桃の変色を防ぐ切り方とは?変色の原因を知って美味しく食べよう。





桃,切り方,変色,防ぐ,原因,保存,冷蔵庫

 

夏から秋にかけて旬となる果物の中に桃があります。

桃は甘みが強い果物なので、子供から大人にまで人気のある果物となっています。

しかし桃は甘みがあって美味しい果物なのですが、皮を剥いた後にはすぐに変色してしまうものです。

せっかく美味しい桃なので、変色を防いで美味しく食べたいものです。

そして切り方を工夫するだけで変色を防げるのが一番理想かと思います。

そこで桃の切り方や変色を防ぐ方法、冷蔵庫での保存についてまとめました。

桃を食べる際には、変色を防ぐ方法を行って冷蔵庫で上手に保存してみましょう。

そして美味しい状態で食べるように心掛けましょう。

 

【スポンサーリンク】

桃が変色する原因って何?

桃は食べようと思って剥き始めるとすぐに変色が始まります。

その為、せっかく美味しそうな桃を切ったのに見た目が残念な事になってしまう場合があります。

この桃の変色は、桃に含まれるポリフェノールが深く関係しています。

ポリフェノールは空気に触れる事で酸化し、変色を起こすという性質があります。

その為、桃の切ったところが空気に触れる事でポリフェノールが酸化を起こし、変色してしまうのです。

りんごや梨などの果物にもポリフェノールが含まれているので、同じ現象が起きます。

つまり、ほかの果物で変色が起きてしまう原因もポリフェノールが原因だという事です。

 

変色を防ぐには?

ポリフェノールが空気に触れる事で変色してしまう現象は、切った断面が空気に触れないようにコーティングする事で防ぐ事ができます。

この変色を防ぐ方法は桃だけではなく、同じように変色を起こしてしまうりんごや梨にもできます。

変色を防ぎたい場合には、実践してみてください。

 

酸性のものでコーティングする

酸性でコーティングする場合には、レモン汁か酢塩水を用意します。

レモン汁の場合には、切った断面に塗るだけで変色を防ぐ事が出来ます。

そして酢塩水を準備する場合には、20%の酢水に5%の食塩を入れて作ります。

酢塩水の場合には切った桃を浸す事で変色を防ぐことが出来ます。

しかし、どちらの場合にも酸性なので酸っぱいと感じます。

その為、味に違和感を感じてしまう可能性があるので苦手な人は注意が必要です。

 

シロップでコーティングする

まず水と砂糖を1:1で混ぜたシロップを作ります。

そして切った断面にこのシロップを塗っていきます。

これだけで変色を防ぐ事が可能となっています。

シロップでコーティングした方が食べた時の違和感を感じにくいのでおすすめとなっています。

そして桃を使用したケーキやパイを作る際にも甘いコーティングをしてある方が違和感がないので、シロップでのコーティングをおすすめします。

 

【スポンサーリンク】

切り方で変色は防げるの?

桃などのポリフェノールを含んだ果物の変色はレモン汁や酢塩水、シロップで防ぐ事が可能となっています。

何もせずに変色を防げたら一番良いかと思います。

しかし、切り方を工夫するだけでは変色を完全に防ぐ事は難しいと言えます。

桃やりんごは皮を剥いて中の種を取り除きます。

そして食べやすい大きさにカットします。

つまり切った断面が多い為、空気が触れる面も多いのです。

桃やりんごの変色を防ぎたい場合には、なるべく食べる直前に剥いて食べやすい大きさにカットするようにしましょう。

そしてケーキやパイを作る場合には完全に変色を防ぎたいと思うかと思います。

その場合にはレモン汁やシロップなどでコーティングするようにしましょう。

変色を防いで見た目も綺麗なケーキやパイを作ってみてください。

 

切った桃の保存方法

桃を切った後にレモン汁や酢塩水、シロップでコーティングした場合にはどのくらいの時間保存できるのか気になるかと思います。

このコーティングを行った場合には冷蔵庫で2時間ほどは変色をせずに保存する事が可能となっています。

しかし美味しい状態で食べる為にも早めに食べる事をおすすめします。

ケーキやパイなどの飾りなどに使用したい場合には、なるべく切る工程を後回しにしてからシロップでコーティングを行うように心掛けましょう。

これらの保存方法は切った後の桃の保存方法です。

しかし桃はデリケートな果物なので、皮を剥く前から保存方法を気を付ける必要があります。

桃は柔らかい果物なので、小さな刺激でも変色をしてしまいます。

その為、桃の重さや手で持った刺激だけでも皮の部分から変色を起こしてしまう可能性があります。

桃に刺激を与えないようにそっと扱うように心掛けましょう。

購入した際にパッキンなどが入っていた場合には、食べるまでそのまま保存するようにしましょう。

そして実は、桃は冷やし過ぎてしまうと甘みが減少してしまう果物となっています。

その為、美味しく食べる為にも冷やし過ぎないように注意が必要となっています。

甘さを残す為には、食べる1時間ぐらい前に冷やす事をおすすめします。

旬の桃を食べる場合には、美味しい状態で食べられるように工夫を行ってみましょう。

桃,切り方,変色,防ぐ,原因,保存,冷蔵庫

 

桃の変色の防ぎ方のまとめ

夏から秋にかけて旬となっている桃は、変色を起こしやすい果物となっています。

桃が変色を起こしてしまう原因は、桃に含まれているポリフェノールが深く関係しています。

ポリフェノールは空気に触れる事で酸化し変色を起こしてしまうものとなっています。

つまり、桃は剥いて空気に触れる事で変色してしまうのです。

そして、この現象は桃だけでなくりんごや梨でも起こります。

変色を起こしてしまった場合には、見た目が悪くなってしまうので美味しそうに見えなくなってしまいます。

その為、出来る事なら変色を防ぎたいものです。

切り方を工夫するだけで変色を防げたら良いのですが、桃を食べる際には皮を剥いて食べやすい大きさに切ります。

皮を剥いて切る事で空気に触れる部分が増えてしまうので、変色を防ぐのは難しいのです。

しかし、そんな桃の変色はレモン汁やシロップを塗ったり、酢塩水に浸ける事で防ぐ事ができます。

変色を防ぎたい場合には切った後すぐにこれらの方法を行うようにしましょう。

そして、これらの方法を行った場合には冷蔵庫で2時間ほど保存する事が可能となっています。

食べるまで時間がある時や剥いた桃をケーキやパイに使用したい時には、この保存方法を試してみましょう。

ちなみに、これらの方法は桃だけでなくりんごやなしでも可能となっています。

変色を防ぎたい場合には試してみてください。

そして桃は柔らかい果物なので、とてもデリケートです。

その為、小さな刺激でも変色を起こしてしまいます。

桃は切る前から保存方法に注意するように心掛けましょう。

さらに桃は冷やし過ぎてしまうと甘さが減少してしまいます。

桃の甘さを楽しむ為には食べる1時間ほど前に冷蔵庫に入れる事をおすすめします。

桃の保存方法や変色を防ぐ方法を試して、美味しい桃を堪能してみてください。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。