寒中見舞いを送る時期やハガキの種類はどうしたらいいの?

意外と知らない生活知識





寒中見舞い,時期,ハガキ,種類

 

新年になると年賀状を送る人が多いのですが、中には寒中見舞いを送る人もいます。

しかし最近では年賀状と寒中見舞いの違いを知らない人も増えて来ています。

そこで寒中見舞いと年賀状の違いについてまとめました。

まずは違いを知って、失礼な挨拶を送ってしまわないように気をつけましょう。

さらに寒中見舞いには、送る時期やハガキの種類など気を付ける点がいくつかあります。

送る時期やハガキの種類などについてもまとめました。

寒中見舞いを送る際には参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

寒中見舞いとは?

寒中見舞いとは、寒い時期になった時に挨拶として送るハガキの事を言います。

特に喪中で年賀状が出せない人や相手が喪中の為に年賀状を送れない場合に、寒中見舞いを送る事が多いです。

他には年賀状をもらったけど年賀状を返せなかった場合にも、寒中見舞いを送る事が出来ます。

最近では喪中になってしまった場合には何も出さないという人も増えてきています。

その為、寒中見舞いを出す際の注意点や送る時期、使用するハガキなどについて知らない人も多いです。

しかし目上の人やお世話になっている人には、挨拶として送った方が良いとされています。

寒中見舞いに関する知識は役立つものなので、知っておくようにしましょう。

そして、もし喪中になってしまった場合や相手が喪中になってしまった場合には寒中見舞いを送って挨拶を行うように心掛けましょう。

 

寒中見舞いを送る時期はいつ?

寒中見舞いの「寒中」とは、季節を表す言葉の「小寒」と「大寒」の間を指しています。

「小寒」とは、寒さの始まりを指しています。

しかし実際は「小寒」は1月5日頃なので寒さは本格化している時期です。

そして「大寒」は冬の中で寒さが1番厳しい時期を指しています。

その「大寒」は1月20日頃となっています。

つまり寒中見舞いを送る場合には、1月5日から20日の間とされています。

しかし、あまり早すぎてしまったり、遅すぎてしまった場合には失礼になってしまう事もあります。

寒中見舞いを送る人の多くは、1月10日頃に出しています。

その為、寒中見舞いを送る際には1月10日頃を目安にすると良いかと思います。

 

【スポンサーリンク】

どんなハガキで送れば良いの?

寒中見舞いを送る際には、どのようなハガキで送れば良いのか分からなくて悩んでしまう人もいます。

寒中見舞いを送る人の多くは、喪中だからこそ年賀状を送れないという場合が多いです。

その為、年賀ハガキを使用して寒中見舞いを送ってしまうのはマナー違反になってしまいます。

年賀状で寒中見舞いを送ってしまう事はしないように注意しましょう。

寒中見舞いを送る場合には、普通のハガキで送る必要があります。

喪中になってしまった場合には、寒中見舞いを送る為に普通のハガキを用意するようにしましょう。

そして年賀状を送ろうとしていた相手が喪中になってしまった場合にも、寒中見舞いで挨拶を送る必要があります。

喪中のお知らせが来ても対応出来るように、普通のハガキを予備として購入しておく事をオススメします。

そして最近では寒中見舞い用のハガキも販売されています。

このようなハガキの場合には、寒中見舞いで書かれていると良い文章も一緒に印刷されています。

その為、難しい文章を作成せずに一言書き加えるだけで寒中見舞いが完成します。

もし、どのような文章を書いたら良いのか分からないという場合には、このような専用のハガキを使用するのも良いかと思います。

相手に失礼にならないような寒中見舞いを出すようにしましょう。

 

その他の注意点

寒中見舞いを送る際には、送る時期や送るハガキの種類など気を付ける点があります。

しかし、その他にもいくつかの注意点があります。

寒中見舞いを送る際には、これらの注意点を意識しながら送るように心掛けましょう。

まず1つ目の注意点は、ハガキに使用する言葉に関してです。

寒中見舞いを送る人の多くは喪中の場合が多いです。

その為、寒中見舞いを送る際には「年賀」や「おめでとう」などのお祝いの言葉を使用してはいけません。

注意しましょう。

そして、2つ目の注意点は装飾についてです。

年賀状を作成する場合には、干支などのイラストがデザインされたものを使用する事が多いかと思います。

しかし寒中見舞いを送る際には、年賀状やお正月を連想するようなイラストなどを使用してはいけません。

年賀状のように華美にならないように注意しましょう。

寒中見舞い,時期,ハガキ,種類

 

寒中見舞いを送る時のまとめ

寒中見舞いは一般的に、喪中で年賀状が送れない人や相手が喪中の為に年賀状が送れない場合に送る事が多いです。

その他には、年賀状をもらったけど返信が遅くなってしまった場合にも寒中見舞いは送られています。

そんな寒中見舞いは、寒い時期になった時に挨拶として送るものとされています。

寒中見舞いの「寒中」は、「小寒」と「大寒」の間を意味しています。

つまり、この間に送るのが一般的とされています。

しかし、早すぎたり遅すぎたりした場合には失礼になってしまう事もあります。

寒中見舞いを送る多くの人は1月10日頃に送っているので、この時期を目安にして送るようにしましょう。

そして寒中見舞いを送る際には、いくつかの注意点があります。

まず1番大事な事は、送るハガキの種類です。

寒中見舞いを送る際には喪中の場合が多い為、新年を祝う為の年賀ハガキで送るのはマナー違反となっています。

普通のハガキを購入して送るようにしましょう。

そして中には普通のハガキを装飾して寒中見舞いを出してしまう人もいます。

しかし寒中見舞いは華美な装飾はNGとなっています。

華美なハガキにしないように注意しましょう。

そして最近では、寒中見舞い用のハガキも販売されています。

専用のハガキの場合には、一般的に寒中見舞いで使用される挨拶の文章も一緒に印刷されています。

その為、一言書き加えるだけで簡単に寒中見舞いを作成する事が出来ます。

どんな内容を書いたら良いか分からないという場合には、利用してみるのも良いかと思います。

その他の注意点は、寒中見舞いには「年賀」や「おめでとう」などのお祝いの言葉を使用してはいけないという事です。

もちろん年賀状やお正月を連想させるイラストなどを使用するのもマナー違反となっています。

寒中見舞いを送る際には、これらの注意点に気を付けるようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。