牛乳の成分が危険って嘘?本当?どんな根拠があるのでしょうか?

おいしく食べたい料理・食品知識





牛乳,豆乳,成分,危険,嘘,本当,根拠

 

牛乳や豆乳は身体に良いと言われているので毎日飲むように心掛けている人も多いです。

しかし、そんな牛乳や豆乳に含まれている成分が危険と言われているのを耳にした事があるかと思います。

何が嘘で、何が本当か分からないと安心して飲めないので困ってしまうと思います。

そこで、牛乳や豆乳が危険と言われている成分や根拠についてまとめました。

危険と言われている事の何が嘘で何が本当なのか知っておきましょう。

そして、どんな根拠があって危険と言われているのかしっかりと理解するようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

牛乳や豆乳が身体に良いと言われてきた理由

小学生の頃などを思い出すと、学校の給食には牛乳があったかと思います。

毎日、牛乳が給食に出る事で嫌だなと思っていた人も多いかと思います。

そんな牛乳が給食に出るようになったのは戦後の事です。

戦後には低栄養が問題になりました。

その低栄養を改善する為に、給食で栄養をしっかりと摂ってもらおうという考えが始まりました。

その考えから牛乳は身体に良いと考えられるようになりました。

その結果、現在でも給食に牛乳が出されています。

 

牛乳や豆乳は危険!?

小さな頃、身長を大きくする為にも牛乳を飲むように勧められた記憶がある人もいると思います。

その為、大きくなりたいという気持ちから牛乳をたくさん飲む習慣が現在もある人がいます。

しかし、最近では牛乳や豆乳が危険だと言っている人もいます。

そして危険だと言っているの人の中には、医師や栄養士など専門的な知識がある人もいます。

その為、普段から牛乳や豆乳を飲んでいる人は不安に思ってしまっているかと思います。

しかし、この危険と言われているのにはしっかりと理由があります。

牛乳や豆乳を頻繁に飲む人は危険と言われている理由を理解した上で、これからどんな飲み方をしていったら良いか考えてみましょう。

牛乳,豆乳,成分,危険,嘘,本当,根拠

 

危険と言われている根拠

牛乳や豆乳が危険と言われているのには理由があります。

まず牛乳が危険と言われている理由は、牛乳に含まれているカルシウムが関係しています。

牛乳にはカルシウムが多く含まれています。

その為、身長を伸ばしたいと思っている人や成長期の人に勧める事が多いです。

しかし、この牛乳にカルシウムは人間には合わないと言われています。

牛乳はウシのお乳です。

その為、牛乳に含まれている成分はウシにとって良いものとなっています。

つまり、人間にはあまり合わないと言われています。

そして中には牛乳が体質的に合わない人もいます。

そんな人は牛乳を飲む事でお腹を壊してしまう場合もあります。

そしてお腹を壊してしまうだけでなくアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。

身体に良いと信じて飲み続ける事で、身体に異変が起きてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

そして牛乳以外に豆乳も危険と言われている事があります。

豆乳は主に女性がバストアップを目的に飲んでいる事が多いです。

もちろん豆乳には、女性ホルモンに似た働きをしてくれる成分が含まれています。

その為、女性らしい体型へと変化するという効果を得る事ができます。

しかし女性ホルモンと似たような働きをしてくれることで、身体が混乱してしまう場合があります。

その結果、生理周期が不安定になってしまう場合もあります。

もちろん牛乳同様に大豆アレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。

牛乳や豆乳にはこのような危険性がある為、危険と言われる事が増えてきました。

 

【スポンサーリンク】

安全に飲む為には…。

牛乳や豆乳にはアレルギーを起こす危険性や体調を崩してしまう可能性がある為、危険と言われるようになりました。

しかし、牛乳や豆乳は美味しい飲み物なので飲みたくもなります。

その為、牛乳や豆乳を飲むには安全に飲む必要があります。

牛乳や豆乳を飲みたくなった時には、安全を考えた上で飲むようにしましょう。

まず身体に良いと言われているものでも飲み過ぎは身体へ負担が掛かってしまう場合があります。

その負担こそが体調を崩してしまったり、アレルギーを引き起こしてしまう原因になってしまう可能性があります。

つまり、多すぎる量を飲み過ぎてしまうのはオススメできません。

小さなお子さんに牛乳をあげる場合は、1歳を過ぎてからがオススメです。

赤ちゃんは腸が未発達なので、牛乳でアレルギーを引き起こしやすいと言われています。

その為、小さなお子さんに牛乳を飲ませる場合には十分に注意をする必要があります。

もしもアレルギーを起こしてしまった場合には嘔吐や下痢、湿疹など様々な症状が出ます。

小さな症状でもアレルギーの可能性がある場合には、病院を受診する事をオススメします。

そして、もし何か起きた時でもすぐに受診ができるように病院の診察時間内に牛乳を飲ませるなど工夫も行いましょう。

お子さんが学校や幼稚園などで牛乳を飲んでいる場合には、自宅で飲む量は減らすなど調整しましょう。

そして体調に変化はないのか確認をしてあげるように心掛けましょう。

大人の場合でも、体調を崩してしまったりアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。

自宅で牛乳を飲む場合には、自分の体調に変化がないか様子を見ながら飲むようにしましょう。

豆乳を飲む場合でも牛乳と同様で身体の様子を見ながら飲む事をオススメします。

そして、もしアレルギーのような症状が出てしまった場合には病院で乳製品のアレルギーや豆乳のアレルギーがないのか検査してもらいましょう。

 

牛乳や豆乳の成分についてのまとめ

牛乳や豆乳は身体に良いと言われてきていたので、学校や幼稚園での給食に出されてきました。

しかし、最近ではその牛乳や豆乳が危険だと言っている人もいます。

そして危険だと言っているのが医師や栄養士なので、心配になってしまっている人も多いかと思います。

しかし、危険だと言われているのにはしっかりとした根拠が存在します。

その根拠とは牛乳や豆乳に含まれている成分が身体に合わない人がいるという事です。

そして牛乳や豆乳が身体に合わない事で、体調を崩してしまう人やアレルギーを引き起こしてしまう場合があります。

体調やアレルギーを引き起こしてしまう可能性があることから危険と言われています。

牛乳や豆乳を安全に飲む為には、飲み過ぎないように気を付ける必要があります。

そして飲んだ後には身体に異変が起きていないか様子を見るように心掛けましょう。

もし体調を崩してしまったり、アレルギーを起こしてしまった場合にはすぐに病院を受診するようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。