突然のお葬式でも迷わない服装、マナー、挨拶について

意外と知らない生活知識





お葬式,服装,マナー,挨拶

 

冠婚葬祭のマナー、特にお葬式などは悲しみにくれている方も大勢いるので、常識やマナーはしっかり守って参列したいものです。

お葬式で常識外れな立ち居振る舞いをすると故人や遺族に対してだけではなく、その周囲の方々との今後のお付き合いにも影響を及ぼしかねません。

なかでもご遺族に対してのお悔やみの挨拶・服装などのマナーは特に重要です。

故人をしっかりお見送りをできるよう服装、マナー、挨拶についてお話したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

お葬式の服装について

服装は、周りから浮いていると一番目に付きやすいので注意したいですね。

男性の場合

・白無地のYシャツ、ネクタイは黒

・シングルまたはダブルのブラックスーツ

・時計、ネクタイピンはNG。結婚指輪以外の物は身につけない

・靴下、靴は黒

・数珠を忘れずに

 

女性の場合

・髪をまとめる、派手な髪飾りは控える

・化粧はシンプルで、マニキュアはしない

・アクセサリーは結婚指輪とパールの一連のネックレス、ピアスまたはイヤリング以外は着けない(2連のパールネックレスは不幸が重なるという意味でNG)

・長袖、丈は膝下のスカートで

・ストッキングは黒で、柄物やラメ入りはNG

・靴と鞄は黒の布製で、あまりヒールの音が鳴らないものを

・毛皮やファーの上着は殺傷を連想させるのでNG

・数珠を忘れずに

 

デパートなどに正喪服が売ってあるので一着は持っておいたほうが良いですね。

和装は、故人の妻や喪主の妻など極めて身近な血縁の方が着用したほうが無難です。

 

子供・学生の場合

・子供は園服があれば園服を

・学生は、学校の制服を着崩さずにきちんと着ます

・園服や制服が無ければ、黒や紺の地味な色の服装を心掛けます。

・持っていれば数珠も準備します

 

【スポンサーリンク】

ご香典マナーについて

続いて、ご香典マナー・書き方・渡し方についてご説明します。

 

  • 香典袋の書き方について

弔事用の香典袋と筆ペンまたはサインペンを用意します(ボールペンはNG)。

表書きは、故人の宗教が判っていればそれに沿って書きますが、不明の場合はどの宗派にも使える「御霊前」と記入するのが一般的です。

下段には、自分の氏名を書きます。

中包みには入封した金額を漢数字で記入し、住所と氏名を書きます。

書き終えたら、紫色の袱紗に包みます。

 

  • ご香典の渡し方について

葬儀場の受付の方にお悔やみの言葉を述べ、袱紗から香典を取り出し、手早く畳んで一旦、袱紗の上に自分の正面に向けて香典を置き、その後相手の真正面にくるよう回転させ渡します。

 

お焼香と挨拶のマナーについて

  • お焼香について

香典を渡し終えたら、読経が始まる前に列に並んでお焼香をします。

まず、遺影に向き合い、一礼をして手を合わせます。

そして、右手の親指・人差し指・中指で抹香を摘み、額の高さまで上げ、指を擦りながら香炉に落とします。

回数は、宗派によって異なります。

宗派がよく判らない場合は3回程度繰り返すと良いですよ。

その後、リンを鳴らし再び手を合わせ、遺影に一礼をしてお焼香を終了します。

 

  • 挨拶のマナーについて

お焼香を終えたあと、ご遺族の方に一言二言声をかけます。

悲しみに暮れているご遺族の方への挨拶は、声のトーンを落とし控えめな声量で。

「この度は心からお悔やみ申し上げます」が基本ですが、哀悼の意が伝わる言葉でしたら定型文以外の言葉でも大丈夫です。

ただし、「かさねがさね」「ますます」「たびたび」は禁句です。

ご遺族の負担になりかねないので却ってヘタに励まさないよう注意したいですね。

 

最後にお葬式のマナーについてのまとめ

亡くなった方への最期の対面といえるお葬式。

きちんとした服装で参列し、お悔やみすることが大切です。

ご遺族の方の気持ちを察しながら、参列しましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。