接待やパーティーで食事や服装における大人のマナーとは?

知っておきたい大人のマナー





接待,パーティー,恥,大人,マナー

 

接待やパーティーでは、大人の対応ができれば格好良く見えますし、しっかりとマナーを守っていると恥ずかしくないですね。

逆に、接待やパーティーで大人としてのマナーが守れていないと、恥ずかしい思いをするだけでなく、一緒にいる人に迷惑を掛けることにもなります。

接待やパーティーで恥ずかしくないように、大人としてのマナーを踏まえた振る舞いを身に付けましょう。

それにはまず、接待やパーティーの目的から理解する必要があります。

今回は、接待やパーティーで恥をかかないためのマナーについて順番に見ていきましょう。

 

【スポンサーリンク】

接待とパーティーの目的

接待の目的にはいくつかあります。

親睦を深める、感謝あるいは謝罪の気持ちを伝えるなどが主な目的です。

パーティーの目的は、人脈を広げること、親睦を深めることが主目的です。

接待、パーティーのいずれにしても、相手へのおもてなしの気持ちを持つことや、気遣いをする必要があります。

 

接待での大人のマナー

まず、接待のセッティングからです。

接待する側の役職は、先方の役職と同じ者が出席しなければなりません。

接待する先方へのご案内は、日時と場所を文字だけではなく、地図で示すと親切です。

また、手土産については、日持ちのする菓子折などが適当です。

当日は、接待する方よりも早く到着し、店の前でお出迎えをする、もしくは下座で着席してお待ちします。

当然、席次については、接待する先方が上座となるようにします。

お帰りの際には、手土産とタクシー代もしくはタクシーチケットをお渡しします。

タクシーが見えなくなるまで、お見送りをするのがマナーとなります。

接待される側となった場合は、横柄な態度を取るのではなく、謙虚な姿勢でいることが大切です。

また、接待される側から2次会の申し出をすること、謝罪の話題を出すことはマナー違反となりますので控えましょう。

 

【スポンサーリンク】

パーティーでの大人のマナー

パーティー会場では、動きやすいように、かさ張るコートなどは脱ぎ、小さな鞄を持ち歩く、もしくは手ぶらにしておきましょう。

受付時に、クロークへコートや鞄を預けておくとよいですね。

パーティー会場では、食べることが目的ではありませんので、過度の食事は控えて、グラスを持って話しやすい状態でいましょう。

そして、できるだけ沢山の人とお話することを心掛けてください。

 

接待やパーティーで恥ずかしくないように振る舞うためには?

接待やパーティーで恥ずかしくないように振る舞うことは、最低限のマナーを身に付けていれば、そんなに難しいことではありません。

恥ずかしい振るまいの例として、食事の仕方が汚い、食い意地を張る、音を立てて食べる、酔い潰れてしまう、座り方が下品、服装が乱れている、自分の話ばかりする、相手を不快にする言動をとるなど、ビジネスの場として最低限のマナーを守れていないことが挙げられます。

これらの最低限のマナーを守って、上記のことに気を付ければ、大きな失敗には繋がらないと思います。

大人として、きちんとしたマナーを日頃から意識しましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。