ノロウイルスの消毒方法を知って感染経路を断とう!嘔吐物処理には熱湯や消毒液が必須です

いつもニコニコ健康知識





ノロウイルス,消毒方法,感染経路,嘔吐物処理,熱湯,消毒液

 

ノロ・ロタ・サポウイルスこれらは感染性胃腸炎と呼ばれ激しい嘔吐・下痢・腹痛・発熱の症状が出る上に強い感染力が特徴で我慢出来るような症状ではない為、普通の風邪よりも辛くタチが悪い感染症です。

飲食店などでノロウイルスが発生すると集団食中毒になりやすく営業停止になってしまうことも珍しくありません。

このようにノロウイルスは感染力が物凄く強い為、万一感染した場合は嘔吐物の処理と消毒方法が最大のポイントになります。

乾燥しているこの時期にノロウイルス始め感染性胃腸炎が流行すると嘔吐物の処理と消毒方法が正しく行われなければウイルスが浮遊し口に入り新たにノロウイルスの感染者が増えていきます。

その為、外出先でも要注意です。

嘔吐恐怖症の私が我が家の嘔吐物処理方法と消毒方法とノロウイルスはじめ感染性胃腸炎についての豆知識をご説明いたします。

 

【スポンサーリンク】

ノロウイルス・感染性胃腸炎の感染経路は

二枚貝にノロウイルスが蓄積されています。

特に牡蠣は加熱用と生食用が販売されていますが生食用でも要注意です。

生食用として販売するには厳しい検査がありますが、細菌(ノロウイルスではない)の数が基準値をクリアしていても貝毒が蓄積されている場合もあるため中心部までしっかりと加熱をした方がノロウイルスへのリスクは減ります。

加熱用の牡蠣は必ずしっかりと加熱をしてください!(酢でしめられていてもノロウイルスには効きません)

ノロウイルスは少量で感染してしまうので、そうなると嘔吐・下痢が始まります。

吐瀉物や便に大量のウイルスが含まれている為、嘔吐物の処理・消毒を簡単に済ませてしまうとウイルスが舞い上がり口に入って新たな感染者を生み出します。

これは家庭内では勿論、外出先でも起こり得る事なので感染しない為の対策が必要です。

 

※私がしている感染経路対策※

  • 外食(特にショッピングモールのフードコート、うどん・蕎麦屋、ナマモノを扱う飲食店)を避ける
  • マスクをする
  • トイレは家で済ます
  • 消毒液(後述)を持ち歩く

 

嘔吐物と便の処理が要。消毒道具は?

正しく嘔吐物を処理しなければ必ずと言っていい程二次感染を引き起こします。

特に小さなお子さんは処構わず吐いてしまいますよね。

こんな時に素早く消毒できるよう必要な消毒道具を1ヶ所にまとめて備えておきましょう。

以下は我が家で備えている消毒道具です。

 

  • 消毒液
    画像のものはクレベリンスプレーです。(薬局にありましました)
    希釈する必要が無いのでそのままスプレーできます。
    塩素系ハイター(塩素系漂白剤)や泡カビキラーも必ず揃えておきます。

※開封済みの物は劣化している可能性がある為必ず新品で揃えます。

 

  • 500mlのペットボトル・バケツ
    塩素系漂白剤で消毒する場合に使用します。

 

  • 使い捨てビニール手袋・マスク・使い捨てエプロン
    ※使い回し厳禁!

 

  • 色落ちしても良い服
    嘔吐物を処理するときにウイルスが服に付く場合があるため、衣服の消毒も必要になります。

 

  • ジッパー式の袋&ゴミ袋
    ジッパー式の物は密封できる為ウイルスが飛び散らないので安心です。

 

  • キッチンペーパー
    ※嘔吐物処理後に料理用にしない事!

 

【スポンサーリンク】

感染経路を断つ!消毒方法は?

それでは消毒方法をご説明します。

1 .素早く且つ慌てずに使い捨てエプロン・ビニール手袋・マスク・色落ちしても良い服を装着する

 

2 .子供の服を全て脱がし衣服を消毒する

※熱湯消毒するか塩素消毒するか廃棄するか決めます

○熱湯消毒する場合○

大きな鍋にお湯を沸かし沸騰させたまま服を鍋に投入し5分以上煮ます

衣服が鍋に入らない場合は、大量にお湯を沸かし沸騰したら衣服に直接1分間じっくりと掛けます

 

○塩素消毒する場合(色落ち注意)○

500mlのペットボトルに水を入れ塩素系漂白剤のキャップ2杯入れ、振り混ぜ消毒液を作ります

バケツに作った消毒液を入れ、汚れた衣服を投入し30分以上浸け置きします

その後、廃棄するか洗濯機で洗います。(嘔吐物が付いていたものと、普段着は分けて洗って下さい)

 

○廃棄する場合○

大きめの袋に上記の塩素消毒する場合同様消毒液を作り服と消毒液を投入します

固く袋の口を縛り更に大きめの袋に入れ、密封します

 

3 嘔吐した場所に消毒液をスプレーしキッチンペーパーを上から載せ更にスプレーし30分以上放置する

汚れていない場所にもウイルスが飛び散っている可能性が高いので広範囲にスプレーしてください!

また、30分程度そのままにしてください

 

4 .感染者の口をそそがせ30分後に使い捨て手袋・マスク・エプロン・衣服・3の消毒工程で出たゴミを消毒する

処理時に使った使い捨てのものに泡カビキラーやクレベリンスプレー、塩素系漂白剤で作った消毒液をまんべんなく吹きかけ廃棄します

使用したキッチンペーパーなどは念には念を入れてジッパー式の袋にいれて密封し更にゴミ袋に入れて固く口を縛り廃棄します

衣服は上記で説明した熱湯消毒がオススメです

口をそそいだ後も洗面所に消毒液をスプレーしましょう

 

5 服を着る

感染者・看病者共に次の嘔吐に備えるため着古した服がオススメです

※特にポイントなのは2〜4の工程で、消毒に消毒を重ねます

下痢が酷い場合は下着の消毒が重要です

また使用後のトイレには必ず塩素系漂白剤をスプレーして消毒します

 

嘔吐物消毒のよくある質問

Q カーペット・布団に嘔吐下痢をした場合は…

お湯を沸かし熱湯消毒をしましょう

広範囲に1分間じっくりお湯を掛け続けます

その後スチームアイロンが使える素材でしたらじっくりと熱を加えれば死滅します

Q アルコールは効かないの?

インフルエンザや食中毒菌とは違い感染性胃腸炎にはアルコールは効きませんが、最近発売された手ぴかジェルプラス(黄色のキャップ)は効く…かもしれません

しかしながら、やはり普通のアルコールでは死滅しません

Q 飲食店や外出先で感染性胃腸炎を防ぐには?

調理されたものにウイルスが付いていたら残念ながら防げないのでなるべくなら外食は避けた方が良いでしょう

特に子供が集まりやすい飲食店や外出先は要注意です

外出するならマスクをし、クレベリンを小さな容器に移し入れていつでも消毒出来る状態にしておくと安心です!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。