お酒が飲めない人はつまらない?飲めない人の忘年会の過ごし方とは?

知っておきたい大人のマナー





飲めない,つまらない,忘年会,過ごし方

年末にかけて、仕事が忙しくなる皆さま。

毎日お疲れさまでございますm(_ _)m

そんな皆さまの疲れも吹き飛ばすお楽しみと言ったら・・・

「忘年会!!」ですよね(^^)

お酒を飲んで、美味しい食事に舌鼓☆

「今日は無礼講でOK!」なんてことで、普段は垣根のある上司などともラフなお酒が飲める貴重な機会でもあるのが忘年会ですよね。

しかし、お酒が飲める人はいいけど・・・飲めない人にとっては忘年会などのお酒の席は正直、苦痛な部分もあるんですよね(>_<;)苦笑

でも、社会人にとって職場の忘年会は出席必須!

お酒が飲めないからと言って断れませんよね・・・。

そこで、お酒が飲めない人でも忘年会などのお酒の席をもっと楽しく過ごせる方法について今日はお話してみたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

飲めない人と飲める人の違いって何?

では、お酒に強い人と弱い人との差はなんでしょうか?

これは主に肝臓で働く酵素が原因とされています。

アルコールを飲むと胃や小腸から吸収されて肝臓に運ばれアセトアルデヒドに分解されます。

分解されたアセトアルデヒドがさらに分解され尿や汗として体外に排出されます。

アルコール自体にはあまり毒性はありませんが、アルコールが分解された後の アセトアルデヒドには強い毒性があります。

アセトアルデヒドが処理できずに体内に多く残ってしまうと、頭痛や吐き気などの不快な状態になってしまいます。

このように、アセトアルデヒドを分解する能力が強い人は「お酒に強い人」、アセトアルデヒドを分解する力が弱いと「お酒に弱い人」、まったく分解できないと「お酒が飲めない人」という分類になります。

 

アセトアルデヒドの分解の能力はどうやって決まる?

アセトアルデヒドを分解する能力は「アルコール脱水素酵素(ALDH2)」と呼ばれ、3つに分類することができます。

この分類は第12染色体によって決まるため、この型自体は生涯変わることはありません。

つまり、お酒に弱い人は一生弱く、強い人は一生強いというわけです。

飲めない人が毎日飲む練習をすれば強くなるという噂はよく聞きますが、遺伝子学的には変わらないということなんですね。

 

【スポンサーリンク】

飲めない人の過ごし方

お酒を飲めない人が忘年会などのお酒の席でイヤな気分になるひとつに、上司たちからの『君は、お酒が飲めないのかぃ?』、仲間たちからの『ガンガン飲みましょうよ~!』などという言葉たち。

お酒が飲めない人たちは、この言葉たちに返す言葉をいつも探さなくてはいけません。

コレって結構なストレスなんですよね。笑

そんなときに、相手も納得の返事をしたら、少しは煩わしさがスッキリするのではないでしょうか♪

 

先に乾杯だけお付き合いしますと伝えておく

忘年会に参加するより先に乾杯だけお付き合いすると幹事に伝えておき、その後ソフトドリンクに変えても問題ないようにしておきましょう。

この方法だとお酒に酔いだした人が絡んできても、事前にお断りしていると自信を持って言い切ることができます。

乾杯だけの約束で参加しましたのでと言えば、無理強いで飲ませようとしてくる人は少ないでしょう。

飲まないと一言幹事に伝えておきましょう。

 

車の運転をすると伝える

ビール1杯のアルコールを分解するのに3時間ほどかかるというデータもありますが、 個人差はもちろん、そのときの体調によっても大きく前後します。

全日本トラック協会や日本バス協会のマニュアルでは「勤務時間前8時間は飲酒を禁止とする」という一文もあるらしく、「8時間」というのが一定の業界基準のようです。

ですから、忘年会の翌日に運転する場合であっても飲む量によっては、アルコールが分解し切れてない場合もありえるのです。

つまり、次の日に運転をする必要があるという事はお酒NGの理由になるんです。

 

風邪を装う

誘いや約束を断る時に使うのが、この奥義ではないでしょう(^^)笑

忘年会であろうと体調が悪い人にお酒を無理に勧める人はいません。

つまり風邪を装うことは忘年会で飲まないようにするいい方法です。

特に胃腸関係の風邪であると言えば、後に吐かれる可能性もあるので飲まないで過ごすのにベストな方法と言えます。

 

これらの飲めない正当な理由を今年からは用意して忘年会に行くことで、お酒の席が苦手な飲めない人も少しは気分が軽くなるのではないでしょうか☆(^^)

 

飲めない人の過ごし方のまとめ

最後に・・・

飲めない人が忘年会などのお酒の席をどのように過ごすかについては、是非とも幹事の皆さまにも少し考えていただきたいですね。

忘年会のプログラムを決める際に、飲める人も飲めない人も楽しく過ごせるような内容、企画にしてほしいです☆

1年の汗を美味しいお酒と美味しいノジュースでさっぱり流して、来年の英気を養いましょう♪♪

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。