年越しそばの由来を知って、しっぽり新年を迎えましょう

意外と知らない生活知識





年越し,そば,由来,新年

 

一年の締めくくりとして欠かせないのが何といっても年越しそばです。

日本人にとってはもはや当たり前の食文化となっていますね。

ですが、年越しそばの由来や歴史をご存知ですか?

実は年越しそばには新年に向けた様々な願いが込められているのです。

単純に「大みそかだから年越しそば」としてついつい由来や意味は見過ごされがちになってしまうものです。

どうして年越しそばを食べるのか?

その由来を知って、しっぽりと新年をむかえましょう。

 

【スポンサーリンク】

年越しそばの習慣はいつごろから始まった?

年越しそばの歴史は古く、江戸時代には既にその習慣が確立されていたと言われています。

歴史上の文献にも多数年越しそばに関する記述を見て取ることができます。

多様な文化が発展し庶民にまで浸透していった時期が江戸時代。

大みそかにそばを食べるという習慣はこのころから日本人の常識となっていたのですね。

 

年越しそばの由来とは?

そんな長い歴史をもつ年越しそば。現代にいたるまで途絶えることなく受け継がれるのには理由があったのです。

年越しそばの由来についてお話しします。

様々な説がありますが、代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

 

  1. 健康長寿うどんと比較すると細く長いのがそばの特徴です。この「細くても長く」には「贅沢ではなくとも健康で長生きできますように」という願いが込められているのです。
  2. 子孫の繁栄こちらも「細く長く」を由来としています。一家が末永く存続していきますようにという願いを込めたものです。
  3. その年の厄を新年に持ち越さないそばは細く油脂類も含まれていないため、うどんやそうめんなどよりも切れやすい傾向にあります。おおみそかにそばを食べることで、「その年の嫌なことを断ち切って新年に持ち越さない」ことを願ったとされています。
  4. お金が貯まりますように金細工の職人が周囲に飛び散った金粉を集める際に使用していたのがそば粉を練った団子の様なものだそうです。職人たちはその団子に金粉を吸着させて、金を無駄にすることなく使用していました。そのことから、「お金が集まりますように」や「余計なお金が飛んでいきませんように」と言った願いを込めてそばを食するという説です。

 

【スポンサーリンク】

新年への願いを込めて食べるのが年越しそば

年越しそばの由来について何点がご紹介してきました。

どの説にも共通して言えることは、新年に向けた家族の願いが込められていることですね。

家族みんなが健康で長生きしますように。

多くの子孫に恵まれますように。

厄災に見舞われませんように。

お金に困りませんように。

これらはいつの時代でも変わることのない願いです。

一年の締めくくりにそばを食べることはこれほど大きな意味を持っていたのですね。

これから迎える新年が幸せな一年でありますようにという願いを形にしたのが年越しそばだったのです。

家族愛は時代を問わず不変なものです。

このような由来を持つため、年越しそばの風習は途絶えることなく受け継がれてきたのでしょう。

ささやかですがとても大切な願いが込められているのが年越しそば。

一年の締めくくりと新年への準備としてピッタリですね。

年越しそばの由来をかみしめながら味わうことで、しっぽりと新年を迎えてみませんか。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。