片付けられない子どもにはどんなしつけをしたらいいの?片付けを楽しくする方法とは?

スクスク子育て知識





片付けられない,子ども,しつけ,部屋

 

子どもがいる家庭ではオモチャなどが散らかりやすい環境にあります。

親としては綺麗に片付けて欲しいと思うのですが、子どもはなかなか片付けません。

子どもが部屋を片付けない事でストレスに感じてしまう人も多いです。

そしてストレスに感じてしまう事から、しつけの仕方が悪いのではと悩んでしまう人もいます。

そこで子どもに部屋を片付けさせる為のしつけについてまとめました。

子どもが片付けない事で悩んでいる人は参考にしてみてください。

そして子どもが片付けをしない理由についても考えて改善策を考えてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

子どもは夢中になりやすい!

子どもは一旦遊び始めると夢中になってしまう為、他の事が疎かになります。

1つのオモチャに遊び飽きたら、違うオモチャを出す…というように次から次へとオモチャを出して遊び続けます。

見ている親としては飽きたら片付ければ良いと思うのですが、子どもはそうはいきません。

片付けをしながら遊びなさいと伝えても、なかなか出来ないのが子どもです。

子どもは親が思っている以上にオモチャに集中して遊んでいるのです。

夢中になって遊んでいる事で片付けをしなきゃいけないという事を忘れてしまうのです。

片付けて欲しいと思うかもしれませんが、それだけ夢中になっているという事をまずは認めてあげるようにしましょう。

そしてオモチャの種類が豊富な場合には、散らかりやすい傾向にあります。

その為、オモチャの種類を減らす事をオススメします。

頻繁に使用するオモチャだけ子どもの手が届く場所に置いて、あまり使わないオモチャは仕舞っておくなど工夫してみましょう。

 

年齢以上の事を望んでいませんか?

子どもにオモチャの片付けをちゃんとして欲しいと望む親はたくさんいます。

しかし、子どもが上手に片付けられない事で悩んでしまったり、イライラしてしまう事があります。

そんな時には、オモチャの片付け方について考え直してみましょう。

子どもは好奇心が旺盛です。

その為、色々な種類のオモチャで遊んだり、学んだりします。

たくさんの種類のオモチャがあるからこそ、親は難しい片付けを子どもに望んでしまっている事があります。

例えばオモチャを分類分けして、片付ける場所を分けている場合です。

子どもの年齢によっては分類分けが難しい事があります。

自分の子どもは、どんな片付けならできるのか観察しながら考え直してみましょう。

もし分類分けが難しいようであれば、大きなオモチャボックスに片付けさせる事から始めてみましょう。

そして大きなボックスに片付けられるようになってきたら、少しずつ分類分けをさせてみましょう。

少しずつステップアップしていく事で大人の望む片付けが出来るように成長していくと思います。

 

片付けさせる為に必要なしつけ

まずオモチャを片付けさせる為には、オモチャ専用のボックスを用意しましょう。

分類分けが難しい子には大きなオモチャボックス、簡単な分類分けができる子には引き出しなどを用意するようにしましょう。

そして、突然オモチャを片付けなさいと言っても子どもは片付けません。

片付けさせる為には、親が子どもの気持ちを上手く切り替えてあげる必要があります。

この気持ちの切り替えこそが、しつけの1つです。

もうちょっとしたら片付けの時間ですよ、などの声掛けを積極的にするように心掛けましょう。

声掛けを行う事で遊びに対する区切りをつけやすくなります。

しかし声掛けをしても片付けをしない子はたくさんいます。

その場合は、お子さんが片付けの仕方を理解していない事もあります。

面倒かもしれませんが、一緒に片付けをしながらどこに片付けるのか説明してあげるようにしましょう。

そして説明をしなくても片付けられるようになってきたら、これはどこに片付けるかな?と子どもに質問をするようにしてみましょう。

質問に答えながら片付けるようになっていくと思います。

片付けの仕方を知っているけど、やらない子もいます。

そんな子には楽しく片付けを行えるように片付けをゲームにしてしまいましょう。

 

【スポンサーリンク】

片付けをゲームにしちゃおう!

子どもに片付けをさせるには気持ちの切り替えが必要と書きましたが、まだ子どもには気持ちの切り替えが難しい場合があります。

そんな子どもには楽しくできる片付け方法がオススメです。

まず1つ目の方法は、片付け競争です。

兄弟がいる場合には兄弟で行ってみましょう。

一人っ子の場合には親が一緒に行ってください。

よーい、どんの合図と共にオモチャを拾っていきます。

そして、誰がいっぱいオモチャを片付けられたか競います。

子どもは競争心があるので、負けないように必死にオモチャを拾います。

気が付いた時には部屋が綺麗に片付いているので、楽しく片付けをできます。

負けたくないという気持ちは大きくなってからも役に立つ感情なので、上手く伸ばしてあげるようにしましょう。

2つ目の方法は、オモチャのお家探しゲームです。

まずオモチャを片付けるボックスなどに、中に片付けるオモチャの絵や写真を貼ります。

こうする事で、どこに何のオモチャを片付けるのか子どもでも分かるようになります。

そして散らかしたオモチャを子どもに手渡して、お家を探して帰してあげようね、などと声を掛けます。

絵や写真を見ながらどこに片付けるのか考えるようになります。

夢中になってオモチャのお家探しを行う事であっという間に片付けを終える事ができます。

子どもがオモチャを無事に片付ける事ができたら、大袈裟に褒めてみてください。

子どもは褒められると嬉しくなります。

そして、また褒められたいという気持ちから率先して片付けをするように変化していきます。

褒めながら伸ばしてあげるようにしましょう。

 

片付けられない子どものまとめ

子どもは夢中になりやすいので、つい部屋を散らかしてしまいます。

子どもに片付け方を学ばせる為にも専用のボックスを用意して、子どもに合った片付け方を実践していきましょう。

そして片付けをして欲しい時には、子どもが気持ちの切り替えを出来るように親がコントロールしてあげるようにしましょう。

1人で片付けが出来るようになるには時間がかかる事もあります。

イライラしてしまうかもしれませんが、気長に付き合ってあげるようにしましょう。

そして片付けが上手く出来た時には褒めてあげましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。