ミルフィーユ鍋の作り方は肉や出汁の種類にこだわってみよう





ミルフィーユ鍋,肉,種類,出汁

 

寒い季節になると温かい料理が食べたくなります。

温かい料理の中でもミルフィーユ鍋は簡単に作れるので人気があります。

しかしミルフィーユ鍋を作る際には、毎回似たような料理になってしまう人が多いです。

その為、飽きてしまいやすいです。

そんなミルフィーユ鍋は使用する肉やだしの種類にこだわる事で全く別の料理として楽しむ事が出来ます。

そこでミルフィーユ鍋を作る際のアレンジについてまとめました。

寒い季節には肉やだしの種類にこだわったミルフィーユ鍋を楽しんでみてください。

 

【スポンサーリンク】

多くの人が楽しんでいるミルフィーユ鍋

ミルフィーユ鍋は白菜とお肉を交互に並べて、煮た鍋の事です。

まず白菜を食べやすい大きさにカットします。

そして白菜と豚肉を交互に重ねていきます。

その白菜と豚肉を重ねたものを鍋に綺麗に並べます。

綺麗に並べた後は、適量のお水を入れてからだしの素を振りかけます。

この後は蓋をして煮るだけです。

火が通ったら完成です。

材料もお肉と白菜だけで作る事が出来るので気軽に作りやすい料理となっています。

もちろんお肉と白菜以外のものを入れても美味しいものが出来上がります。

寒い冬にはミルフィーユ鍋を作って楽しんでみましょう。

 

同じ味付けだけでは飽きやすい!

ミルフィーユ鍋は簡単に作れるのですが、美味しい料理なので人気があります。

そんなミルフィーユ鍋は、だしの素で味付けをするのが一般的です。

しかし、毎回同じ味だと飽きてしまう人も多いです。

ミルフィーユ鍋は簡単に気軽に作れる料理だからこそ飽きずに楽しみたいと思うものです。

ミルフィーユ鍋は使用する材料が少ないからこそ、アレンジをして楽しむ事が出来る料理です。

お肉やだしの種類を変えるだけで、全く違ったミルフィーユ鍋を楽しむ事が出来ます。

普段のミルフィーユ鍋に飽きてしまった場合には実践してみましょう。

そして、どのアレンジも簡単に出来ますし、美味しく仕上がります。

美味しいミルフィーユ鍋を食べて寒い冬を乗り切りましょう。

 

【スポンサーリンク】

肉の種類を変えてみよう

ミルフィーユ鍋を作る際には、豚バラ肉を使用する人が多いです。

豚バラ肉は広げやすい為、白菜と交互に並べやすいからです。

しかし、毎回同じお肉だと飽きてしまう人も多いです。

そんな時にオススメなのが牛肉です。

牛肉でミルフィーユ鍋を作る事で、豚バラ肉よりもガッツリとした感じがあります。

その為、男性や食べ盛りの子供からは喜ばれやすいかと思います。

豚バラ肉よりもガッツリした料理にしたい場合には、牛肉を使用してみましょう。

しかし、中には豚バラ肉でも胃もたれを起こしてしまう人がいます。

そのような場合には、豚肩ロースを使用する事をオススメします。

豚肩ロースは、豚バラよりも脂身が少ないです。

その為、さっぱりと食べる事が出来ます。

その時の気分に合わせて使用するお肉を変えてみましょう。

 

だしの種類や味付けを変えてみよう

ミルフィーユ鍋を作る際には、お水とだしの素を入れて煮るのが一般的です。

しかし、この味付け以外でも美味しく食べる事が出来ます。

まずオススメなのが、すき焼き風の味付けです。

これは特に牛肉を使用して作った時にオススメとなっています。

甘辛い味付けなので、子供にも人気があります。

すき焼き風にした場合には長ネギを入れるのもオススメとなっています。

そして次にオススメなのが、キムチ鍋風です。

キムチ鍋は寒い日に食べる事で、さらに暖まる事が出来ます。

その為、特に冷え込んでいる日にはオススメの味付けとなっています。

そしてキムチ鍋風にした場合には、相性の良い豚肉で作る事をオススメします。

その他には、食べる直前にレモン汁をかけてみたり、大根おろしを乗せるのもオススメとなっています。

レモン汁や大根おろしと一緒に食べる事で、さっぱりとした風味にする事が出来ます。

大根おろしを乗せた時には、ポン酢をかける事でさらにさっぱりとした味付けにする事が出来ます。

ミルフィーユ鍋は使用している材料が少ない為、味付けのアレンジもしやすい料理となっています。

オリジナルのアレンジをして、美味しいミルフィーユ鍋を作ってみましょう。

 

ミルフィーユ鍋,肉,種類,出汁

 

ミルフィーユ鍋はお肉や出汁にこだわろうのまとめ

ミルフィーユ鍋は白菜とお肉を交互に重ねて煮込んだ料理の事です。

一般的には、豚バラ肉を使用して作る場合が多いです。

そして味付けは、水とだしの素で行う人が多いです。

簡単に出来る料理だからこそ頻繁に作ってしまうのですが、毎回同じ味付けやお肉だと飽きてしまう人もいます。

飽きずに楽しむ為には、お肉やだしの種類を変えてアレンジを行っていく必要があります。

今までのミルフィーユ鍋に飽きてしまった場合には、アレンジをして楽しんでみましょう。

まずミルフィーユ鍋をアレンジする際には、お肉を変えて楽しむ事をオススメします。

豚バラ肉でも美味しいだしが出るのですが、男性や食べ盛りの子供の場合にはもっとガッツリと食べたいと思っている場合があります。

そのような場合には、牛肉で作ってみる事をオススメします。

牛肉の方が脂身が多い為、ガッツリとした鍋を楽しむ事が出来ると思います。

そして豚バラ肉よりもさっぱりと楽しみたいという場合には、豚肩ロースがオススメとなっています。

疲れている日などにさっぱりと食べたい場合には、豚肩ロースで作ってみましょう。

さらにミルフィーユ鍋は、味付けを変える事で全く違う味わいを楽しむ事が出来ます。

牛肉で作る場合には、すき焼き風がオススメとなっています。

甘辛い味付けなので子供からも喜ばれると思います。

そして特に寒い日に作る場合には、キムチ鍋風がオススメとなっています。

キムチ鍋風にする事で身体をぽかぽかにする事が出来ます。

だしの素で作った場合には、レモン汁や大根おろしと一緒に食べる事でさっぱりとした味付けにする事が出来ます。

ミルフィーユ鍋は、白菜とお肉だけで簡単に作る事が出来ます。

そして簡単に出来るだけでなく、アレンジがしやすい料理となっています。

その日の気分に合わせてオリジナルのアレンジを行ってみましょう。

そして寒い冬は温かいミルフィーユ鍋を作って乗り切るようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。