お盆の期間はいつからいつまで?歴史や由来について説明できますか?





お盆,期間,いつから,歴史,由来,説明

 

日本にはお盆というものがあります。

そのため、夏のお盆時期には帰省する人が多いです。

しかしお盆がいつからいつまでの期間なのか知らない人も多いです。

そこで『お盆がいつからいつまでの期間なのかについて』まとめました。

そして実はお盆には、しっかりと歴史や由来が存在します。

子供が大きくなった時には、お盆に興味を持つ場合があるのでお盆の歴史や由来を説明できるようにしておきましょう。

そして子供に聞かれた時には、しっかりと説明してあげるようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

お盆とは?

お盆は、先祖の霊を供養するため の行事となっています。

そのため夏にお盆で帰省した際には、お寺へ先祖の供養を依頼する家庭もあります。

その他にはお墓やお仏壇のお掃除をして、先祖への感謝を行う場合もあります。

そして最近では行っている家庭は減ってしまったのですが、盆棚を準備してお盆を迎える家庭もありました。

盆棚を準備した場合には、お仏壇の前に小さな机を置きます。

そして机の上にすのこなどを敷いて位牌を乗せます。

位牌の他にはお供え用の果物やお水を置いて、なすやキュウリで作った牛馬を並べます。

このなすやキュウリで作る牛馬は、先祖の霊が乗って帰って来られるという意味があります。

そして一般的になすで牛、キュウリで馬を作ります。

行きはキュウリで作った馬に乗って、早く帰ってきてもらうという意味が込められています。

そして帰りはなすで作った馬に乗って、ゆっくりと帰ってもらうという意味が込められています。

なすやキュウリで作る牛馬は、夏が旬の野菜なのでお盆時期には手に入りやすいものとなっています。

そのため自宅で畑をしている家庭の場合には、自宅で採れたなすやキュウリを使っている場合も多いです。

用意したなすやキュウリに割り箸を刺して手足を付けるだけなので、簡単に作ることができます。

子供になすやキュウリで作る牛馬の意味などを教えながら一緒に作ってみましょう。

 

お盆の期間はいつから?

多くの人はお盆の時期は8月だと思っています。

しかし、実はお盆は元々は旧暦の7月に行われていた行事です。

そのため昔は7月にお盆が行われていました。

しかし明治以降は新暦が導入されたました。

そして新暦の7月は農作業が忙しく、お盆の行事をゆっくりと行えなくなってしまいました。

お盆は先祖の霊を迎えて供養する行事なので、大事にしたいという考えからお盆の時期をずらすことになりました。

その結果、「月遅れのお盆」として、8月にお盆を迎えるようになりました。

この「月遅れのお盆」が現在のお盆として残っています。

そして実はお盆の時期は地域によって異なります。

多くの人は、8月15日頃にお盆を行っています。

しかし地域によっては7月にお盆を行っていたり、8月20日前後に行っていたりします。

帰省する地域によってはお盆の時期が異なるので調べてみまし ょう。

そして多くの地域では、お盆の時期にお祭りを開催して盆踊りを行っています。

実は、この盆踊りはお盆に帰って来た先祖の霊と楽しく過ごしたあとに送り出すための行事となっています。

そして地域によっては、帰って来た先祖の霊が供養に対する喜びを表現したものが盆踊りと伝えられていることもあります。

盆踊りにも積極的に参加して、先祖の霊を送り出すようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

お盆の歴史や由来

お盆は先祖の霊を供養する行事ということは多くの人が知っています。

しかし、お盆の歴史や由来については知らないという人も多いです。

今年のお盆は歴史や由来を理解した上で、先祖の霊を供養するようにしましょう。

まずお盆という言葉は、仏教の「盂蘭盆会」や「盂蘭盆」を省略した言葉だとされています。

このお盆の始まりは、お釈迦様のお弟子様の木蓮様のお母様が始まりです。

木蓮様のお母様はお亡くなりになった後に餓鬼道に落ちてしまいました。

その時に木蓮様はお母様を助けるために、お釈迦様の教えに従って供養を行いました。

この出来事こそがお盆の始まりです。

そのため、この出来事に合わせてお盆は先祖の霊を迎えて供養を行います。

そして、このお盆の歴史は長いもので日本では朝廷の時代から行われていたと言われています。

つまりお盆の歴史は長いものなので、これからも大事にしていく必要があるのです。

子供にもお盆の歴史や由来を伝えて、お盆を大事にしていくことを教えていきましょう。

 

子供にお盆を説明するときには?

子供は成長と共に様々なことに興味関心を持つようになります。

そのため、夏休みに迎えるお盆はどんな意味があるのか、なぜ行うのかなど気になる子もいます。

もし子供がお盆に興味を持った場合には、両親や祖父母に対して疑問に思ったことを問いかけてきます。

しかし、お盆に関しては少し難しい説明を行わなくていけないものがあります。

子供の年齢によっては難しくて理解できないこともあります。

もし難しくて理解できなかった場合には、せっかく持った興味関心がなくなってしまう可能性もあります。

まだ理解するのが難しい子供がお盆に対して興味関心を持った場合には、先祖に感謝の気持ちを伝えるために行うのだと簡単な説明をするようにしましょう。

そして難しいことが理解できる年齢の子供がお盆に興味関心を持った場合には、理解しやすい言葉でお盆の歴史や由来、意味を説明するようにしましょう。

子供にもお盆の歴史や由来、意味を説明して、みんなでお盆などの行事を大事に行っていくように心掛けましょう。

 

お盆の期間についてのまとめ

日本にはお盆という先祖の供養を行う行事が存在します。

お盆は当たり前のように行われている行事なので、どのような歴史や由来、意味があるのか知らずに行っている人も多いです。

しかし、そんな何気なく行ってきたお盆は、歴史が長いものとなっています。

まずは大人がお盆の歴史や由来、意味を理解して大事に行っていくように心掛けましょう。

そして、お盆は大事な行事の1つなので子供にも伝えていく必要があります。

しかしお盆の歴史や由来の中には、難しいものもあります。

そのため子供に難しい説明をしてしまった場合には、理解できないことからお盆に対して興味関心を持ってくれなくなってしまう可能性があります。

子供にお盆の歴史や由来、意味を教える際には分かりやすい言葉や説明を行うように心掛けましょう。

そして家族みんなでお盆を大事にしていくようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。