玉ねぎヨーグルトにはどんな効果が?いつ食べると効果的なの?





玉ねぎ,ヨーグルト,効果,いつ,食べる

 

今話題になっている玉ねぎヨーグルトを知っていますか?

ヨーグルトに玉ねぎを混ぜて食べるとダイエットなどを助ける効果があるんだとか。

玉ねぎもヨーグルトも体に良い食べ物ですが、いつ、どのように食べると効果的なのか、どんか味がするのか調べてみました。

玉ねぎは野菜ですがヨーグルトはそのまま食べるのはもちろん料理の隠し味にもなるので結構どんな食材にも合うのですよ★

でも何故、敢えて混ぜ合わせなければならないの?と疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

その意味も合わせて『玉ねぎヨーグルトについて』詳しくご紹介していきますね。

 

【スポンサーリンク】

玉ねぎとヨーグルトの効果について

玉ねぎヨーグルトにはその名の通り玉ねぎとヨーグルトのダブルで効果があります。

まずは玉ねぎとヨーグルトのそれぞれの効果をご説明いたします。

 

  • 玉ねぎ

玉ねぎには食物繊維のイヌリン・ビタミンB・ビタミンC・カルシウム・リン・カリウム・鉄などのミネラルが豊富です。

これらの効果は動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病など生活習慣病の予防や便秘解消、がん予防の一つである抗酸化作用が有名です。

 

  • ヨーグルト

ヨーグルトの健康効果は今やとても有名ですが、大切なポイントは含まれている乳酸菌によって若干効果も違うという点です。

食品により乳酸菌も違うため各乳酸菌の効果について有名なものを紹介いたします。

 

便秘予防
ラブレ菌・L-55株・ビフィズス菌sp株・ガセリ菌sp株・ヤクルト菌・ブルガリア菌・シロタ株…etc.

 

免疫力アップ
ラブレ菌・ビフィズス菌sp株・ガセリ菌sp株・シロタ株・BB536株

 

コレステロールの低下
クレモリスFC株・ガセリ菌sp株・N-1株

 

※本当はもっと沢山あるのですが、市販のヨーグルトで有名なものを挙げてみました。

購入する際にどんな菌が含まれているのか調べてみると良いですよ。

 

玉ねぎとヨーグルトを混ぜる意味?

さて、玉ねぎとヨーグルトの各効果についてご説明いたしましたが、この2つを混ぜるのには意味があります。

ヨーグルトのもつ乳酸菌の一つビフィズス菌と玉ねぎのもつ水溶性食物繊維のイヌリンが混ざると短錯脂肪酸がうまれます。

この短錯脂肪酸こそが玉ねぎヨーグルトの効果を担っています!

短錯脂肪酸には4つの効果があります。

 

短錯脂肪酸には4つの効果

  • 便秘予防&解消
  • 脂肪の吸収を抑制
  • 新陳代謝の促進
  • 食欲を抑制

 

この4つの効果に期待できるのはダイエットの補助便秘解消です。

水溶性食物繊維がベースなので、市販の刺激性便秘薬を飲むとお腹が痛くなる…満足に排便した気がしない…というような痙攣性便秘の方にとても嬉しい効果があります。

また、脂肪の吸収を抑制する・食欲の抑制・新陳代謝の促進する効果があるため有酸素運動を取り入れながらダイエットする方にも良い励みになりますよ。

 

【スポンサーリンク】

玉ねぎヨーグルトはいつ食べるといいの?

玉ねぎヨーグルトは食べる目的によってタイミングも違います。

また、摂取量は1日100gが良いとされています。

 

  • ダイエット目的

脂肪吸収の抑制、食欲の抑制、新陳代謝をアップさせる効果があるので運動前に50g、運動後に夕飯とともに50gが良いでしょう。

 

  • 便秘解消目的

朝食とともに50g、夕食とともに50g食べると良いでしょう。

※短錯脂肪酸の副作用は、食べ過ぎると下痢になってしまうことです。

非刺激性の便意なので腹痛に繋がることは少ないですが、お腹がゆるくなることもあるので調子を見て量を加減してみてください。

 

玉ねぎヨーグルトでダイエット&便秘解消!

玉ねぎとヨーグルトが混ざることでうまれる効果は、ダイエット効果と便秘解消に心強い味方になってくれますよ。

脂肪吸収を抑制する効果もありますが、体重を減らしたい方は有酸素運動も取り入れると尚、効果的です。

作り方はこちらをご参照ください^^

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。