納豆の賞味期限はいつまでなら食べられるの?





 

世の中には賞味期限が切れていても、保存方法さえしっかりしていれば食べられるものがあります。

納豆もその中の代表的な食べ物の一つです!

納豆は数週間くらい賞味期限が切れていても食べることができます。

しかし、いくら数週間たっても食べられるといっても限度がありますよね。

因みに我が家では賞味期限が切れてから3週間経った納豆を食べたことがあります。

冷蔵保存をしていたのですが固くて“賞味期限切れ”という点を考えると確かに“美味しくいただける期限”ではないな〜というのが感想でしたが、胃腸の弱い私でもお腹を壊すことはありませんでした^^

さて、それでは『納豆は賞味期限が切れてからいつまでなら食べられるのか』ご説明いたします。

 

【スポンサーリンク】

間違わないで!賞味期限と消費期限

食べ物には賞味期限または消費期限が設けられています。

賞味期限“美味しく食べられる期限”で、消費期限“食の安全が保証されている期限”です。

しかし、ここで間違えていけないことは賞味期限内であっても正しく保存することが大切です。

食べ物によっては“賞味期限内”であっても正しく保存しなければカビが生えたり酸化したりと体に良くない影響がでることもあるので注意しましょう。

 

納豆の賞味期限切れ!いつまでなら食べられる?

さて、本題です。

賞味期限が切れた納豆はいつまでなら食べられるのでしょうか。

納豆の場合は、だいたい賞味期限が切れてから2週間は大丈夫です!

※ただしこれは、冷蔵保存していた場合に限ります。

賞味期限内であっても常温で保存しておくと、カビが生えたり腐敗菌が付着しやすくなり食あたりや人体に悪影響を及ぼすので購入したら必ず冷蔵庫で保存しましょう!

 

納豆の発酵と腐敗の違いについて

納豆は、納豆菌によって発酵をした食品です。

よく「納豆は元々腐っている」という方もいますが、発酵と腐敗は全く違います!

納豆は人体に有益な菌(納豆なら納豆菌、ヨーグルトなら乳酸菌、ビフィズス菌など)で発酵促進させたものなので腐っているわけではありません。

腐敗は食中毒菌(黄色ぶどう球菌やウェルシュ菌、サルモネラ菌など)が涌いたものをいいます。

納豆は“発酵食品”で人体に良い影響をもたらす菌であり腐っているわけではありません。

しかし、常温で保存するとカビ菌をはじめ腐敗菌に侵されることもあるので必ず冷蔵庫で保存しましょう。

【スポンサーリンク】

賞味期限が切れた納豆の味やニオイは?

冷蔵保存をしていても賞味期限が切れてしまうとニオイがキツくなり、表面は固くなり美味しくいただけなくなります。

賞味期限は美味しく食べられる期限なので、当然といえば当然ですね…。

美味しくいただくには、やはり賞味期限内が一番です。

 

納豆が腐るとどうなるの?

納豆が腐敗菌(食中毒菌)に侵されると、ニオイがキツくなり、納豆の特徴であるネバネバとした糸が全く引かなくなり、水っぽくなったり、黒っぽく変色したりカビが生えたりします。

こうなると食べるのは絶対NG!

腹痛・下痢・吐き気・嘔吐などお腹を壊してしまいます。

納豆が腐敗するのは、賞味期限内であっても冷蔵保存しないと起こりえます。

冷蔵保存することが大切なのです。

 

納豆の賞味期限が切れたら…

納豆は賞味期限が切れても、冷蔵保存してさえいればすぐには腐りません。

だいたい10日〜2週間は大丈夫です!!

ただし、固くなったりニオイがキツくなったりと美味しくなくなってしまいます…。

また、賞味期限内であっても冷蔵保存していないと食中毒の原因になるので、必ず購入した際は冷蔵庫で保存しましょう!

お値段も安いのに栄養満点な納豆!

上手に活用して健康に活かしたいですね!

因みに、付属の醤油と辛子が一般的ですが、我が家では塩も人気です。

塩分なので、体を考えると制限は必要ですが、醤油に飽きたら塩もお試しください(笑)

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。