の歯磨きができない方もいらっしゃると思いますが、夜寝る前に丁寧なブラッシングをすることで歯周病を防ぐことができるそうです。

歯みがきは自分の身は守る第一歩かもしれませんね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。