お中元の時期は関東と関西で違う?過ぎてしまった後のマナーとは?





お中元,時期,関東,関西,過ぎる,マナー

 

日ごろお世話になっている方に感謝の意を込めて贈るお中元。

毎年、梅雨の時期に入るころになると思い出しますね。

また、この時期になるとテレビのCMコで「お中元」という言葉や特集を目にすることも増え、「そろそろ準備しなくちゃ。」と思う方も多いのではないでしょうか。

ただ、お中元を贈るだいたいの時期は知っていても、地域によって贈る時期に違いがあったり、贈る相手によって注意する点があるのは意外と知られていないものです。

そこで今日はお中元を贈る時期やお中元に関するマナーについてお話したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

お中元の時期はいつからいつまで?

お中元の「中元」は、道教が由来となる年中行事の一つです。

もとは、旧暦の7月15日に行われていたものの、現在の日本では新暦の7月15日もしくは8月15日に行われています。

この時期に、普段お世話になっている方々に贈り物をする習慣のことを「お中元」と呼んでいます。

おおまかにいうと、東日本では7月15日、西日本では8月15日とされていますが、

全国的には7月15日が標準とされています。

今では、デパートやスーパーのお中元商戦の関係で、どの地域も7月1日~7月15日に統一されてきています。

もし、どうしても贈る時期に迷ったら上記の時期に贈れば問題‎ありません。

でも、せっかく贈るのであればその地域に合った時期に贈りたいですよね。

そこで、各地域ごとの時期を調べてみました。(^^)

 

北海道:7月下旬~8月15日まで

東北:7月1日~7月15日

関東:7月1日~7月15日

東海:7月15日~8月15日

北陸:金沢のような都市部では7月1日~7月15日、能登などは、7月15日~8月15日

関西:7月15日~8月15日

中国:7月15日~8月15日

四国:7月15日~8月15日

九州:8月1日~8月15日

東北・関東が、7月1日~7月15日

東海・関西・中国・四国が、7月15日~8月15日

北海道が、7月下旬~8月15日

九州が、8月1日~8月15日

北海道・九州以外であれば、7月15日ごろに着くように贈れればOKですね♪

 

お中元の時期を過ぎたらどうする?

「お中元を贈ろうと思っていたのに、時期を逃してしまった。」

「贈っていない相手からお中元が届いて、返そうにも時期が過ぎてしまっている。」

こんなケースもあると思います。

そういった場合はどうすればいいでしょうか?

お中元の時期を過ぎてしまっても、表書き(のしに書く言葉)を変えれば贈ることができます。

 

▲お中元が7月15日までの地域(主に東日本)

7月16日~立秋前日 「暑中御見舞」

立秋当日~処暑 「残暑御見舞」

 

▲お中元が8月15日までの地域(主に西日本)

8月16日~処暑 「残暑御見舞」

※立秋は8月7日(もしくは8日)、処暑は8月23日です。
※目上の方に贈る場合は、「暑中御伺」「残暑御伺」とします。

【スポンサーリンク】

 

お中元の時期 その他のマナーは?

お中元の時期に関しては、上記の通りですが、時期以外にも気を付けるべき点はあります。

では、贈る側、贈られる側それぞれのマナーを紹介します。

 

  • 贈る側のマナー

・贈る品物は先方の好み・年齢・家族構成などを考慮して選びましょう。

・のしはお祝い用を使います。(品物を買う時にお店の方に任せれば大丈夫です)

・当方、もしくは先方が喪中の場合でも、お中元を贈ったり贈られたりすることには全く問題ありません。(お中元はお祝いごとの贈りものではないため)

どうしても気になる場合は時期をずらして暑中御見舞や残暑御見舞として贈りましょう。

・本来、先方のお宅に直接届けるのが習わしですが、近年では宅配便を利用することが一般的になってきています。

日ごろから大変お世話になっている方に送る場合は、品物に挨拶状を付けるか、品物が届くころに着くように手紙やはがきで挨拶状を送るのが礼儀です。

・「お中元」は継続してお世話になっている方に贈りましょう。一度だけ贈る場合は表書きは「御礼」とします。

 

  • 贈られる側のマナー

・贈られる側は特にお返しをする必要はありませんが、頂いた場合は、なるべく早く電話や手紙でお礼を伝えましょう。ちゃんと届いたことを知らせるためでもあります。

・お返しをしたい場合は、同額程度のものを「お中元」や「御礼」として贈っても問題はありません。

・親しい友人や身内に頂いた場合は電話でもOKですが、目上の方に頂いた場合は、お礼状を送るのがベターです。

 

 

いかがでしたか?

お中元の時期やマナーなど、以外に知られていないものがありましたよね。

そして、このお中元の時期やマナーなどを調べていくうちに、「日本人のよおもてなしの心」がアチコチに感じられました(^^)

お中元の時期は地域によって違いがあり、近年は早い時期に贈る傾向があります。

とはいえ、お中元は普段からの感謝を表すものなので、多少早まったり遅くなっても大丈夫です。

贈る側も、贈られる側も品物を送る・受け取るだけでなく、感謝の意を伝えることが大切なんですね☆

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。