年賀状の由来や意味を子供向けに説明してみよう。年賀状の文化はいつから始まったの?

意外と知らない生活知識





年賀状,由来,子供向け,説明,意味

 

クリスマスが終わると、あっという間にお正月がやってきます。

そんなお正月には年賀状を送る人が多いかと思います。

最近は大人だけでなく子供も年賀状を送るようになってきました。

しかし子供は年賀状の由来や意味、送る理由について理解していない場合が多いです。

その為、子供が両親に年賀状の由来や意味、送る理由を尋ねてくる事もあります。

しかし由来などは難しいため、子供が理解できるように説明するのは難しいと思います。

そこで子供でも理解できる年賀状の由来や送る理由についてまとめました。

子供にも年賀状の由来や送る理由をしっかりと説明して、年賀状の大切さを理解してもらうようにしましょう。

そして大人も年賀状の大切さを理解した上で送るようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

「年賀状」という名前の意味

お正月には年賀状を出す人が多いかと思います。

そんな年賀状は、なぜ「年賀状」と呼ばれているか考えた事がありますか?

「年賀状」という言葉にはしっかりと意味があります。

まずはその意味を知ってみましょう。

年賀状の「年」は新しい年を示しています。

そして年賀状の「賀」は祝福するという意味を示しています。

つまり年賀状には、相手が新年を迎えられた事に対して祝福をしています、という意味が込められているのです。

年賀状を送る場合には、相手に対して祝福しているという気持ちを込めながらメッセージを書くようにしましょう。

 

年賀状の由来

年賀状は送るのが当たり前という感覚でいる人が多いかと思います。

そんな年賀状の始まりは平安時代だとされています。

平安時代に貴族は、手紙でやり取りを行っていました。

その為、手紙を書く際に役立つ文例集がまとめられていました。

その中に新年の挨拶に関する文例があったのです。

しかし基本的には、お世話になった方や親戚の方を訪ねて新年の挨拶を行う「年始回り」というものが行われていました。

その為、手紙で行う新年の挨拶は一部の貴族が遠方に住む親戚などに行っていたと考えられています。

そして江戸時代になると「飛脚」という郵便のようなものが充実するようになりました。

その結果、庶民でも手紙で新年の挨拶が行えるようになったとされています。

 

【スポンサーリンク】

年賀状を送る意味とは?

年賀状は、昔は遠方の親戚など会えないような人に新年の挨拶をする為に送られていました。

しかし現在では、「年始回り」のような事をしている方は少ないと思います。

その為、遠方の親戚だけではなく仕事などでお世話になっている人にも年賀状を送っているかと思います。

年賀状を送る事は義務だと感じてしまっている方も多いかと思います。

しかし年賀状を送る事で、お世話になってきている方には感謝の気持ちを伝える事が出来ます。

普段はなかなか言えない感謝の気持ちも年賀状に書いて伝えてみましょう。

そして仕事や育児などが忙しい場合には、友人になかなか会えないという事もあると思います。

そんな場合でも年賀状を出す事で、これからも良好な関係を築いていけます。

お互いに忙しい時期が終わった後に遊びに行けるような関係でいる為にも、年賀状を出して関係を維持するように心掛けましょう。

さらに遠方の親戚などに送る場合には、お互いの近況を知る事も出来ます。

遠方の親戚は、何かキッカケがないと連絡を取らないかと思います。

新年に年賀状で連絡を取る事で、良好な関係でいられると思います。

どんな人も年賀状が送られてきた場合には嬉しいと思います。

積極的に出すようにしましょう。

 

子供に分かりやすく説明するには?

子供は好奇心が旺盛です。

その為、「どうして年賀状を送るの?」と疑問に思う時期が来ます。

そんな時が来た時には、子供でも理解できるように分かりやすい説明を行う必要があります。

子供に伝えた方が良い点をまとめたので、分かりやすく説明をしてあげましょう。

まず年賀状は、手紙の一種だという事を説明しましょう。

そして、どんな事を伝える手紙なのかという事も説明する必要があります。

子供にとって「相手が新年を迎えられたお祝い」という説明は難しいかと思います。

その為、「新しい年を迎えた事に対する挨拶の意味がある手紙」と説明すると良いかと思います。

そして、「新しい年になっても仲良くしてね」という意味も込められていると説明しましょう。

子供なりに年賀状は大事な手紙なのだと理解してくれると思います。

そして子供が年賀状を書く場合には、文字だけではなく装飾を施したいと思うものです。

子供でも簡単に装飾が行えるスタンプやシールなどを用意してあげる事をおすすめします。

楽しみながら年賀状を作成できるように工夫をしてあげましょう。

年賀状,由来,子供,説明

 

年賀状の由来のまとめ

年賀状は、出すのが当たり前のようになっているかと思います。

そんな年賀状を始めたのは、平安時代の貴族だと言われています。

しかし新年にはお世話になった方や親戚の家を訪れて「年始回り」という挨拶を行っていたとされています。

その為、遠方の親戚など尋ねるのが難しい場合に手紙で新年の挨拶をしていたと言われています。

そして江戸時代になると郵便のような役割の「飛脚」が充実し始めたので、庶民でも遠方の親戚に対して手紙で新年の挨拶を行えるようになったとされています。

つまり年賀状の歴史はとても長いものなのです。

そんな年賀状は、送る相手が新しい年を迎えられた事に対する祝福の意味が込められています。

年賀状を送る場合には、この意味が込められている事を思い出しながら書いてみましょう。

素敵な年賀状を書く事が出来ると思います。

年賀状は、お世話になった方に対して感謝を伝える事が出来るものとなっています。

普段は口に出して言えないような感謝の気持ちも書いてみると良いかと思います。

そして友人などに出す場合には、良好な関係を築き続ける事が出来るものとなっています。

久しく連絡を取っていない相手にも年賀状だったら送りやすいので、年賀状を出してお互いに近況報告をし合うのも良いかと思います。

素敵な友人との関係を維持する為にも年賀状を出してみましょう。

そして最近では年賀状は子供も出している事が増えてきました。

子供は好奇心が旺盛な為、年賀状を送る意味を聞いてくる場合があります。

そんな時には、「年賀状には新しい年になってもよろしくね」と挨拶を行う為のものだと説明をしてあげましょう。

年賀状が大切なものだと理解してくれると思います。

そして素敵な年賀状にする為に、簡単に装飾を施す事が出来るスタンプやシールを用意してあげると良いかと思います。

子供と一緒に楽しみながら素敵な年賀状を作成してみましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。