もつ鍋の具材であるホルモンの部位の名前を知ってますか?

おいしく食べたい料理・食品知識





もつ鍋,具材,ホルモン,部位,名前

 

お酒と一緒に楽しめるおつまみの中で、もつ鍋は人気のある料理の1つとなっています。

もつ鍋には様々な具材が入っているので満足感を感じやすいです。

そんなもつ鍋の具材にはホルモンが使われているのですが、どの部位なのか知らない人も多いです。

そして部位だけでなく、名前を知らないという人もいます。

そこで、もつ鍋に使われているホルモンの部位や名前についてまとめました。

ホルモンの部位や名前を知っておく事で自宅でも作る事が出来ます。

ぜひ自宅でもつ鍋を作ってみてください。

【スポンサーリンク】

 

もつ鍋とは?

もつ鍋は福岡の博多名物として有名な鍋料理です。

牛や豚の内臓、ニラやキャベツなど様々な具材を入れて煮込んだものとなっています。

様々な具材が入っているからこそ、満足感を得やすい料理となっています。

そんなもつ鍋は味噌味が有名なのですが、醤油味や塩味、韓国風の辛い味など様々な味があります。

どの味付けも美味しいだけでなく、お酒との相性も良いのでおつまみとしても人気があります。

そして博多で食べる場合には、シメにちゃんぽん麺を入れる事が多いです。

もつ鍋は、温めるだけで手軽に食べられるものも販売されています。

その為、家庭でも楽しめる料理の1つとなっています。

さらに最近では、もつ鍋専用のスープやもつ鍋用のお肉もスーパーで販売されるようになってきました。

その事から家庭でもつ鍋を作って楽しんでいる人も増えてきています。

自宅で美味しいもつ鍋を楽しむ為にも、もつ鍋に使われているホルモンがどの部位なのか知っておきましょう。

 

もつ鍋に使われているホルモンはどの部位?

もつ鍋を作る際に必ず欠かせないのが、ホルモンです。

もつ」や「ホルモン」とは、内臓全般の事を指しています。

つまり、もつ鍋に使われているのは内臓なのです。

もつ鍋に使われている主なホルモンは、牛や豚の小腸と大腸となっています。

風味の違いなどによって好みが分かれるので、自宅でもつ鍋を手作りする際にはお好みのホルモンを用意されると良いかと思います。

中には牛と豚の両方を混ぜて作る人もいます。

どちらで作っても美味しいので、好きな方で作ってみましょう。

もつ鍋,具材,ホルモン,部位,名前

 

ホルモンをスーパーで購入する際には…

自宅でもつ鍋を手作りする際には、具材やスープなどを用意する必要があります。

最近はもつ鍋専用のスープが販売されているので、スープは簡単に用意できるかと思います。

そして野菜に関しては好きなものを用意するだけなので、ニラやキャベツなどお好みで用意してみましょう。

もつ鍋を作る際に1番悩む具材はホルモンです。

スーパーによっては、パックに「もつ鍋用」や「もつ」などと表示されています。

しかし、このような表示をしていないスーパーも存在します。

その場合には、自分で好みのホルモンを選んで購入する必要があります。

もつ鍋には主に牛や豚の小腸と大腸が使用されているので、探してみましょう。

そして、もし見つからない場合には店員さんに聞いてみると良いかと思います。

中には精肉店で購入される人もいると思います。

精肉店で購入される場合には、もつ鍋を作る事を伝えるとオススメのホルモンを教えてもらえると思います。

まずはお好みのホルモンを用意しましょう。

そしてホルモンは新鮮さが大事なものとなっています。

新鮮さが失われていくと臭くなっていく為、美味しくないと思ってしまう人も多いです。

つまりホルモンを購入する際には、新鮮そうなホルモンを選ぶ必要があります。

ホルモンの新鮮さは、まず見た目で判断する事が出来ます。

新鮮なホルモンはピンク色っぽい見た目をしています。

そして新鮮さが失われてしまっているホルモンは、くすんだ色になっています。

誰が見ても違いが分かるものとなっているので、色を確認するようにしましょう。

そして、色だけでなく臭いで新鮮さを確認する事が出来ます。

新鮮さが失われてしまっているホルモンは、酸っぱい臭いを感じます。

購入する際には、色や臭いを確認して新鮮なものを選ぶようにしましょう。

【スポンサーリンク】

 

もつ鍋を自宅で作ってみよう

居酒屋などで食べるもつ鍋も美味しいのですが、自宅でも美味しいもつ鍋を作る事が出来ます。

是非もつ鍋を作ってみましょう。

まず、もつ鍋を作る際には具材やスープを準備する必要があります。

スープはもつ鍋専用のものが販売されているので、それを使用する事で簡単に作る事が出来ます。

もしスープも自分で作りたいと思った場合には、先にお好みの味のスープを作っておきましょう。

そして、具材はホルモンとお好きな野菜を準備します。

まずは具材を食べやすい大きさにカットしていきます。

次にスープの中にホルモンを入れて煮込んでいきます。

ホルモンは煮込んでいくとアクが出てくるので、すくいましょう。

ホルモンを煮込んだ後は、キャベツやニラなどのお好みの具材を乗せていきます。

あとは野菜がしんなりとするまで煮込むだけです。

シメにちゃんぽん麺や中華麺を入れる事で、さらに楽しむ事が出来るので試してみてください。

もつ鍋は自宅でも簡単に作る事が出来るのでチャレンジしてみてください。

 

もつ鍋の具材についてのまとめ

もつ鍋は福岡の博多名物として人気のある料理です。

お酒とも相性が良いので、お酒のおつまみとして食べている人も多いです。

そんなもつ鍋にはホルモンや様々な野菜がたくさん入っています。

その為、満足感を感じられる料理となっています。

「ホルモン」とは内臓全般の事を指している言葉なのですが、もつ鍋には主にウシやブタの小腸や大腸が使用されています。

最近では、スーパーでも販売されているので簡単に手に入れる事が出来ます。

スーパーによっては「もつ鍋用」や「もつ」などと表示されているので見付けやすいかと思います。

ホルモンは新鮮さが失われてくると臭いがきつくなってきます。

臭いがきつくなってしまった場合には、美味しいもつ鍋を作れなくなってしまう可能性があります。

ホルモンを購入する際には新鮮なものを見極めるようにしましょう。

ホルモンの新鮮さを見極めるポイントは、色と臭いです。

新鮮なホルモンはピンク色っぽい見た目をしていて、臭いもきつくないです

しかし新鮮さが失われてしまったものはくすんだ色へと変わってしまい、酸っぱい臭いがします。

誰でも簡単に見極める事が出来るので、ホルモンを購入する際には新鮮なものを選ぶようにしましょう。

そして最近ではもつ鍋専用のスープも販売されているので、自宅で簡単にもつ鍋を作る事が出来ます。

スープや好きな具材を購入して、自宅でもつ鍋を楽しんでみましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。