お年玉の相場は年齢別でどのくらい違うの?親や親戚に感謝してもらいましょう





お年玉,景気,相場,影響,小学校,中学校

 

お年玉。

子どもの頃はお年玉をもらったら何を買おうかと期待に胸を膨らませていたものです。

でも実際は、私の実家ではもらったお年玉は親に預けるというシステムだったので、自分で好き勝手には使えずでした。笑

このお年玉。

子どもの頃はもらう立場だったのですが、社会人になり、お年玉をあげる立場になるのです…。

お年玉をあげる立場になるというのは、まさに大人の階段を1歩昇ったように私は感じました(^^)

しかし、このお年玉は家庭や地域によって相場が違ったりするので、いくら渡すべきものなのかを悩むんですよね…。汗

では、お年玉の相場っていくらなんでしょうか?

また、景気の影響を受けて、お年玉の相場も上下するのでしょうか?

また、学年によっても相場は違いますよね。小学校はいくら?中学校はいくら?

自分の懐が寒くなるほどの額をお年玉に入れるわけにはいかないので、やはり若干は景気の影響がお年玉に反映される部分はあるかもしれませんが、年齢別に相場について調べてみました。

今日は、このお年玉の相場についてお話したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

そもそもお年玉ってなに?

『お年玉』の語源ですが、はるか昔からの風習であった年神様に奉納された鏡餅(お供え餅)を参拝しに来て下さった人たちに分け与えた神事からきているといわれています。

鏡餅(お供え餅)は元々鏡の形を模したものであり、魂を映し出すものと言われていました。

『魂』は別の言い方では『玉』とも表現する場合がありますが、年神様の『玉』ということから『年の玉(魂)』、それに「御」がついて『お年玉』と言われるようになったそうです。

これを受け取った参拝者でもある家主が、家族たちに砕いて半紙に包み分け与えたのが『お年玉』のルーツと言われています。

 

お年玉って何歳まであげるの?

これについても意見はたくさんありますが、このようなリサーチ結果があるのでご紹介します。

 

小学生まで(3.1%)、中学生まで(10.9%)、高校生まで(48.4%)

大学生まで(22.4%)、社会人になってももらっています(8.7%)

もらったことがない(0.9%)

 

いかがですか?

みなさんはどこに当てはまりましたか?

 

お年玉の相場はいくら?

これも家庭によってバラバラではありますが、平均的な相場を年齢別にご紹介します。

 

  • 小学生以下・・・1000円~2000円
  • 小学生・・・1000円~5000円
    ※低学年と高学年で値段を変えているようです。
  • 中学生・・・3000円~5000円
    ※すこしずつ相場が高くなっていっています。
  • 高校生・・・5000円~10000円
    渡す側からしたらこの金額の出費はキツイかも…

 

お年玉をあげる人数が多いと金額が高くなってしまいますし、あげる子供の年齢が大きくなるにつれてお年玉での出費はかさみます。

しかし、新年早々に自分が金欠になってまで無理してお年玉をあげる必要はないので、相場は相場として、自分のできる範囲で無理のない程度の金額をあげればいいんですよ(^^)

中には、学年とかで金額が変動するのがめんどくさいとい人は、年齢に関係なくず~っと3000円という人もいます。

これはナイスなやり方ですよね(^^)

 

【スポンサーリンク】

お年玉ならぬ、「お盆玉」って?

最後に、みなさんにお年玉ならぬ、「お盆玉」というものをご紹介します。

この、お盆玉ですが、いったい何かというと…

おじいちゃん・おばあちゃんや親戚が、お盆の期間に帰省してくる孫や親類の子どもにあげるおこづかいのことをお盆玉というそうです。

これをただそのまま渡すのではなくポチ袋に入れて、まるでお年玉のように渡すことを「お盆玉」と名付けられたようです。

子どもたちはお金をもらえてハッピー、おじいちゃんやおばちゃんたちも子どものよろこぶ顔が見られてハッピー!というこの習慣が、これから定着していくかもしれませんね。

 

お年玉の相場についてのまとめ

いかがでしたか?

お年玉にしても、お盆玉にしても、大事なのは金額ではなく気持ちです☆

子どもは「いくらもらったか」にしか興味がないんです。(実際、私自身も子どもの頃にそうだったので…)

しかし、今ではお年玉を渡す立場にもなり、そして我が子がお年玉をもらう立場でもあります。

お年玉の金額ではなく、お年玉をもらえることの有難さや、感謝の気持ちなどを子どもたちにはしっかりと伝えていかないといけないと思います☆

みなさんも、是非お年玉を通して大事なことをお子さんに伝えてあげてくださいね(^^)

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。